悠歩の管理人室

歩くことは、道具を使わずにできるので好きだ。ゆったりと、迷いながら、心ときめかせ、私の前に広がる道を歩いていきたい

母が先に気がつく

2017-06-16 18:48:20 | 雑記

今日はデイサービスがないので、母が在宅している。相変わらず「目が見えない」、
「おじちゃん(夫)が早く迎えに来ればいい」、「背中が痒い」、「ご飯はまだか」等々、
訴えが続く。完全無視することもできず、相づちを打つと難しい本は頭に入らない。
窓を開け、涼しい風が入ってくると、この時期でも「寒い」と言う。
エアコンは嫌いでないので助かるが、外からの風で十分でも、窓は開けられない。

午後になり、外に出たいというので庭に出た。「目が見えない」と訴えるわりには、
小さなアリを見つけては、眺めたり、「ホタルブクロ」に手で触れて、きれいだという。
私があまり母を外に出したくないのは、注文が多いからである。あれを片づけろ、
草が生えていると、用を言いつける。何とか言い逃れるが、うるさいことこの上ない。

しばらくして、部屋に戻ると、母が「自転車はどうしたんだい」と言う。
何の話かと思って聞くと、「自転車がない」と言う。
私が、外に出た母の傍に座り込んだベンチの脇には、いつも自転車が置いてある。
私は気がつかなかったが、母は自転車がないことに気がついていたのだ。
間もなく私も気がつき、外に出てみると、所定の場所に確かに自転車はなかった。

昨日夕方、近所のコンビニに行き、自転車を置いて、歩いて帰ってきたのだった。
そのことにやっと気がつき、さっそく取りに行き、2、3の買い物をして帰った。

老老介護は、話題に事欠かない。

   

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本手話 | トップ | 目から鱗 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。