アスカ・スタジオ

2011/9/1以降の映画記事は「八十路STUDIO」=(同一人管理blog)とリンクしました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京五人男

2010-06-28 10:11:38 |  映画(ツ~ト)

 My日本映画ランキングを検討中に此の映画を見つけた。急に懐かしさが湧き出して来た。私事ながら「『東京五人男』を、もう一度観たいなぁ」と、去年のOB会で話題にもなった。
 敗戦に打ち拉がれた当時の私たちに、明るい笑いを提供して呉れた。忘れられぬ思い出は皆同じだった。むんむんする館内で、立ち見しながら観たことを、みんな覚えていたのだ。

 五人男とは、横山エンタツと、花菱アチャコの人気漫才コンビ。榎本健一、こと、エノケンと人気を二分したコメディアンの古川ロッパ。落語家の柳家権太楼。それに、ノンキ節で一世を風靡した石田一松である。
 戦時中軍需工場で働いていた5人が、爆撃で焦土と化した東京の復興に努めるというストーリーだが、内容は笑い。都電の運転手と車掌に扮したエンタツ、アチャコのギャグに噴き出したことを体で覚えている。

 「暢気な父さん、お馬の稽古。お馬が走り出して止まらない。何処へ行くのと、父さんに聞いたなら、わたしゃ知らない、お馬に聞いとくれ、ハハ呑気だね~」お~、石田のノンキ節をまだ覚えていた。
 ロッパは、焼け跡で、ドラム缶の露天風呂に入って、唄っていた。「♪お釈迦さまでも僕らでも~風呂に入るときゃ皆裸~」。戦後の荒涼たる八重洲口風景を、この眼で見ているだけに、実感が籠もる。


 それから脇役で、忘れられない人がもう一人。「あのね、おっさん、わしゃ、かなわんよ~」の高勢実乗。山中貞雄作品「丹下左膳餘話 百萬両の壷」の活躍も記憶に残るが、この人の顔を見るだけで噴き出したなぁ。
 当時、喜劇の神様と称された斎藤寅次郎監督、快心の作といえよう。
 [私の評価]力作の匂いがする佳作。
 1946年.日(東宝)[監督]斎藤寅次郎[撮影]友成達雄[音楽]鈴木静一[主な出演者]横山エンタツ。花菱アチャコ。古川緑波。柳家権太楼。石田一松。高勢実乗[上映時間]1時間24分。
----------------
 なお、My日本映画ランキング第1次選考に残ったのは、下記の234本だった。

[題名] [製作年] [監督名]
------------------------------
一人息子,1936,小津安二郎
浪華悲歌,1936,溝口健二
有りがたうさん,1936,清水宏
淑女は何を忘れたか,1937,小津安二郎
人情紙風船,1937,山中貞雄
路傍の石(オリジナル版),1938,田坂具隆
五人の兄妹,1939,吉村公三郎
残菊物語,1939,溝口健二
馬,1941,山本嘉次郎
みかへりの塔,1941,清水宏

ハワイ・マレー沖海戦,1942,山本嘉次郎
無法松の一生,1943,稲垣浩
わが青春に悔なし,1946,黒澤明
わが恋せし乙女,1946,木下恵介
素晴らしき日曜日,1947,黒澤明
手をつなぐ子等,1948,稲垣浩
蜂の巣の子供たち,1948,清水宏
酔いどれ天使,1948,黒澤明
野良犬,1949,黒澤明
お嬢さん乾杯!,1949,木下恵介

静かなる決闘,1949,黒澤明
青い山脈,1949,今井正
晩春,1949,小津安二郎
きけわだつみの声,1950,関川秀雄
また逢う日まで,1950,今井正
羅生門,1950,黒澤明
醜聞,1950,黒澤明
麦秋,1951,小津安二郎
めし,1951,成瀬巳喜男
生きる,1952,黒澤明

おかあさん,1952,成瀬巳喜男
稲妻,1952,成瀬巳喜男
西鶴一代女,1952,溝口健二
日本の悲劇,1953,木下恵介
あにいもうと,1953,成瀬巳喜男
雲ながるる果てに,1953,家城巳代治
東京物語,1953,小津安二郎
ひめゆりの塔,1953,今井正
真空地帯,1953,山本薩夫
愛の砂丘,1953,青柳信雄

雨月物語,1953,溝口健二
大阪の宿,1954,五所平之助
女の園,1954,木下恵介
近松物語,1954,溝口健二
山の音,1954,成瀬巳喜男
山椒大夫,1954,溝口健二
噂の女,1954,溝口健二
黒い潮,1954,山村聡
太陽のない街,1954,山本薩夫
七人の侍,1954,黒澤明

二十四の瞳,1954,木下恵介
この広い空のどこかに,1954,小林正樹
警察日記,1955,久松静児
ここに泉あり,1955,今井正
人間魚雷回天,1955,松林宗恵
蝶々夫人,1955,カルミネ・ガローネ(日伊合作)
男ありて,1955,丸山誠吾
夫婦善哉,1955,豊田四郎
生きものの記録,1955,黒澤明
野菊の如き君なりき,1955,木下恵介

真昼の暗黒,1956,今井正
浮雲,1956,成瀬巳喜男
ビルマの竪琴,1956,市川崑
名寄岩涙の敢闘賞,1956,小杉勇
カラコルム,1956,(記録映画)
猫と庄造と二人のをんな,1956,豊田四郎
異母兄弟,1957,家城巳代治
蜘蛛巣城,1957,黒澤明
幕末太陽傳,1957,川島雄三
米,1957,今井正

どん底,1957,黒澤明
喜びも悲しみも幾歳月/,1957,木下恵介
隠し砦の三悪人,1958,黒澤明
無法松の一生(リメイク版),1958,稲垣浩
炎上,1958,市川崑
楢山節考,1958,木下恵介
張込み,1958,野村芳太郎
彼岸花,1958,小津安二郎
人間の条件/第1部.純愛篇,1959,小林正樹
人間の条件.第2部.激怒篇,1959,小林正樹

人間の条件/第3部(望郷篇),1959,小林正樹
私は貝になりたい,1959,橋本忍
人間の条件(第4部)戦雲篇,1959,小林正樹
キクとイサム,1959,今井正
人間の壁,1959,山本薩夫
荷車の歌,1959,山本薩夫
第五福竜丸,1959,新藤兼人
悪い奴ほどよく眠る,1960,黒澤明
武器なき斗い,1960,山本薩夫
黒い画集 あるサラリーマンの証言,1960,堀川弘通

おとうと,1960,市川崑
人間の条件(第5部)死の脱出篇,1961,小林正樹
人間の条件(第6部)曠野の彷徨篇,1961,小林正樹
松川事件,1961,山本薩夫
名もなく貧しく美しく,1961,松山善三
反逆児,1961,伊藤大輔
キューポラのある街,1962,浦山桐郎
切腹,1962,小林正樹
にっぽん昆虫記,1963,今村昌平
天国と地獄,1963,黒澤明

五番町夕霧楼,1963,田坂具隆
香華,1964,木下恵介
帝銀事件 死刑囚,1964,熊井啓
五瓣の椿,1964,野村芳太郎
赤ひげ,1965,黒澤明
霧の旗,1965,山田洋次
日本のいちばん長い日,1967,岡本喜八
戦争と人間(第一部)運命の序曲,1970,山本薩夫
東京オリンピック,1970,市川崑
どですかでん,1970,黒澤明

家族,1970,山田洋次
激動の昭和史 沖縄決戦,1971,岡本喜八
忍ぶ川,1972,熊井啓
故郷,1972,山田洋次
あゝ声なき友,1972,今井正
軍旗はためく下(モト)に,1972,深作欣二
戦争と人間(第三部)完結篇,1973,山本薩夫
サンダカン八番娼館 望郷,1974,熊井啓
砂の器,1974,野村芳太郎

わが道,1974,新藤兼人
男はつらいよ 寅次郎恋やつれ/13,1974,山田洋次
ある映画監督の生涯 溝口健二の記録,1975,新藤兼人
金環蝕,1975,山本薩夫
八甲田山,1977,森谷司郎
洟をたらした神,1978,神山征二郎
鬼畜,1978,野村芳太郎
あゝ野麦峠,1979,山本薩夫
復讐するは我にあり,1979,今村昌平
影武者,1980,黒澤明

遙かなる山の呼び声,1980,山田洋次
泥の河,1981,小栗康平
蒲田行進曲,1982,深作欣二
疑惑,1982,野村芳太郎
転校生,1982,大林宣彦
東京裁判,1983,小林正樹
ふるさと,1983,神山征二郎
南極物語,1983,蔵原惟繕
楢山節考,1983,今村昌平
戦場のメリークリスマス,1983,大島渚(合作映画)

Wの悲劇,1984,澤井信一郎
夢千代日記,1985,浦山桐郎
タンポポ,1985,伊丹十三
乱,1985,黒澤明
キネマの天地,1986,山田洋次
天空の城ラピュタ,1986,宮崎駿
野ゆき山ゆき海べゆき,1986,大林宣彦
飢餓海峡1987内田吐夢
ハチ公物語,1987,神山征二郎
火垂るの墓,1988,高畑勲

TOMORROW/明日,1988,黒木和雄
あ・うん,1989,降旗康男
黒い雨,1989,今村昌平
夢,1990,黒澤明
息子,1991,山田洋次
大誘拐 RAINBOW KIDS,1991,岡本喜八
おろしや国酔夢譚,1992,佐藤純彌
八月の狂詩曲,1993,黒澤明
月光の夏,1993,神山征二郎
マルタイの女,1997,伊丹十三

菊次郎の夏,1999,北野武
顔,2000,阪本順治
はつ恋,2000,篠原哲雄
どら平太,2000,市川崑
千と千尋の神隠し,2001,宮崎駿
陽はまた昇る,2002,佐々部清
阿弥陀堂だより,2002,小泉堯史
たそがれ清兵衛,2002,山田洋次
チルソクの夏,2003,佐々部清
美しい夏キリシマ,2003,黒木和雄

雨鱒の川,2003,磯村一路
HAZAN,2003,五十嵐匠
わらびのこう 蕨野行,2003,恩地日出夫
ジョゼと虎と魚たち,2003,犬童一心
母のいる場所,2003,槙坪夛鶴子
壬生義士伝,2003,滝田洋二郎
13階段,2003,長澤雅彦
黄泉がえり,2003,塩田明彦
座頭市,2003,北野武
阿修羅のごとく,2003,森田芳光

世界の中心で、愛をさけぶ,2004,行定勲
機関車先生,2004,廣木隆一
父と暮せば,2004,黒木和雄
誰も知らない,2004,是枝裕和
笑の大学,2004,星護
いつか読書する日,2004,緒方明
半落ち,2004,佐々部清
クイール,2004,崔洋一
血と骨,2004,崔洋一
火火,2005,高橋伴明

かもめ食堂,2005,荻上直子
雪に願うこと,2005,根岸吉太郎
パッチギ!,2005,井筒和幸
蝉しぐれ,2005,黒土三男
春の雪,2005,行定勲
ALWAYS 三丁目の夕日,2005,山崎貴
男たちの大和 YAMATO,2005,佐藤純彌
フラガール,2006,李相日
魂萌え!,2006,阪本順治
市川崑物語,2006,岩井俊二

ゆれる,2006,西川美和
長い散歩,2006,奥田瑛二
博士の愛した数式,2006,小泉堯史
単騎、千里を走る。,2006,チャン・イーモウ
明日の記憶,2006,堤幸彦
花よりもなほ,2006,是枝裕和
バルトの楽園(ガクエン),2006,出目正伸
出口のない海,2006,佐々部清
手紙,2006,生野慈朗
椿山課長の七日間,2006,河野圭太

武士の一分,2006,山田洋次
殯の森,2007,河瀬直美
犯人に告ぐ,2007,瀧本智行
母べえ,2007,山田洋次
マリと子犬の物語,2007,猪俣隆一
象の背中,2007,井坂聡
夕凪の街 桜の国,2007,佐々部清
サイドカーに犬,2007,根岸吉太郎
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程,2007,若松孝二
河童のクゥと夏休み,2007,原憲一

北辰斜にさすところ,2007,神山征二郎
クローズド・ノート,2007,行定勲
めがね,2007,荻上直子
それでもボクはやってない,2007,周防正行
点と線,2007,石橋冠
ザ・マジックアワー,2008,三谷幸喜
私は貝になりたい(2008年版),2008,福澤克雄
ラストゲーム 最後の早慶戦,2008,神山征二郎
石内尋常高等小学校 花は散れども,2008,新藤兼人
禅 ZEN,2008,高橋伴明

明日への遺言,2008,小泉堯史
おくりびと,2008,滝田洋二郎
今度は愛妻家,2009,行定勲
ディア・ドクター,2009,西川美和
------------------------------
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「雄呂血」から「ディア・ド... | トップ | 天はすべて許し給う »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは☆ (miri)
2012-08-03 21:52:34
今日、鑑賞しました☆
最近、BS3の邦画はあまり録画しないのですが、この作品は、こちらの記事とお写真を覚えていたので、録画しました♪

>当時、喜劇の神様と称された斎藤寅次郎監督、快心の作といえよう。

仰るとおりですね~!
喜劇、だと思います。

でも、私は、なんというか「記録映画」のように見えてしまいました。
リアルな戦後、それも直後の東京、焼け野原、誰ひとりとして太っていない俳優さんたち・・・。

歌のところは全部素晴らしかったです♪
台風のシーンは、いろんな意味で凄かったです。

隣の家とつーつーで、ふすまが回るのは、笑いました。私が奥さんなら、どうしたでしょう???(爆)

ラストシーンは力強く、いろんな想いを感じました。
保存版にします☆
miri様。 (アスカパパ)
2012-08-04 18:30:20
コメントありがとうございます。

 この記事と写真を覚えていてくださり感謝です。

>歌のところは全部素晴らしかったです♪

 ありがとうございます。と言いたいです。嬉しいです。
 懐かしい歌ばかりです。

>台風のシーンは、いろんな意味で凄かったです。

 仰る通りだと思います。この映画の白眉ですね!。

追伸
 写真の親友は一昨年他界しました。
 特に思い出多き写真となりました。
 私事が多くてすみません。
お久しぶりです (アラン・墨)
2012-08-20 11:28:27
お元気でしょうか・・・とは失礼な言葉かもしれませんが、
お歳なのに、私より旺盛な鑑賞力と作品に対する洞察力には頭が下がります。

この映画の電車シーンで、この混んでいる社内に青春代のアスカパパさんが乗っているのかなーと、ふと頭をよぎりました。あの当時の記録映像として貴重な映画だと感じました。

映画の中には配給品を横流し隠匿しているヤカラが登場しますが、こういう状況は、戦中から終戦早々まで当時のみなさん市民も知っていたのでしょうか。アスカパパさんも当時既存の事実として知っておられましたか。

アラン・墨 様 (アスカパパ)
2012-08-21 10:01:59
コメントありがとうございます。
更に過分のお言葉を頂戴しまして、身に余る光栄です。
お陰様で、今夏の猛暑も何とか乗りきっています。
こちらこそご無沙汰していまして御免なさい。

この映画は青春時代に観た忘れ得ぬ映画であります。

不逞のヤカラが居たことは、戦中は私はまだ国民学校上級生だった頃ですので知りませんでした。
終戦早々の頃は旧制の中学生でしたので知るようになりました。当時は“ヤミ”と呼んで、横流しは“ヤミ流し”。それで儲けたヤカラを“ヤミ太り”といっていたのを思い出します。
終戦後の黒澤映画ほかで“ヤミ市”の風景がよく出てくるのも、今ふと思い出しました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。