危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

「信仰心」が、幸福への扉を開く―大川隆法総裁 心の指針144「心の中心」―

2016-11-20 09:54:49 | Happy Science

本日11月20日、

聖地エル・カンターレ生誕館の落慶、

主から御法話「慈悲の大河」を賜ります。

これから、支部にむかいます!



クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村


「信仰心」が、幸福への扉を開く―大川隆法総裁 心の指針144「心の中心」―
2016.11.19
https://happy-science.jp/info/2016/21122/



大川隆法総裁の書き下ろしである「心の指針」は、幸福の科学の機関誌 月刊「幸福の科学」で連載されています。全国の支部でもポスターを掲示しており、幸福の科学の毎月の顔として、世間でも広く知られています。
今月の「心の指針」は、「心の中心」。「信仰心を立てることが、すべての始まりである」と説かれました。なぜ、人間にとって信仰がそれほどまでに大切なのか、考えてみましょう。


人間が持つ「信じる心」

ある統計によると、日本人のなかで「明確に信仰を持っている人」は3割弱ですが、「宗教心は大切だと考える人」は、7割近くに上(のぼ)るそうです。多くの人が、目には見えない何か尊いものを感じる心を持っているのですね。
私たち人間は、神仏に創られた神の子・仏(ほとけ)の子であり、全員に「信仰の本能」が備わっています。神仏を信じて祈るとき、私たちの心に「信仰の柱」が立ちます。その心が純粋であればあるほど、多くの光が与えられ、困難を乗り越える力が湧き上がってきます。

信じる力に目覚めよう

しかし現代では、さまざまな宗教間対立や、「この世がすべて」と考える人が増えたために、「信じる力」を見失ってしまう人も多く、世界に数々の混乱や苦しみが生じています。
これを解決するために、いま、地球で最も権威ある神、エル・カンターレが下生し、幸福の科学を通して、世界の人々を幸福に導く新たな教えを説き続けておられます。
幸福の科学の教えを学び、「信じる力」を取り戻してみませんか。一緒に幸福への扉を開いていきましょう。





政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカ大統領選で吹いたト... | トップ | 会談後、大川隆法総裁のもと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Happy Science」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。