悠歩の管理人室

歩くことは、道具を使わずにできるので好きだ。ゆったりと、迷いながら、心ときめかせ、私の前に広がる道を歩いていきたい

常備薬など

2017-08-10 21:09:38 | ウォーキング

会の運営に関わっていた頃は、常に救急箱を持ち歩いた。それほど使ったことはないが、
たまに、肉刺の治療や消毒、熱中症によるふくらはぎのけいれんなどに対処した。
個人的に歩くときはそれほど持ち歩くことはない。
下痢止め(ストッパ)、消毒綿、筋肉の痙攣止め(コムレケア<芍薬甘草湯エキス>)
塩、救急絆創膏、針(肉刺の治療用)くらいである。
自分で使う可能性があるのは、塩と下痢止め、消毒綿くらい。

最近は肉刺などできないので、針は肉刺で歩けなくなった他人用である。
先の十和田湖ウオークでは、絆創膏を探している人がいたので差し上げたが、
肉刺ができたというので、針で水を抜いてあげた。肉刺の状態にもよるが、
水を抜けば、たいていは痛みが消え、歩けるようになる。
ただ、その後処理を間違えると、歩いている最中に破れてしまうことがある。
そうなると、痛みが激しくなることがあるので、皮の状態を見ての作業が必要である。

この十和田湖ウオーク、他の場所には救急箱が置いてあったが、問題の場所にはなく、
たまたま元看護師だったというスタッフがいたが、救急箱は置いてなかった。
配慮に漏れがあったようだ。

塩は、炎天下を歩き、妙に疲れがでた場合などに少しなめる。塩分の補給である。
下痢止めは、まれに突発的に下痢を催すことがあるので自分用である。

肉刺の治療では痛い経験がある。東松山でのこと、肉刺ができて救護テントに行った。
針で水を抜いてくれるというので任せたら、その針で足の指を突かれ、出血してしまった。
処置をしてくれたのは、看護師か保健師かと思ったら、素人だった。
だから、他人の肉刺の処置には十分気をつけて行なうようにしている。
自分でできる人には手をださない方が無難だろう。

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏生まれの夏嫌い | トップ | 舌読 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。