悠歩の管理人室

歩くことは、道具を使わずにできるので好きだ。ゆったりと、迷いながら、心ときめかせ、私の前に広がる道を歩いていきたい

へそ曲がりが日本を救う

2017-06-09 21:04:10 | 雑記

このところの省庁、政府関連の不祥事において、データの存否が話題になっている。
政権に望ましくないデータは、上の意向により、無いことにされる。
消去を命じられることもあるだろう。だが、いかに政権の中枢で働いているとはいえ、
公務員のあるべき姿を堅持する人はいるだろう。なかには不正な忖度を拒否したり、
消去を命じられたデータを隠し持っている人もいるだろう。
それらのデータの公表、真実を告げる行為は自分の出世に影響するのは明らかだ。
これ以上失うものがないとなれば、前次官のような行動に出ることもあるが、
裏切り者に対する仕打ちは想定でき、今回の対応を見るまでもなく、多くは萎縮する。

アメリカでも、似たような騒ぎになっている。FBI長官は、かなり骨のある人らしく、
大統領の恫喝も恐れず、公聴会で発言している。明日以降の成り行きが楽しみだ。

大統領と首相は多くの似た面を持つので、同じような末路を辿ることが予想できるが、
彼我の分権状況は大きく違う。首相だけが乗り切ってしまう可能性が高い。

   

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歩行コースの変遷 | トップ | 中だるみ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。