不動産探偵<不動産購入コンシェルジュ>

不動産購入時に、あなたに同行し、アドバイスする本邦初のサービス!
不動産業者のおすすめ物件は、欠陥住宅かも?!

だから「大工は信用できない」のさ②

2016-10-18 15:15:12 | 同行調査

先日から、私の所有する土地に、小屋を建てようとして、大工に見積もってもらったら、

とんでもない高額な見積もりになった…という実例を、私事の実話でありますが、

ご紹介させて頂きました。

 

大工が信用出来ないという実例、まだあるんです。

 

これは、ご近所のお話(実話)です。

 

ご近所のAさんは、隣家との間(境界)に、10mほどの長さのフェンスを設置しようとしました。

その工事を、業者(大工)に頼みました。

要するに、エクステリア工事ですね。

 

業者の、75歳をとうに超えた大工のおじいさんがやってきて、

工事の計画図面など持ってきました。

 

図面を見ると、信じられないような、頑丈すぎる工事の図面だったのです。

 

塀(フェンス)は、通常、ブロックを2、3段ほど積みまして、

その上に、アルミなどのフェンスを設置します。

 

当然、ブロックは、セメントで固めます。

しっかりしたものを作るなら、例えば、ブロックの上に乗るフェンスが、

高級で頑丈で、重たいステンレス製とかであれば、ブロックに鉄筋を入れて、

さらに頑丈度を増すことなどします。

 

しかし、アルミフェンスであれば軽いので、重たい物ではないので、特に鉄筋を入れる必要もなく、

塀を作る際のブロックに鉄筋入れろとう規則もないわけなので、

どうしても鉄筋を入れる必要もないのです。

 

ところが、その75歳大工じいさんが持参した図面には、

大袈裟すぎる施工が記してありました。

 

たかが境界のための塀ごときに、

『ブロックの上には、鉄塔でも乗せんのか??』

『まさか軍事施設でも建てるんですか?』

と言わんばかりの、大工事の計画でした。

 

何度も言いますが、これは塀の工事です。

高さ120センチほどの塀(フェンス付)の工事です。

 

何も知らないAさんは、これが当然で普通なんだろうと思って、

この75歳じいさん大工にお願いしようとしていました。

 

見積もり金額も、60万円になっていました。

 

相場として、ブロックに金属フェンスを付ける塀の工事は、

通常、1m8,000円〜10,000円あたりです。

 

Aさんの10mの工事であれば、普通であれば、『9万〜10万円』ぐらいでしょう。

 

工務店や建設・建築は、仕事がないんです。

だから、たまにある仕事に対し、目が飛び出るくらいの請求をして、ぼったくるんです。

大袈裟な工事をして、儲けようとするんですね。

 

さらに、60万円もの大工事とのことですが、果たして、本当に図面通りの工事を行いますかな?

このじじい大工は、鉄筋の数など、ちゃんと図面通りに入れますかな?

 

完璧に工事した業者(大工)など、見たことありませんので、”しない”と言いきれます。

 

もうこういうあくどい事例、あちこちで聞いてきました。

 

大工というのは、所詮、こんなもんです。

 

不動産の購入の際に、ご相談など承っております〜不動産探偵 

建物調査や地盤、構造、耐震などの調査は『欠陥建築バスターズ』へ。

建築や土木の専門知識など披露しています『調査員のブログ』

皆様、よろしくお願い致します。

ジャンル:
リフォーム
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« だから「大工は信用できない... | トップ | 不動産は資産でなく、場合に... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む