東京パワースポット巡り

東京の元気が出るスポットのログ

映画 2017-128 ロック・スター

2017-09-17 12:11:34 | 日記
ストレス解消ポイント:tedのマーク・ウォールバーグ主演。ロック界の成功街道を歩んでいくのですが、なんせtedの主役をしていた人なので、どうしてもコメディアンとしてみてしまう。いろんな表情に、仕草に笑ってしまって困ります。ロック・スター物の映画の典型的なストーリーですが、主役のボーカルとしての声量と歌唱力がすごくてしびれます。もちろん、ウォルバーグ本人ではないでしょうが。ジェニファー アニストンも「らしい」男前な女性、主役の恋人役を演じていて、この二人が出ていることで、最後まで楽しめる良い映画でした。☆4つ。


****
才能に恵まれているにもかかわらず、伝説的バンド“スティール・ドラゴン”のボーカリスト、ボビー・ビアーズを崇拝しているロック青年クリス。ペンシルバニアで両親と共に暮らす彼の仕事はコピー機の修理担当で、毎日平凡な日々を過ごしている。恋人エミリーはそんなクリスのことを心配するが、ひとたびステージに上がったクリスはそんな日常とかけ離れた存在になる。ボビーに成りきるクリスのステージは多くの観客を熱狂の渦に巻き込むのだ。そんな彼に奇跡が訪れた。バンドを追い出されたクリスに、ボビーの後釜として“スティール・ドラゴン”へメンバー入りの誘いが来た。クリスは夢にまでみたロック・スターへなるのだが……。allcinema ONLINE (外部リンク)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 2017-127 ガフールの伝... | トップ | 映画 2017-129 A.I.(2001) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。