危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

韓国にいる23万人のアメリカ人を避難させるため準備している  ドナルド・トランプ氏は、勇敢な道(Courageous Channel)という名前の訓練の一環として、韓国から米国民の避難を要請

2017-04-25 20:11:08 | ニュース

アメリカが先制攻撃をする場合、その前に韓国にいるアメリカ人を避難させる必要が

あるのですが、既に準備にはいっているようです。

アメリカは着実に、いざという時のために準備をすすめています。

日本も今から、準備して避難できる人は早めに日本に帰国すべきではないでしょうか?

政府が、しっかり準備しているのかどうか、本当に心配ですね。

いち早く、戦争が現実のものとなった時に備えて準備するように訴えたのが

幸福実現党です。


クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村


韓国にいる23万人のアメリカ人を避難させるため準備している

2017.04.25 02:32

https://amp.amebaownd.com/posts/2305267

ドナルド・トランプ氏は、勇敢な道(Courageous Channel)という名前の訓練の一環として、韓国から米国民の避難を要請した、と軍関係者が明らかにした。

 BY News, Uncategorized, USA,  April 25,2017

 ドナルド・トランプ氏は、勇敢な道(Courageous Channel)という名前の訓練の一環として、韓国から米国民の避難を要請した、と軍関係者が明らかにした。

 6月に予定されているこの訓練は、戦争に備えて約23万人のアメリカ人の安全な出口に備えるものだ。

 北朝鮮が攻撃するならば、首都ソウル周辺に駐在している軍人や数万人のアメリカの民間人などが戦に巻き込まれる可能性が高い。

 米国にとっての大きなジレンマは、これらのアメリカ人を安全に保ち、戦闘の際に避難させる方法である。

 ソウルは国境からわずか35マイルで、北朝鮮の大砲銃の12,000以内の範囲内にあり、塹壕やうまく偽装された拠点から攻撃するようすでに配置されている。

報道によると、孤立した国家は、ミサイルと砲撃の指示のために南にいる潜入スパイを始動させるだろう。

 北朝鮮は、ロケット弾発射弾を使用し、戦争の初めの1時間でソウルでモルタル弾薬と化学兵器の両方で50万回発射する能力があると推定されている。

 



政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 改めて、北朝鮮のミサイル阻... | トップ | 東京都は豊洲移転を決断し、... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これ大丈夫でしょうか? (信者A)
2017-04-25 22:50:58
リンク先の元記事のサイトをみたら、
品性を疑いたくなるような、無茶苦茶胡散臭いアフィリエイトサイトですけど・・・。
おはようございます (eternal-h)
2017-04-26 09:05:31
すいません、確かに。
記事も信ぴょう性のあるものかどうか、わからないかもしれませんが、確認しまして、おかしいようでしたら削除します。
Unknown (英)
2017-04-26 20:17:58
この記事にサイトは、怪しいが、

確かツイッターでは、

ベトナムかどこかのニュースでやってたような気がするが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。