旭山ら~めん通り

ラーメンを食べたり、走ったりしています。

麺匠 空雪@フィール旭川 北海道ラーメン紀行

2017-08-12 23:55:55 | 催事・イベントなど
2016年3月からフィールの地下で始まった「北海道ラーメン紀行」です。

ほぼ月替わりで、以下の北海道のラーメン店が出店していました。
第1弾は、すみれ
第2弾は、白樺山荘
第3弾は、櫓屋
第4弾は、
第5弾は、菜々兵衛
第6弾は、175°DENO~担担麺~
第7弾は、えびそば 一幻
第8弾は、櫻島
第9弾は、極麺 十兵衛
第10弾は、麺や 琥張玖
第11弾は、再びえびそば一幻
第12弾は、ラーメン 響
第13弾は、櫓屋
第14弾は、白樺山荘

第14弾の白樺山荘の時に「ファイナル」の文字があり、これで終了かと思いきや、
Nobu」、「鷹の爪」と、地元の店が単発で入った後、前回第15弾ということで再開しました。

第15弾は、銀波露
そして今回第16弾は、麺匠 空雪です。



聞いたことがない店だと思ったら、2017年4月にできた新しい店でした。
本店は千歳のアウトレットモールレラにあって、開店から3ヶ月という異例の早さで催事に出店です。



まず券売機が食券を購入します。
ここフィールのラーメン紀行にも定着してきましたね。



卓上には普通のメニューもあります。
行列有名店の秘伝スープを伝授された洋食シェフの店主が焦がし野菜の風味を加え濃厚なのに飽きの来ない奥深いスープを完成させました。
とのことです。



最初に食べるならば、オススメの先頭の焦がし醤油かな。
札幌系ならば、焦がし味噌もいいかな。
でも三味食べた方からの情報で、ここは塩ですよ。
とのことで、塩にしました。

特選塩ラーメン。(800円)
三味のうち、これだけが「焦がし」じゃないようです。



豚骨ベースの清湯スープです。
表面には細かな粒子が浮きます。
ほんのり甘みがあり、コンソメのような旨味。
札幌系でありながら、洋風テイストも感じる。
綱取物語の塩が似ているかも

麺はさがみ屋製麺のもの。
加水率高めの中太縮れ麺。
札幌麺ですが、この日はゴム感がありません。



具は、チャーシュー、メンマ、ネギ、キクラゲ。
少量の炒めもやし、ひき肉も入っています。


洋食系札幌塩拉麺


今までのフィール連続訪問が遂に途絶えるかと思いましたが、ぎりぎり滑り込みで食べることができました。
あと1日です。
気になる方はぜひ。



↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万豚記 札幌店@札幌市中央区 | トップ | ナーラック アジアンスープス... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わたしも塩。 (うりんこ。)
2017-08-13 13:47:48
こちら、三味頂きました。たまたま初日と、もう一度食べたくてラスト1日前に。同じですね(笑)
わたしも塩推しです。味玉がまた美味しかった。
焦がし味噌は山椒や生姜が効いていて、濃厚だけどさっぱりに感じられました。醤油は甘み強め。
次はまだ続くのかな?
塩。 (es)
2017-08-15 00:00:28
うりんこ。さん、こんばんは。
三味食べたんですか!スゴいです
それで塩推しということは、やはりここは塩なんですかね。
さあ皆さん、塩をどうぞと言いたいところですが、もう終わってしまいましたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。