齊藤のりかっち日記

齊藤のりかっち日記

静(しずか)と大森信和

2017-05-19 15:27:41 | 日記
ムダ毛が多いのをずっと気にしていました。「脱毛っていいよ」と友達が勧めてきて、脱毛しようと決心して、初めての脱毛は、ワキからはじめてもらうことにしました。脱毛したらこんなにきれいになるんだとすぐにわかったので、ワキの他にもしてもらうことにしました。
肌の色も前よりも明るくなったと思いました。
さらに、脱毛したい場所が増えて、結局、全身脱毛になってしまいました。

次第にツルツルしていくのを感じるのが本当に楽しいです。
無駄な毛を電気カミソリで処理するのは、お肌に低刺激で、かなり良い手段だといえます。
函館 脱毛

とはいえ、お肌の表層にある毛しかきれいにできないため、アッと言う間に伸びてしまうことになり、頻繁に処分しなくてはならないでしょう。


また、全然お肌に刺激がないワケではないので、敏感な肌の人は異なる手段で無駄毛処理を行ないましょう。脱毛サロンに通ったとしても、すぐ効くワケではありません。毛には「毛周期」という、毛が生え変わるまでの一定の周期があります。これに合わせて脱毛処理しないと、ムダ毛が完全になくなることはありません。
ですから、一回の脱毛で毛がずっと生えなくなることはなく、少なくとも3カ月以上はかかります。ムダ毛のないツルツルのお肌を目指すとき、まずは自分で処理をする人が殆どです。近頃は、自宅で手軽に使える家庭用の脱毛器も簡単に買えるため、特にお金を掛けてエステや脱毛クリニックに通わなくてもいいと思ってしまうのも仕方がないです。しかし、自分で脱毛や除毛をすると仕上がりにはやはり満足のいかないことも多いことでしょうし、すぐに生えてくるので脱毛の頻度が多くなり、肌には負担が大きくなりますから注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)をしなければいけません。
カミソリでの脱毛は難しくなく、む知ろ簡単ですが、肌を傷めないように用心が肝要です。シャープな刃のカミソリを使い、刃の当たり方を滑らかにするために、シェービングフォームやジェルなどを使います。ムダ毛の方向に沿って剃るのも大事です。
加えて、そうして脱毛した後にはアフターケアを忘れるような事があってはなりません。

ムダ毛を抜く際に毛抜きを使用すると言うことは、ムダ毛を自分で処理する方法の中でも、いい方法だとはいえません。


使うものは毛抜きだけですが、時間もかかってしまいますし、埋まれ毛になる原因となってしまいます。ですから、毛抜きで毛を抜くのは、避けることをおすすめします。

きれいでツルツルなお肌を目指すのなら、肌への負担を考えてからムダ毛処理のやり方を選びましょう。
これまでの脱毛は、「ニードル法」という針を用いて毛穴を刺激するものなど、痛みを感じるものが多くありました。けれど、最近の脱毛サロンで使われているのは、「フラッシュ脱毛」とよばれる方法なのです。人によってちがいがありますが、フラッシュ脱毛であれば少しちくっとする程度で、あまり痛みを感じることはありません。もっとも、Vラインなどの毛が濃い部分は少し痛みが強くなるでしょう。全身脱毛で脱毛サロンを使った際、全身脱毛を終えるまでの回数や期間などはどれくらいになるのでしょうか。


脱毛をうける人ごとに体質や毛質がちがいますから、脱毛にかかる期間にもそれぞれちがいがあります。ただ、よく知られている全身脱毛では2~3年の間で合計12~18回ほどの回数がおよその目安です。
脚のいらない毛を脱毛サロンではないところで、自宅で綺麗に剃るのは困難です。
日頃はあまり意識しませんが、脚は所どころカーブしてますし、手が届きにくいところもありますので、自己処理のみでムダ毛が見当たらないツルツルの滑らかな肌にするのは簡単ではないでしょう。
脱毛用のサロンを訪れると、脱毛を忘れたムダ毛がうっかり残ってしまったなんて事態にもなりませんし、皮膚が弱るなんて事態も少ないでしょう。
このまえ、数多くの脱毛サロンや脱毛する際の注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)点が載っていた雑誌を買って読みました。
生理の期間は肌荒れしやすくなるので、脱毛サロンで脱毛する時は生理中は辞めた方が良いと書いてありました。

まったく知識がなかったので、見てよかったと思いました。



来週、永久脱毛のモニターとして脱毛サロンへ行くので、楽しみです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やぐっつぁんだけどラム | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。