危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

岐阜でもテレビ放送決定! 幸福の科学・大川隆法総裁 東京ドーム特別大講演会「人類の選択」

2017-09-07 21:13:06 | NSP

全国で放送されるべき内容ですね。


クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

岐阜でもテレビ放送決定! 幸福の科学・大川隆法総裁 東京ドーム特別大講演会「人類の選択」

2017/09/07 に公開

・テレビ和歌山 9/16(土)午前10:0010:45
・奈良テレビ  9/23(土)午前11:0011:45
・三重テレビ  9/23(土)午前11:0011:45
・群馬テレビ  9/24(日)午前12:0012:45
・びわ湖放送  9/25(月)午前11:0011:45
・岐阜放送 10/8(日)午前8:008:45

幸福の科学グループ創始者・大川隆法総裁の特別大講演会「人類の選択」が、上記の日程でテレビ放送されます。

この講演は、2017年8月2日(水)、5万人以上の聴衆を集めた東京ドームを本会場に、全国・全世界3500カ所で同時中継されました。
講演の中では、人類創造の真実から説き起こし、北朝鮮問題に対するアメリカの決断、社会主義的全体国家の恐怖など、切迫した国際情勢にも触れながら、宗教や唯物論を原因とした戦争を終わらせるための指針など、全人類に向けた地球神のメッセージが語られます。

番組冒頭では、講演に先立って披露された、女優・千眼美子(清水富美加)による歌もダイジェストで放送。来年初夏公開の映画「さらば青春、されど青春。」の主題歌「眠れぬ夜を超えて」を歌います。

番組後半のミニコーナーでは、人気インターネット番組「ザ・ファクト」の里村英一キャスターを聞き手に、幸福実現党・釈量子党首が「政教分離」について分かりやすく解説。政教分離に関する誤解や疑問がスッキリ解消します。

ぜひ、ご覧ください。

【関連動画】
テレビ放送決定! 幸福の科学・大川隆法総裁 東京ドーム特別大講演会「人類の選択」
https://www.youtube.com/watch?v=U8Hox...




政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新たな御法話の開示「美と降魔について」 ◆天上界の美と地獄的な美。―神仏の目から見た、本当の美とは?◆ニュースキャスターは、現代のお姫様?

2017-09-07 20:54:10 | Happy Science

芸能界に多くの女神が生まれていますので、これから魔の封印を

解く鍵になるかもしれませんね。



クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

新たな御法話の開示

☆★☆★☆★☆★☆★☆
幸福の科学グループ創始者兼総裁
大川隆法先生
「美と降魔について」
☆★☆★☆★☆★☆★☆

この度、主より新たな御法話「美と降魔について」を賜りました。主の大いなる御慈悲に心より感謝申し上げます。

【開示日】
≪本編[59分]≫
9月9日(土)

【開催場所】

幸福の科学全国支部、精舎

☆-☆-☆-☆-☆

◇美の探究において、気をつけるべきこと。

・美の法門が開かれ、芸能・文化事業も推し進めている今の流れの中にあって、仏神からご覧になられた、美のあり方が説かれました。

・信者をはじめ、美や芸術に興味のある方、芸能界に興味のある方、宗教関係者などにお勧めです。

【Point】
◆仏教では「美」をどう見ている?――真・善・美のプライオリティは?

◆昔話の王女様に美人が多い理由とは―。

◆愛と美の関係とは?

◆ニュースキャスターは、現代のお姫様?

◆天上界の美と地獄的な美。――神仏の目から見た、本当の美とは?

◆結局、“美”そのものと“降魔”とはどういう関係なのか?

☆-☆-☆-☆-☆

【拝聴者の声】

・神仏は、外面の美よりも、内面から滲み出して来る美を重視されているのかなと思いました。(40代女性)

・見せかけの美に騙されることなく、私たちの魂を向上させるような美しさを求めて行きたいと思いました。(40代男性)

☆-☆-☆-☆-☆

○下記にアクセスすると、最新御法話・霊言の公開情報一覧を閲覧することができます!
http://info.happy-science.jp/lecture/#

○Youtube幸福の科学公式チャンネルに御法話・霊言のCM動画を一般公開しています!

【幸福の科学公式チャンネル】
https://www.youtube.com/user/HappyScienceChannel


政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ICBMを阻止へ、F35が正恩氏“奇襲”秒読み 空母2隻再展開案も浮上、近く軍事的警告 夕刊フジ 「憲法9条では、正恩氏の暴走は止められない。」

2017-09-07 20:20:19 | ニュース

週末が山場ですね。アメリカもさすがに次にICBMを撃たれて黙っているわけには

いきません。

それでも、北朝鮮の金正恩がミサイルを撃つのでしたら、正気とは言えないですね。

日本も明日以降の警戒が必要です。



クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ICBMを阻止へ、F35が正恩氏“奇襲”秒読み 空母2隻再展開案も浮上、近く軍事的警告

夕刊フジ

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170907/soc1709070016-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsListSoc

北朝鮮が9日の「建国記念日」などに合わせて、ICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射や、「7回目の核実験」を強行する構えを見せている。国際社会の中止要請を無視して、さらに狂気の暴走を続けるのか。国連安全保障理事会が、石油禁輸など「最強の制裁」発動の協議を進めるなか、ドナルド・トランプ米大統領は近く、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に「軍事的警告」を与えるとみられる。原子力空母2隻を朝鮮半島周辺に再展開させる案が浮上しているうえ、北朝鮮の首都・平壌(ピョンヤン)に、戦略爆撃機B-1Bや、ステルス戦闘機F-35を飛来させることもありそうだ。

 

以下、詳細は本サイトでご覧下さい。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170907/soc1709070016-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsListSoc


政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日米両紙で「日本の核装備」が議論に 「日本の核装備は脅威ではない」との声も ザ・リバティWeb

2017-09-07 12:08:53 | リバティウェブ

日本が核武装でアジアの平和を守れるのでしたら、そうすべきではないでしょうか。

北朝鮮の暴走を止めることもできます。

自国の政治で変えることができないのでしたら、外圧で持たさざるをえないのかもしれませんね。

それにしても情けない。


クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

日米両紙で「日本の核装備」が議論に 「日本の核装備は脅威ではない」との声も

《本記事のポイント》

  • 6日付の日米両紙で日本の核装備が議論に
  • アメリカからは日本の核装備を求める声も挙がっている
  • 日本は世界の声を冷静に分析し、具体的な戦略を練る必要がある

 

いつ北朝鮮が他国への攻撃に踏みきるかも分からない状況で、日本の核装備を真剣に議論する声が国内外で挙がってきている。

 

5日のジュネーブ軍縮会議で、スイス・ジュネーブに駐在する北朝鮮の韓大成(ハンテソン)国連大使は「アメリカには今後もわが国から『贈り物』が届けられるだろう」と発言した。「贈り物」の正体は明かされていないが、北朝鮮国内ではICBM発射に向けた動きが確認されており、緊迫が高まっている。

 

6日付の産経新聞では、福井県立大学教授・島田洋一氏が、北朝鮮の核兵器が日本の安全保障を脅かしている現在、日本の核装備について現実的に議論する必要があると述べた。

同紙の東京特派員である湯浅博氏も、同日付の国際面で、日本の核兵器保有の可能性について語った。湯浅氏は、「自前での核開発」以外の選択肢として、「米国製の核の配備」や、「米国との核シェアリング」を提唱している。両氏とも、「専守防衛では国を守れない」という論調だ。

 

同日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルにも日本の核装備についての意見が掲載された。

 

ハドソン研究所の研究員と米バード大学教授を務めるウォルター・ルッセル・ミード氏による寄稿では、米軍がアジアから撤退することへの疑問を呈しながら、日本の核装備の可能性について議論している。

 

ミード氏自身は核装備の是非には明確に答えを出さないまでも、北朝鮮や中国の台頭でアジア情勢が緊迫する中、日本や韓国、台湾が核装備することが中国の野心を制止し得ると示唆。トランプ大統領を含め、東アジア諸国の核保有を、敗北ではなくアメリカ外交の勝利だと見る人もいるだろうと述べた。

 

日本の核装備が選択肢の一つとして語られるようになってきていることは、大きな変化だ。

 

 

日本の核装備が平和をもたらす!?

日本の核装備に対しては、さらに積極的な意見も米紙で散見される。

 

米紙アリゾナ・リパブリックのコラムニストを務めるロバート・ロブ氏は1日、「北朝鮮は核兵器を持っている。韓国と日本にも核が必要だ」と題した社説を打った。

以下、詳細は本サイトでご覧ください。
http://the-liberty.com/article.php?item_id=13475

政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加