東京パワースポット巡り

東京の元気が出るスポットのログ

映画 2017-62 アイアン フィスト

2017-04-21 21:58:56 | 日記
ヒップホップ界のスーパースターRZAが、イーライ・ロスと共同で脚本を手がけ、自ら監督デビューも飾った異色の奇想天外カンフー・ムービー。19世紀の中国を舞台に、父を殺された男と両腕を奪われた鍛冶屋が手を組み、極悪非道な敵を相手に繰り広げる荒唐無稽にして壮絶な復讐劇を、RZAが愛する往年のカンフー映画へのオマージュとともに描く。出演はRZA、ラッセル・クロウ、ルーシー・リュー、リック・ユーン、カン・リー。また「キル・ビル」の音楽を担当して以来、公私にわたって親交のあるクエンティン・タランティーノも“提供”という形でクレジットに名を連ね、本作を強力サポートしている。
 19世紀、無法者が跋扈し、武装グループ同士の抗争が絶えない中国の叢林村(ジャングル・ビレッジ)。名もなき鍛冶屋は、猛獅会と群狼団という敵対する2つの勢力から特注の武器を依頼される。そんな中、土地を治める総督から金塊輸送の護衛を頼まれた猛獅会の首領・金獅子が、部下である銀獅子の裏切りに遭い、非業の死を遂げる。銀獅子は猛獅会を率いて群狼団を殲滅すると、金獅子の息子ゼン・イーのもとにも刺客を送り込み、その命を狙う。やがて、瀕死の重傷を負ったゼン・イーを鍛冶屋が匿うことに。一方、金塊輸送の噂が広まり、叢林村には多くのよそ者が集まっていた。その中には謎の白人ジャック・ナイフの姿も。一方、銀獅子一味に捕まった鍛冶屋は、拷問の末に両腕を切り落とされてしまうのだったが…。<allcinema>

B級映画の掘り出し物。中国歴史もの+アクションヒーロー+ホラー+ヒップホップ。アクションシーンは残虐だが迫力あるし、べたなストーリーながら、それなりに引き込まれるストーリーの魅力もあります。ラッセル・クロウ、ルーシー・リューといった大物も出ていて、全体を通して、楽しめる内容でした。あまりに残虐なシーンが多いのはネガティブですが、映画全体としては楽しめる作品です。カタルシスかな。☆4つです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 2017-61 ハムナプトラ | トップ | 映画 2017-63 男はつらいよ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。