悠歩の管理人室

歩くことは、道具を使わずにできるので好きだ。ゆったりと、迷いながら、心ときめかせ、私の前に広がる道を歩いていきたい

車内の風景

2017-06-18 21:51:06 | 雑記

昨日は「東海・ひたちなか健歩の会」の例会で、水戸の新ヘルスロードコースを歩いた。
総勢91人が2班に分かれて13kmを歩く。
見知った顔が何人もいる。挨拶を交わし、おしゃべりをしながら、楽しく歩いた。
気温は上がってきたが、風があったので快適だった。

会ではトランシーバー導入直後とのことで、操作について若干のアドバイスをした。

意識的に利用しようとするスタッフがいるので、早々に使いこなせるようになるだろう。
上手に利用すれば、安全な例会運営に資することができる。

トランシーバーは、操作さえ間違えなければ、瞬時に通話できるのが最大の利点だし、

障害物の有無など周囲の環境にもよるが、同時に全スタッフに伝えることもできる。
例会時のように長い列になると、先頭からアンカーまで呼び出しが届かないことがある。
そのような時は、中間にいる者が中継基地の役割を果たせば、十分緊急速報に使える。
ただ、スタッフにその自覚がないと、無用の長物と化す。

携帯の場合、呼び出し音に気がつかなかったり、操作を誤り通じないことが意外に多い。

これまでの例会での経験では、状況にもよるが、緊急時には役に立たない。

帰路、結城で下りるYさんと水戸線に乗った。いろいろな話をしながら前の席を見ると、
若い女性が、分厚い文庫本を読んでいる。何の本だろうと興味を持って眺めていた。
その内、携帯を取り出して、文庫本を膝の上に置いたので、書名がわかった。
宮部みゆきの『蒲生邸事件』で、図書館のシールが貼ってあった。
私も好きな作品で、何度も読んでいる。「面白いでしょう!」と、声をかけたくなった。
そんなことはできないのが残念だが、妙に同志的親近感が湧きだし、心楽しくなった。

残念ながら、彼女は途中の駅で降りていった。

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目から鱗 | トップ | 時は金なり »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。