危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

「清潔で、勇断できる政治を。」 幸福実現党 新ポスター発表!!

2017-09-08 21:56:59 | 幸福実現党

釈党首、ちょっとふっくら感があるポスターですね!

今の無責任で欲にまみれた政治から、高貴な政治にしなければ

なりません。

そのためには、神仏への信仰心を持った政治家の輩出が絶対必要ですね。



クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

清潔で、勇断できる政治を。

幸福実現党 新ポスター発表

2017.09.08

https://info.hr-party.jp/2017/5366/

幸福実現党の釈量子党首は、1日午後都内で、党勢拡大に向けて新たな4種類のイメージポスターを発表しました。

キャッチコピーは、「清潔で、勇断できる政治を。」

国民の信頼を失いつつある既存政党の問題点を浮き彫りにしながら、宗教政党・幸福実現党の魅力をわかりやすく伝えるキャッチコピーとなっております。

新しいポスターは9月中旬から全国で張り出される予定です。

 

以下、詳細は本サイトでご覧ください。

https://info.hr-party.jp/2017/5366/


政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新刊!「老いて朽ちず」知的で健康なエイジレス生活のすすめ  老いても朽ちないための「四つの秘訣」/頭や目や耳が悪くなる「意外な原因」と対応法/エイジレス生活、五つの習慣

2017-09-08 16:59:25 | 書籍

高齢化社会を迎え、とてもためになる教えですね。


クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

老いて朽ちず

知的で健康なエイジレス生活のすすめ

著者 大川隆法

発刊元 幸福の科学出版

発刊日2017-09-20

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1915

頭が冴える、体が軽くなる、
情熱がわいてくる

肉体年齢に縛られない
積極的な人生へ。


いくつになっても知的に。
年を重ねるたびに健やかに。

著者が実践している
生涯現役ライフの心掛けとは。
人生に圧倒的な差がつく
「知的鍛錬」や「生活習慣」を
わかりやすく解説。


読書には、
 人生を変える
 力がある。

目次

まえがき
第1章 老いて朽ちず
 1 何歳になっても肉体の鍛錬を続ける秘訣
 2 「小さな習慣」を継続させることで
   「精神力」をも鍛えていく工夫
 3 エイジレスに若い人から学び、自分を変化させる実践法
 4 老いても朽ちないための「四つの秘訣」
 5 頭や目や耳が悪くなる「意外な原因」と対応法
 6 エイジレス生活、五つの習慣
 7 老いの時節を「迎え撃ち」、自家発電できる状態に

第2章 スマホを置いて、本を読もう(質疑応答)
 Q “スマホ時代”における「読書の効用」とは
あとがき

http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1915



政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

清水富美加が語っていた「ちっ」と言わない仕事術 FLASH   いまは「人をずっと永久的に幸せにする」という目的がある

2017-09-08 12:39:09 | ニュース

素晴らしいですね。

芸能界の若手の見本になってもらいたいですね。

 



クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

清水富美加が語っていた「ちっ」と言わない仕事術


「さすがにビビりましたよ。でも、いろんな人生を歩んできた人たちが、こうやって一カ所に集まって同じ時間を過ごしているということに、猛烈に感動しました」

 本誌にこう語ったのは、2017年2月に宗教法人「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加(法名・ 千眼美子)。

 8月2日、東京ドームでの大川隆法総裁の講演会イベントに登場し、5万人の前で、自身がヒロインとして出演する2018年公開の映画『さらば青春、されど青春。』の主題歌を熱唱。

 そのときの感想を、8月12日、参加した徳島市の阿波踊りの場で語ってくれたのだ。ちなみに、ステージのため、1カ月半、週に3、4回ほどボイストレーナーから特訓を受け、当日の午前3時までリハーサルが続いたという。

 そんな清水は、幸福の科学出版の雑誌『ザ・リバティ』8月号で、出家前と出家後で働き方が変わったと明かしている。

「例えば、仕事で自分が『こうすべきだ』って思っても、それが取り入れられなかった時、やっぱり『ちっ』っていう心とか出たりすると思うんですよね」

 こう話したうえで、表面を取り繕うのではなく、「『いや、でも、ここに到るまでにこんな道筋があって、こんなことがあったから、こういう判断になってるんだ』とか、相手のことを理解しようとする気持ちによって、『じゃあ、「ちっ」って言うのおかしいな』って振り返ったり、誰からも見えない部分を正していく」としている。

 本誌の取材に「今後は女優だけでなく、まわりの人が喜んでくれるお仕事でしたら、歌でもMCでもなんでもやっていきたいですね」と話していた清水。いまは「人をずっと永久的に幸せにする」という目的があるのだそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170908-00010001-flash-ent


政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加