サンタ営業・真我の実践…『ひよこ』から『にわとり』への道

うつに苦しみ社会からドロップアウトした人間が真我(=本当の自分)に目覚め、営業の世界に飛び込み、サンタ営業実践日誌です。

【63回 今日もまた号外です】

2016-10-18 21:27:04 | 日記

号外が続きます。(笑)

先日の北海道美唄市にて行われた真我イベントで垣間見た
佐藤康行先生の姿・・・・

それを今日も書かせて頂きます。

1日目の夜は、懇親会でした。ホテルのパーティ会場をお借りして
地元美唄市の方々も含めて80名くらいの方でしょうか。

円卓のテーブルが8個ぐらいはあったと記憶しています。

前には舞台があって、マイクもあります。

懇親会は、今回の主催者の方の司会で、食事はバイキング形式で進んでいきました。

司会者の進行で、大いに盛り上がった懇親会となりました。

司会者が色々な人に声をかけて、色々な方が舞台袖に立ちマイクを持って話をされていきます。

私が注目したのは、その時の佐藤康行先生の姿です。

佐藤先生は、円卓テーブルの一番前に座られて、舞台から背を向けるような形で座られていましたが、

その向きを変えて、一人一人の話を唯々真剣に頷きながら聞かれていたのです。

恐らく壇上にたってスピーチをされた方が20人以上いたと思いますが、

一人も漏らさず、全員の話を真剣に耳を傾けられていたのです。

隣の人と話をしたりすることもなかったのではないでしょうか。

「人の話を聞くことが大事ですよ」
「一人ひとりを大切にしなさい。」
「一人の向こうに全世界の人がいると思って真剣に話をするんです。」

かつて佐藤先生に言われた数々の言葉が、その佐藤先生の姿から蘇ってきたのです。

本当に一人ひとりの話に真剣に耳を傾けるその姿は、

一人ひとり漏らさず大切にされているそのお心を感じるとともに

人として誠実な姿勢に溢れていました。

一人ひとりを大切に・・・・

まさに真我の実践とはこれなのだと感じた私でした。

(続く)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【第62回 今日も号外です】 | トップ | 【第64回 今日もまたまた号... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。