東京パワースポット巡り

東京の元気が出るスポットのログ

映画 2017-63 男はつらいよ 第32作 口笛を吹く寅次郎

2017-04-21 22:07:18 | 日記
車寅次郎の活躍を描いたシリーズ32作目。マドンナ役に竹下景子を迎え、出戻り娘と寅次郎との切ない交流を描く。脚本は山田洋次と朝間義隆の共同執筆。監督は山田洋次、撮影は高羽哲夫がそれぞれ担当。  妹さくらの夫・博の生家がある、岡山の備中高梁に立ち寄った寅次郎。博の父の三回忌のために墓参するが、そこで寺の娘・朋子と出会う。法要でやって来たさくら一家は、寺に居坐る寅次郎を見て驚愕する。朋子には写真家志望の弟・一道がおり、父親と対立していた。和尚と朋子が養子を迎えるという相談を耳にした寅次郎は、柴又に戻り「仏門に入る」と宣言、修行を開始。そんな寅次郎の元に、一道とその恋人・ひろみが訪ねてくるのだが…。allcinema ONLINE

寅さんのいいところが詰まった作品。さくらの夫の博の父の法要にはじまる。博の父は第一作で非常に印象的な登場人物で、博の人物像をつくる重要な背景。その実家の岡山を舞台に、とても面白い人情劇が繰り広げられる。特に、寅さんのお坊さん姿と、そこにきたさくら一家のやりとりは面白いのなんの。笑いが止まりません。ほかにも、若い中井貴一がお寺の長男ででてきたり、キャスティングでも楽しませてくれます。ひょんなことで知り合いの勧めで観た映画ですが、本当に面白かった。☆4つ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 2017-62 アイアン フィスト | トップ | 映画 2017-64 ゴースト オブ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。