悠歩の管理人室

歩くことは、道具を使わずにできるので好きだ。ゆったりと、迷いながら、心ときめかせ、私の前に広がる道を歩いていきたい

『楢山節考』を聴く

2017-06-14 19:30:26 | 介護

昨日、北川辺図書館で借りてきた朗読CD『楢山節考』を聞きながら歩いた。
歩きながら聞くには重い内容と思われ、懸念していたのだが、すぐに引き込まれた。

朗読は小沢昭一。「小沢昭一の小沢昭一的こころ」をラジオで聞いていたので、
軽い語り口かと思ったが、会話の部分はそれなりに、地の部分も淡々と読んでいる。

この作品、「親捨て」の短編小説であることは知っていたが、読んだことはなかった。

老母は、しっかり者で家事万端何でもできる。息子は、貧しく食べるのもやっとだが、
母親を捨てることには迷いがある。
村の掟通り、70歳になったら山に行くと決め、こまごまと準備を進めていた。
息子に後添いをもらい、山に行く前の晩、別れの席を設け、どぶろくまで準備した。

翌朝早く、しきたり通り言葉を交わすこともなく、息子に背負われ、山に向かう。
頂上が近づくと、息子は歩が遅くなり、迷いが出てくる。
母親は、息子を背中から叱咤し、白骨累々とした山頂に下ろさせ、筵に座る。
息子は、胸が張り裂けそうな思いを振り切って、山を下りていく。

途中の谷で、隣の親父と息子に遭遇する。隣の親父は、自分の母親と同年配。
その息子は、別れの席も設けず、嫌がる親父を荒縄で背に縛り付け上ってきた。
山の頂上まで連れて行かず、ずっと手前の谷で、父親を崖上から蹴落としてしまう。
山は奥深いので、途中で捨てていくことも許されていた。
そんなことが当たり前の寒村での風習である。

主人公の息子が、母親を山奥に捨てに行く場面では、図らずも涙がにじんだ。

現実の家に帰ると、母はわがままばかり言い、私は同じ土俵で言い争っている。

   

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聴覚障害者ウォーキング協会 | トップ | 日本手話 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。