危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

大川隆法総裁  講演会の魅力   12/7「真理への道」/7/6 「地球を救う光」  youtube抜粋版

2017-02-24 11:15:21 | Happy Science

清水富美加さん効果か、マスコミの宣伝効果かなのでしょうか、

連日支部等には一般の方から書籍の購入、問い合わせが続いているようです。

(こちらの掲示板でも一般の方でしょうか?質問が入っているような感じですね・・。)

この機会に是非、多くの方に 大川隆法総裁の教え、幸福の科学について

知ってもらいたいですね。

そして、人間とって絶対に知っておきたい仏法真理について学んで

もらいたいですね。


クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

大川隆法 講演会の魅力

https://ryuho-okawa.org/info/2017/1544/

大川隆法総裁は、1986年に行った最初の説法以来、情熱的に教えを説き続けており、数多くの英語説法を含め、その数はすでに2500回を超えています。 日本はもとより、北米、南米、ユーラシア、オーストラリア、アフリカと、世界五大陸すべてで講演を行い、民族や宗教の違いを超えた普遍的な価値を説くワールド・ティーチャーとして世界中の人々にメッセージを発信し続けています。 その教えは、宗教の枠を超え、政治、経済、国際問題等にも及び、日本国内のみならず、諸外国にも大きな影響を与えています。

大講演会の様子

大川隆法総裁 大講演会 「真理への道」(幕張メッセ)より

2016年12月7日(水)、幕張メッセ・国際展示場を本会場として、大川隆法総裁の2016年エル・カンターレ祭大講演会「真理への道」が開催され、全国・全世界の3,500カ所に衛星中継されました。
当日、本会場の幕張メッセには、約14,000人が集まりました。

◇2016年エル・カンターレ祭大講演会「真理への道」速報レポート
https://ryuho-okawa.org/info/2016/1307/

【期間限定】大川隆法総裁 大講演会2016 「地球を救う光」(さいたまスーパーアリーナ)より


◇大川隆法 大講演会 特設サイト
https://ryuho-okawa.org/mission/

◇大川隆法 公式サイト
https://ryuho-okawa.org/



講演会(4/23 高知)のご案内

2017.02.23

来たる2017年4月23日(日)に大川隆法総裁による講演会を開催いたします。
本講演は、幸福の科学の全国の支部・精舎・拠点・衛星布教所 等に衛星中継されます。

開催概要

日時

2017年4月23日(日)

昼 開催(予定)

衛星中継会場

幸福の科学の全国の支部・精舎・拠点・衛星布教所 等

全国の幸福の科学での同時中継はどなたでも参加いただけます。事前にお問い合わせください。

お問い合わせ

本会場となる高知県立県民体育館の参加は完全予約制となっており、入場には拝聴券が必要となります。
参加方法のお問い合わせ等はお電話でどうぞ。
03-5793-1727
幸福の科学サービスセンター
受付時間【火~金】10時~20時【土日祝】10時~18時

 


政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 能年玲奈さんの仏縁も明らか... | トップ | 「幸福の科学出版」驚異的な“... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-02-24 12:55:10
私達の拠点にも昨日訪ねて来た人がいました。
何年か前に書籍をいただき訪ねて来たようです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Happy Science」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。