旭山ら~めん通り

ラーメンを食べたり、走ったりしています。

レストハウス理尾@小平町 2

2017-01-19 22:55:55 | 宗谷・留萌
レストハウス理尾です。



昨年美唄から小平に移転してきた店です。
初回訪問時かなり好印象で、間を空けずに行ってきました。

場所は、小平町臼谷。
国道232号、オロロンライン沿いのわかりやすい立地です。

店内の様子、メニューは前回訪問時と一緒です→こちら

前回は先頭の塩を食べましたので、今回は2番目で。

醤油ラーメン。(700円)



これまた美味そうな外観ですね。
少し濁りのある中間系のスープ。
表面の脂が多いですね。
スープを一口、、、かなりあっさりしてますねー。
この店独特の旨味はあるのですが、初回食べた塩と比べると全体に薄めな印象です。

麺は、加水率低めの中細縮れ麺。
札幌西山ラーメンが作る、旭川寄りの麺です。
でも今回何かおかしい。
かなり緩め。
そして麺1本1本がかなり短い。
どうしたのでしょう。



具は、塩の時と同じですね。
チャーシュー、メンマ、ネギ、玉ねぎ。
特筆すべきは、もっちりチャーシュー。
相変わらずの美味さです。
これはチャーシュー麺にする価値ありますね。


小平新店地方探求真髄系


初回訪問時と随分印象が変わりました。
今回がたまたまなのか、味が違うからか、今後もリサーチが必要です。



↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Curry Q@旭川市末広 2

2017-01-18 22:55:55 | スープカレー
スープカレーといえば、minoさんからの情報。
「道北全部を含めると圧倒的にザイオンだけど、旭川市内だったらここかなー。」と。



それで行ってきました。
Curry Qです。
実は初訪問ではなくて、以前油そばを食べにきてました
カレーを食べるのは今回が初です。

メニューはこちら。



「油そばがメニュー落ちした」と、前回情報をいただきましたが、実は今もありそうです。
「Abura soba 650yen」だけが消されずに残っています。
この書き方ですと、味の選択はできないけど、油そばが650円なんだと思います。
(お店に確認はしてないです。)



今回はスープカレーを食べました。
食べたのはこちら。

チキン パリパリ。(980円)
スパイスープ。(50円)
辛さ5合目。
ライス黒岳 200g。



オーソドックスなスープですね。
スパイスープとのいうことで、結構スパイシーです。
ですが、最近専らザイオンなので、やや物足りないような気もします。
5番の辛さはこれ以上上げたらキビシイ、自分の上限あたりです。

スープの中の具は、イモ、ニンジン、ピーマン、ナス、カボチャ、キャベツ。
結構具だくさんです。



チキンは別皿で提供されます。
表面はパリパリ、最後までサクサクでいただけます。
ほぐれた肉と終盤のスープとが渾然一体となった旨味を楽しむなら、煮込みの方がいいかもしれませんね。



そしてランチタイムサービスもやっています。
この時はソフトドリンクを選択、アイスコーヒーをいただきました。




標準的本格汁咖喱


旭川にも本格的なスープカレーがあるんですね。
今後もリサーチが続く、、、かも。






↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福来軒@札幌市中央区 2

2017-01-17 22:55:55 | 札幌市(中央区)
福来軒です。



50年以上の歴史がある、札幌の老舗です。
最近は、そろそろ閉まるのでは?という噂が出ては消えの繰り返しですが、今行っておこうと思い、行ってきました。
私自身、2008年以来、実に8年ぶりの訪問になります。

場所は、南16西8。
公共交通機関でいうと、市電の静修学園前が最寄り駅です。

年季の入った外観。
暖簾を潜っても、歴史を感じる店内です。
とんねるずのきたなシュランに堂々と選ばれたのは、有名な話しですよね。

メニューはこちら。



基本三味各750円。

そして、割り箸タワーも健在です。



正油ラーメン。(750円)



カウンターが斜めに傾いているのがよくわかる外観です。
スープは、黒々としています。
あっさりスープに、見た目通り正油ダレが前に出ています。
そこに炒め野菜の旨味も入り込みます。
これぞ昔ながらの札幌正油といえますね。

麺は、西山ラーメンのもの。
中ぐらいの加水率、中太縮れ麺。
西山ラーメンの、これぞといった札幌麺です。



具は、炒めモヤシにひき肉少々、チャーシュー、メンマ、ネギ、ゆで卵半分。
やはりここの主役は、炒めモヤシですね。
濃口正油とよく合います。
チャーシューはモモ肉タイプですが、意外とやわらかです。


歴史的札幌正油拉麺


昔ながらの、これぞといった札幌正油ラーメンです。
歴史的な価値がありますね。
ひとまず今回食べることができてよかったです。






↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ガツン系特製もやし味噌ラーメン@山岡家 旭川高砂台店

2017-01-16 21:55:55 | 【山岡家の研究】
我らの山岡です。



年が明けて、また新たな限定が出まして行ってきました。
地域でラーメンの種類が違うようで、北海道は特製もやし味噌ラーメン、本州と九州は黒マー油焦がし醤油ラーメン。
実は昨年末はこの逆で提供してまして、黒マー油焦がし醤油ラーメンを食べてました。



そして、G系(ガツン系)と銘打っています。
・Garlic(ガーリック)
・Ginger(生姜)
・Goma(ゴマ)
の頭文字だそうです。

2012年の秋に初登場。
2013年の春に再登場。
どういう訳か一度も食べていませんでして、これでは研究家失格です(笑)

ガツン系特製もやし味噌ラーメン。(850円)



豪快なボリュームのある外観です。
ベースは、特製味噌ラーメン。
そこまでガツンときませんが、まろやか濃厚な味噌が食べやすいですね。
そして、マー油、生姜、もやしをごちゃ混ぜにします。
そうしますと、ニンニクも合わさり、辛み旨味が増し、ガツンときます。

麺は、デフォより太い低加水率麺。
食べ応えがありますね。



具は、モヤシの山。ニラ少量。上に生姜と針唐辛子。
あとは、チャーシューとたっぷりのマー油。
味玉は、この時のクーポンでつけてもらいました。
モヤシは炒めたものではなくて、茹でたものを辛口のタレで絡めたものです。

店内にこんな掲示を発見。



北海道エリア45店舗ですか!
道内制覇への道はなかなか険しい。。。
そして新ひだか店がオープンですって。
Nさん、チャンスですよ(笑)



↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラーメン 響@フィール旭川 北海道ラーメン紀行

2017-01-13 23:55:55 | 催事・イベントなど
昨年3月からフィールの地下で始まっている「北海道ラーメン紀行」です。



ほぼ月替わりで北海道のラーメン店が出店しています。
第1弾は、すみれ
第2弾は、白樺山荘
第3弾は、櫓屋
第4弾は、
第5弾は、菜々兵衛
第6弾は、175°DENO~担担麺~
第7弾は、えびそば 一幻
第8弾は、櫻島
第9弾は、極麺 十兵衛
第10弾は、麺や 琥張玖
第11弾は、再びえびそば一幻
そして今回第12弾は、ラーメン 響です。

函館が本店にある店です。
櫓屋に続き2回めの函館の店ですが、どちらも札幌系のラーメンを提供しています。



メニューはこちら。
店員さんにオススメは味噌と言われましたので、味噌にしました。

響流 味噌らーめん。(850円)



真昆布、鶏、豚骨のトリプルスープだそうです。
そこに味噌ダレが加わります。
見た目濃厚そうですが、飲んでみるとそうでもなく、意外とあっさりめ。
ただ、ニンニクが結構強く効いているので、インパクトはあります。
味噌だとよくわからないので、スープを味わうには、塩がいいのでしょうね。

麺は、加水率高めの中太縮れ麺。
函館の麺ではなく、やはり札幌系の麺です。
暖簾に文字はありませんでしたが、eihoさんが聞いたところよると、札幌森住製麺のようです。
やはりそうなんですね。
食べた感じは、よく見かけるぷりっぷりの札幌ゴム麺とは異なる森住製麺です。



具は、チャーシュー、メンマ、炒めモヤシ、味玉半分、海苔。
炙りの入ったチャーシューが、トロトロやわらかなのが特徴です。


函館店舗札幌系味噌拉麺


今回は1月15日までと短いですよ。
気になる方は、お早めに。






↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢丸やラーメン 1条通豊岡店@旭川市豊岡

2017-01-10 22:55:55 | 旭川市(東部)
夢丸やラーメン 1条通豊岡店です。



2016年4月、動物園通りに本店がオープン。
程なくして、2016年7月、1条通り沿いに支店ができました。

場所は、豊岡1条1丁目。
残念ながら閉店してしまった「」の跡地です。
すぐ隣には「虎鉄」、反対側には「味特」、すぐ向かいには「加藤屋」と、旭川でも有名なラーメン激戦区です。

店内は、カウンター数席と、テーブル席がメインです。
メニューはこちら。



本店と同様、ここでも焦がしニンニクがおすすめなんですかね。
基本三味は、しょうゆ 680円、みそ 780円、しお 730円。
三味微妙に値段が違いますね。



そしてこの店は、鶏唐揚げ食べ放題が有名。
こってりなラーメンを食べて、唐揚げを食べ放題で食べるって、すごい。
裸電球さんの言葉を借りると、旭川の中性脂肪がアゲアゲだぜ!(笑)

しおラーメン。730円(税抜)(税込 788円)



白濁した豚骨スープです。
表面にはたっぷりの油。
塩分やや高めながら、まろやかで旨味のある豚骨スープです。
本店で感じたような独特の風味を感じず、シンプルに美味いです。
本店とはスープが違うとのこと情報もあり、個人的にはこっちのほうが好みですね。

麺は、旭川製麺のもの。
旭川にしては多加水な中細麺です。
いつもの旭川製麺は美味いですが、このタイプのスープにはもっと少加水の麺で食べてみたいです。



具は、チャーシュー、メンマ、ねぎ、刻み梅干し。
チャーシューは見掛け倒しです(笑)


旭川白濁豚骨唐揚無限食放題中性脂肪上昇系


このスープで他の味も食べてみたいですね。
周囲のお店と味は被っていませんし、この激戦区でがんばってもらいたいものです。






↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

蔵@旭川市豊岡 12

2017-01-07 21:55:55 | 旭川市(東部)
蔵です。



場所は、豊岡5条2丁目。
豊岡のお気に入り店です。

店内の様子、メニューは変わっていません。
カウンター席と、6人ぐらいまで座れるテーブル席が3卓。

メニューはこちら。



最近は、つけ麺を攻めてみたり、2味楽しめるにこにこハーフラーメンを食べてみたりしていました。
今回は久々に一番のお気に入りメニューにしてみましょう。

たっぷりねぎら~めん しお。(950円)



豪快な外観です。
たっぷりネギの山。
ネギの風味と、やわらかな食感とが美味しい軟白ネギです。
タレと細切れチャーシューと絡み合い、堪らない美味さがあります。
もの凄い量ですので、終盤になってくると、明らかに麺よりもネギが多く残ります。

スープは白濁豚骨系。
まろやかでしょっぱい、蔵のスープです。

麺は、佐藤製麺工場のもの。
低加水率の中細縮れ麺。
典型的な旭川麺です。




白濁豚骨大量葱旨拉麺


やはり原点回帰。
蔵はネギラーメンが鉄板です。
美味いです。


そして、、、



何と蔵が朝らーを始めるようです。
1月10日 9時オープンです。
9時開店と早朝ではないですが、朝ラーメンで困ることが多い旭川では貴重な存在になるはずです。



↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麻ほろ 札幌店@札幌市中央区

2017-01-06 21:55:55 | 札幌市(中央区)
札幌の朝です。

かつて、札幌の朝ラーといえば、あらとん。
朝7時からやってましたね。
それが段々と遅くなっていき、私が知っているのは朝9時開店の時まで。
今は何と11時オープン、もはや普通の店と一緒です(笑)
「あさとん」と言っていた頃がなつかしい。

それじゃ、今札幌で朝ラーするなら、どこなのでしょう。
とらや」は、涙の閉店をしてしまいましたし。
調べてみると、北34条駅からちょっと歩いたところに朝6時開店の店を発見!
サツエキから始発で南北線に乗って、歩いて、、、と計算すると、どう考えても朝のスケジュールに間に合わない。
そんな時に、サツエキ近くで最近朝ラー始めた店があるよ。と教えてもらい、行ってきました。



麻ほろの札幌店です。



場所は、中央区北2条西3丁目。
札幌駅から徒歩圏内、タケサトビルの地下1階にあります。

本店は小樽にあります。
札幌には、道庁前ステラ内にありましたが、閉店。
そしていつの間にか、ここにできてました。

レギュラーメニューはこちらですが、朝は注文できません。




朝はこちらのみ。
火曜から金曜の、朝7:30~9:30まで提供しています。



懐かしいお婆ちゃんの醤油ラーメン。(500円)



作っているのは、若いお兄ちゃんです(笑)
あっさり系のスープ。
朝にはぴったりですね。
黒い醤油ダレが前に出ていて、麻ほろらしい無化調っぽい味わいと独特の甘さがあります。
美味いですね。

麺は、中ぐらいの加水率、中ぐらいの太さの縮れ麺です。
自家製麺のようですね。
札幌と旭川の中間ぐらいの麺です。



具は、チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔。
シンプルです。
チャーシューは、細切りの鶏肉でごく少量。


無化調醤油朝拉麺


朝ラーにぴったりのあっさり系の1杯です。
500円ワンコインで、完成度も満足度の高いですね。
あとはニーズがあるかどうか。

そうですか、旭川でもあの有名店で朝ラー登場ですか!






↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

幸来軒@旭川市春光 4

2017-01-05 21:55:55 | 旭川市(西部)
幸来軒です。



春光のお気に入り店です。
夢酒さんが命名された「春光末広地域密着型3大名店」の一角です。
去年もそうでしたが、春光末広方面の新年1杯目はここを選んでしまいます。

場所は、春光4条8丁目。
春光の住宅街、非常にわかりにくい立地です。
大きな通りに面してませんし、周りに目立つ大きな建物もありません。
唯一の手がかりは、この水色の外観でしょうか。

店内の様子、メニューは、以前と変わっていません。



一番のお気に入りを食べることにしましょう。

正油ラーメン。(600円)



輝きを放つ外観です。
これぞ旭川黄金系。
豚骨ベースに魚介も香る、正統派旭川の味。
塩分濃度はやや高め。
三味どれも美味いですが、個人的には正油が群を抜いています。

麺は、加藤ラーメンのもの。
低加水率の中細縮れ麺。
もさもさの典型的な旭川麺です。



具は、チャーシュー、メンマ、ネギ。
チャーシューはホロホロ崩れるやわらかタイプ。
こんなにやわらかでしたっけ。
メンマは小ぶりです。


春光住宅街正統派旭川完成系


何の変哲もないオーソドックスな旭川ラーメンです。
旭川ラーメンの完成形といえるのではないでしょうか。
普通に美味いんです
いや、普通にすごく美味いんです。
もはや日本語になってませんね(笑)

旭川市外のラヲタの皆さん、ここを食べ歩きの1軒に組み込んでみてはいかがですか?
わざわざ春光の住宅街に、足を踏み入れる価値はあると思いますよ。









↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

蜂屋本店@旭川市中心部 6

2017-01-04 21:55:55 | 旭川市(中心部)
蜂屋の本店です。



蜂屋を食べないことには、旭川の新年は始まりません(笑)
強ち冗談ではなさそうで、そう思っている人で店内はほぼ満員。
蜂屋本店のテーブル席がほぼ埋まるという、今までに見たことのない光景が目の前にあります。
そして客層はほぼ地元の人か帰省してきた人なんでしょう。
みなさん動きがテキパキしていて、注文が慣れています。

しまった!メニューを撮り忘れ。
以前と変わっていません→こちら

注文したのはお決まりのかけラーメン。
最近はしょうゆとしおのローテーションなんですが、この日はしょうゆで。

店員さんに「油は?」と聞かれますと、反射的に「濃く!」と答えてしまいます。
「油抜き」にできると教えてもらって、一度注文してみたいんですけどね。
気が付いたら「油濃く」って言ってます(笑)

かけラーメン しょうゆ 油濃く。(550円)



きましたよ。
正月を全く感じさせない、真っ黒な外観!
表面の真っ黒=焦がしラードには、強烈なクセがあります。
苦手な人は一生食べようとは思わないでしょう。
逆に、正月から無性に食べたい!と思って食べに来ている人が、周りに大勢います(笑)
皆さん、好きですねー。
ラードの下のスープは、豚骨魚介のオーソドックスなダブルスープ。
これだけでも十分美味しいと思うので、「油抜き」もイケると思うんですけどね。
つい…

麺は、中ぐらいの加水率、中ぐらいの太さの縮れ麺。
白っぽい外観で、旭川にしては多加水で太め。
そしてデフォは緩め。
自家製麺という説、加藤ラーメンという説、そもそも蜂屋が加藤一族だから両者は同じという説。
諸説ありますが、よく見かける所謂加藤ラーメンの旭川麺とは異なる、ここ独自の麺です。



具は、かけラーメンですから、ネギのみ。
これだけで十分です。


新春豚骨魚介油濃蜂屋系


しょうゆとしおとずっとローテしてますが、最近思っているのはしおの方が好みだなということ。
2017年の合言葉は「カケ シオ コク」になるかもしれません(笑)






↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加