店長のコラム

お客様にお会いできない間のサロン情報をお伝えします。
左下ブックマークからホームに行けます。

ディーバの良いとこも、気になるところも。

2017-06-17 | 化粧品
ビンゴでーす。
本日は「58」

怒られそうですが、ようやくディーバを使いました。
いやほんと怒られそうですが、アクアとADSでやってきたから、興味がなかったんですよ^^;
サロンでお会いした皆様は、私の言葉に熱がこもっていなかったことにお気づきだと思います。

リセラの隙間を突いたアイテムと聞いて、そういう目線で見れば納得するところばかり。
で、ようやく気持ちがディーバさんを向いて、使ってみる気になりました。

では、良いところも、気になるところも素直にレポートします。
私の個人的な感想、ということを前提でお願いします。


まぜリセラの隙間って何?

香りがついていました。
なんで香りをつけるかなあ?とちょっと前の私なら気に入らなかったのですが、確かにリセラの隙間だわと。

クレンジングと美容液に感じました。
何の香りだろう。
勉強不足で、これは月曜日にでも調べます。
気になったけれど、理解すれば受け入れられる香りです。


クレンジングはよく落ちる!と感じました。
これは書いちゃいけなさそうですが、時間が短くてもよく落ちる。
「毎日は無理だけど、週1くらいでしっかりクレンジングしています」という方には、その1回はこれに変えても良い気がします。

ソープは液体。
泡立てネットでもこもこさせました。
これは昨日も書きましたが、以前の酵素洗顔を思い出させます。
う~ん、おちそう♪

W洗顔後は、すっきりしてツッパリ感はなし。
合格です(偉そうで、すみません)

ローションは、リセラに慣れている人にはこってりかなあ・・。
お試しパウチを使ったのですが、多すぎて首も手もつけました。
ティッシュで拭き取りたくなったけれど、栄養たっぷりと思うとできない(^^;)
1分後くらいに、いい感じのしっとりになりました。
我慢すると、栄養を全部自分のものにできます。
※多分、我慢と感じるのはリセラに慣れている人だけ。一般の方なら、これが普通です。
これもリセラの隙間。

美容液。
なんか白くなるんですけれど・・ローションが残ってた?初めて使うせいか、私下手です(^_^;)
それでも丁寧に丁寧に入れていたら、はいったー!
まあ、パウチの量が多いのでしょうね。
これは一番栄養がたっぷりアイテム。明日の朝がお楽しみです。


お手入れの感想。
数が少なくて楽だわ(笑)


さて、朝。
顔を見てみました。
あれ?いつもほどの白さがない・・。

答えは2つ考えられます。
私の肌には、こってりし過ぎたようです。
皮脂が出てくすんでいました。
※20代の方にはまだ早い化粧品で、お肌が元気がなかったり乾燥したりしている方にははまります。アラフィフながら、私の肌には早かったのか疑惑ということで。

もう一つは、リセッターを使わなかったこと。
使わないとこんなに朝の顔が違うんだ~、です。

ディーバはシミをどうこうするなど、美白は目的としていません。
(肌細胞を動かして、代謝を促進させて結果美白になるはあると思いますが)
真皮を膨らます、表皮のしわしわを元気にする、そんなことが得意です。

というわけで、目元。
おおープリプリです。

昨日のお客様からの質問に「リンクルエッセンスとどっちが良いですか」とありました。
作用が違うのですが、中から元気にならディーバ。
ディーバをつけたあとにリンクルという合わせ技もできますが、もったいない気がします。

さて、本日は日焼け止めと初使用。
SPF50でミルクタイプ。

ミルクが流れるかと思ったら、しっかり肌にとどまるタイプ。
でも、ごめんなさい。キトキトする~(;'∀')
これはパウチの1回分が多いんだな。
さすがにティッシュで少し押さえました。

でもですね、この後出勤したわけですが、SPF50での心強いこと。
日傘を忘れたのですが、顔を上げて安心感たっぷりで歩けました。

上手な使い方をみつければ、優秀です。

ああでも、ごめんなさい。
これは伝えておきます。
体感ですが、ADSシリーズの方が優秀。

FDでの分け方ですが
肌を健康にするなら、アクア
肌改善を目指すなら、ADS
その隙間です。本当に。

来週には販売開始。
サロンにもお試しを置きますし、パウチも入荷します。
気になる方は一度試してみてください。
で、是非ご感想をお聞かせください。

突然ですが!!!


パウチ、いくらなのかなあ。
高かったら、ビンゴの景品に入れようかな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リセラディーバのお話。 | トップ | FDの電話事情 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。