アスカ・スタジオ

2011/9/1以降の映画記事は「八十路STUDIO」=(同一人管理blog)とリンクしました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本インターネット映画大賞に一票。(外国映画)

2008-12-30 20:13:09 |  映画随想

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「最高の人生の見つけ方」     8点
  「ダークナイト       」     7点
  「エリザベス・ゴールデン・エイジ」 5点
  「魔法にかけられて   」     4点
  「最後の初恋       」     3点
  「奇跡のシンフォニー   」     2点
  「ハプニング        」     1点
  「          」      点
  「          」      点
  「          」      点
  「          」      点
【コメント】
 「最高の人生の見つけ方」:申し分ないが、明る過ぎるのが難点。
 「ダークナイト」:長く感じさせない2時間半。
 「エリザベス・ゴールデン・エイジ」:歴史に弄ばれる人間の悲哀表現秀逸。
 「魔法にかけられて」①SF的な発想。②ミュージカルな雰囲気。③アニメとの合成。等、演出新鮮。
 「最後の初恋」:少々甘いが、感動の最後。
 「奇跡のシンフォニー」:いい映画だが奥行き稍淺し。
 「ハプニング」:実感籠もる不思議な体験。
------------------------------------------------------
【監督賞】              作品名
   [ロブ・ライナー    ] (「最高の人生の見つけ方」)
【コメント】“棺おけリスト”の表現緻密。

【主演男優賞】
   [ヒース・レジャー   ] (「ダークナイト  」)
【コメント】存在感抜群。

【主演女優賞】
   [ケイト・ブランシェット] (「エリザベス・ゴールデン・エイジ」)
【コメント】メアリー女王処刑に悩むエリザベス女王の苦渋好演。

【助演男優賞】
   [モーガン・フリーマン ] (「最高の人生の見つけ方」)
【コメント】相変わらず渋い。

【助演女優賞】
   [サマンサ・モートン  ] (「エリザベス・ゴールデン・エイジ」)
【コメント】スコットランド女王の悲哀匂う。

【新人賞】該当なし
   [           ] (「        」)
【コメント】

【音楽賞】
  「ダークナイト     」
【コメント】印象度深し。

-----------------------------------------------------
【勝手に○×賞】
   [嗚呼悲劇賞   ] (「ダークナイト」)
  「ヒース・レジャー」
【コメント】衷心よりご冥福をお祈り致します。

-----------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本インターネット映画大賞... | トップ | サッカー天皇杯決勝観戦記 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
2008年 (ヌートリアE)
2008-12-30 21:26:52
アスカパパさま、こんばんは。
例のもの作ってみました。
今年は今日で見納めにします。196本でした。200本を超えた年もありましたが、それでもやはり多かったです。昨年が150本だったんで3割増ということになります。
いつもベストテン上位はミニシアター系が常連だったんですが、今年はメジャー系もがんばりました。ひょっとしたらミニシアター系の質的凋落が始まっているのかもしれませんが、、。

日本映画
「歩いても歩いても」「ぐるりのこと。」「母べえ」「おくりびと」「トキョウソナタ」「実録連合赤軍」「休暇」「きみの友だち」「ブタがいた教室」「アフタースクール」

外国映画
「ゼアウイルビーブラッド」「ダークナイト」「アフターウェディング」「ノーカントリー」「ブレス」「夜顔」「4か月、3週と2日」「牡牛座 レーニンの肖像」「再会の街で」「28週後」

来援もいい映画をたくさん見たいです。
では、また。
こんにちは (すの)
2008-12-31 00:58:35
アスカパパさん、こんばんは。

2008年、ほとんど映画が見られなかったのですが
「最高の人生の見つけ方」良かったですね!
私も 一票投じてみようかと思います。

初めて見ることができた「白い馬」と「赤い風船」が実のところ 新作以上に一番 心にのこる映画でした。

今年も素晴らしい映画評をありがとうございました。来年も良い年になりますよう。
ヌートリアEさんへ (アスカパパ)
2008-12-31 12:16:24
196本は驚異としかいいようがありません。私はその十分の一です。
「母べえ」「おくりびと」「ダークナイト」は、一致しました。
共に認め合った映画として、嬉しいです。
では、また来年もよろしくお願いします。
すのさんへ (アスカパパ)
2008-12-31 12:22:42
私も劇場映画は数える程しか観ていません。テレビやDVDの影響でしょうね。
「白い馬」と「赤い風船」、古い映画ですが、いいものはいいですね。お若い、すのさんにも感動を与えたことは、リアルタイムで観た私にとって、ほんとうに嬉しいです。
今年はいろいろとありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
お久しぶりですが、年末のご挨拶に(笑) (izumi)
2008-12-31 22:34:26
アスカパパさん、大変、ご無沙汰しております。
目の調子はいかがですか?
ブログが更新されているので大丈夫なのかな?と勝手に思っていたのですが。。

今年は、1年を振り返る時間がなかったので明日にでもゆっくり・・と思っているのですが、劇場ではあまり観なかったような・・(相変わらず記憶が危険な私です)。
来年も素敵な映画に出会えるといいなと思っています。
アスカパパさんの記事も楽しみにしていますね!!
良いお年をお迎え下さい。
izumiさん、お久しぶりでした。 (アスカパパ)
2009-01-01 20:40:47
ありがとうございます。眼の調子は一進一退でして、定期診察を受けています。次回は1月22日が通院予定日です。

私も劇場鑑賞の映画は20本という少ない回数でした。洋画にいい映画が少なくなったのが原因だと、自分勝手に思っています。
お互いに2009年は、いい映画に巡り会いたいものですね。
コメント返しが、1日遅れて、年が明けてしまいました。(笑)
今年もよろしくお願い致します。
第13回日本インターネット映画大賞結果発表 (日本インターネット映画大賞事務局)
2009-02-07 08:41:21
先般は日本インターネット映画大賞への投票ありがとうございました。遅くなりましたが、作品賞ならびに各賞が決定しましたのでお知らせいたします。今後とも、日本インターネット映画大賞をよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
2008年の映画ベストテン (Akira's VOICE)
ベスト&ワースト,and more.