悠歩の管理人室

歩くことは、道具を使わずにできるので好きだ。ゆったりと、迷いながら、心ときめかせ、私の前に広がる道を歩いていきたい

目から鱗

2017-06-17 21:56:25 | 障害者問題

付き合いのあるろう者は、ほとんどの人が先天性のろうであり、聾学校卒業である。
断続的にだが40年以上の付き合いになる。結婚式の通訳をしたり、病院での通訳、
会社での通訳を依頼されたこともあった。
聞こえる人中心に回っている社会では、生きにくいだろうなと思うことが多かったが、
かわいそうだと思ったことはなかった。
だが、下記のように思ったことはなかったので、「目から鱗」の思いがした。

以前読んだことのある『ろう文化宣言』からの引用である。以前は気にとめなかった。
ろう者の木村晴美と聴者の市田泰弘が1995年『現代思想』に掲載し、反響があった。
当時かなりの物議を醸し、賛否両論をまとめた『ろう文化』が2000年4月に出ていた。

「ろう文化宣言」からの抜粋


『中途失聴者と違って、先天性のろう者にとって「ろう」は突然ふっ

てわいた災難ではない。
「ろう」は生まれ落ちた時からずっと自分自身の一部なのであり、
まさに「自分自身であることの証し」である。
そうした人にとって、「ろう」は決して治療すべき「障害」ではない。』


だから、自分たちの言葉「日本手話」に誇りを持ち、日本語と同等の扱いを求める。

聞こえる人に近づくことを最高目標とするろう教育を拒否し、聾学校での教育言語は、
「日本手話」で行なうことを求める。
そして、「人工内耳」を問題にしたヵ所で、上記の引用部分が出てくる。

人工内耳は、聴覚の獲得に有効な方法とされるが、「ろう」の否定につながるとして、
警戒する。口話法と同じく、聞こえる人に近づくことを目的としているが、文化的な面、
社会的な存在としての「ろう者」の総体が尊重されない社会では、単純には喜べない。
また、すべての高度難聴者に適応するものでもないし、術後の個人差も大きい。
「日本手話」を第1言語、「日本語」を第2言語として教育に取り入れることを求める。

その背景には、手話サークルに来る人の大半が、軽い善意で手話に近づこうとするが、
ろう者の置かれた社会的な面を知ろうとすることは、微妙に避ける多くの善意者がいる。
「暗い面は知りたくない」と、露骨に発言する人がいたが、善意の人の代弁者であった。

今日は、東海・ひたちなか健歩の会の例会に参加した。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母が先に気がつく | トップ | 車内の風景 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。