おばさんの呑気な生活

場末チックな下町生まれ
ただ今、東京のチベット地区に生息ちう

名古屋入り

2017年04月25日 | 国内旅行・愛知


新幹線でスルーするばっかりだった名古屋、数十年ぶりに来たー
ずっと来たかったんだけど、なかなか実現せず、でして(人生そんなもん)



滅茶苦茶変わったじゃないですか!

その昔、新卒で就職した会社の研修がなぜか名古屋で、
その当時、名古屋はコンクリートに包まれただけのつまんない街だったけど。



今や大都会じゃないですか!
(それがいいかどうかは別にして、80年代よりマシ)


人が多くて、標識わかりにくくて(近代都市にありがち症候群)
まごまごしちゃいました(ため息)



ジモピーっぽい人に聞いてもわからんかった東山線、
やっと乗れました。やれやれ。

新宿で丸ノ内線どこ?って聞くレベルだと思うんだけどね。
なんで答えられないだ!名古屋リーマン+名古屋マダーム!





その地下鉄で名古屋一の繁華街・栄のホテルへと移動。

なんか名古屋はアジア系外国人が多いような気がするの。
(ドンキの前の人だかりに日本人はいないねw)



今回はトリバゴで名古屋最安値の宿を予約しましたけど(大丈夫だろうかね?)
なんと驚きの一泊¥4200(税込)ですから。激安すぎて怖いわ(どきどき)



ほっら~
例の物議を醸した御本が鎮座してますよ@@

なんのためにこんなことしてんだろ。
中韓がヘビーユーザーなんだろうに。

けど、部屋は古い割にはカンフォタブル&クリーン。
ベッドはセミダブル。我に文句はないあるよ。

で、しばし、休憩の後、街の探索に出る。











道幅、広いな(ソウルっぽい)















大きく変わったのは、
オアシス21なる巨大な建造物ができたことかな。

古かったTV塔がそのコンビネーションで生まれ変わったのかも。

新旧の攻防より調和かいね。







夕闇とともに灯り出す都会のネオンが我を誘う先は…



じゃーーん。
世界の山ちゃん本店(お前はオヤジか)



世界に70店舗もあるみたいだけど、
入ったことなかったのよねー



名古屋名物・手羽先唐揚げ



大名古屋という訳のわからんポン酒で頂きます。

ま、所詮、大衆酒場なのでクオリティを求めてはいかんので…



はしごしてみました!

元祖と名乗るだけあって、
もともとはこの店が手羽先唐揚げ発祥らしいんで。



ま、大した差異はありませぬ。



所詮、観光名所ですから。



ついでだから手羽先餃子もいってみましたけど、
東京の某店の方が遥かに旨いです。

でも、余は大満足じゃ。
所詮、観光ですから。





だけど、案外にこの辺り、治安悪げなんで(歌舞伎町より怖い←主観です)
早々にホテルに戻りナイトキャップす(おばさんと言えどもアブネー界隈)



のんびりシャワー使って、つけたTVでクラシック音楽館拝聴しました♪

作曲家である前に一オルガニストだったバッハの足跡を訪ねて、
バッハ第一人者の鈴木雅明氏がドイツ中のパイプオルガンを弾き歩くというなんとも豪華な番組♪

かのドイツにこれほどのオルガンがあり(いくつだっかた忘れたけど、めちゃある)
かつそれぞれの地域でそれぞれかなり個性的な造りのパイプオルガンに挑戦する鈴木氏のカッコ良さ。

演奏後は地元の方々とドイツ語で交流して、よく呑み食べるこのオジさま(かっけー)
こんな素敵な旅がしたいなぁー 

なんて名古屋で手羽先シャブって満足してるオバさんが言うことじゃねーなっつう
















ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 浜松途中下車 | TOP | 名古屋ぶらぶら »

post a comment