旭山ら~めん通り

ラーメンを食べたり、走ったりしています。

喫茶 フェニックス@旭川市 豊岡中央病院

2016-09-26 21:55:55 | 旭川市(東部)
旭川 公共施設ラーメンシリーズ 病院編。
いよいよここが最後の砦かもしれません。

総合病院から始まり、これらは予想通り各病院で食べることができました。

市立
日赤
厚生
医大
道北

そこから規模を縮小するとかなりハードルが上がったというのは、前回書いた通りです。
その吉田病院のショパンが旭川病院系最後の砦かと思っていたのですが、その記事で重大なコメントをいただきました。

永山の大雪病院。
豊岡の豊岡中央病院。

で、行ってきましたよ。
まずは、大雪病院。



情報通り、食堂がありますね。
レストラン はな



で、メニューを見ますと、、、残念ながらラーメンは提供していないようです。


気を取り直して、豊岡です。
入口から入って左に曲がるとありました。



喫茶フェニックス。
平日ランチタイムのみ、定休日が土日祝と、ハードル激高です。


メニューを見ますと、、、ありましたよ!



ラーメンは基本三味、400円。
実はこれがこの店の最高級メニュー。
他うどん、そば、カレー、丼ものはいずれも350円!
驚くべき価格設定ですね。

こんな窓口で支払いをします。前払いです。
奥は賑やかで、職員食堂になっているようです。



食べるスペースは、通路を壁で仕切って、椅子とテーブルが置いてあります。お見舞いの人のスペースと、喫茶店のスペース兼用のようです。



ラーメン 味噌。(400円)



ごくオーソドックスなスープですね。
全くクセがなく、とても食べやすい。
誰もが普通に美味いと言うであろう、そんな味です。

麺は、加水率低めの中細縮れ麺。
旭川麺の範疇ですね。

具が驚きです。
チャーシュー、メンマ、ネギ、なると、茹で玉子半分。
この値段で驚くべきラインナップです。
逆に考えると、どんなスープを使ってるんだろう?と気になります(笑)


最終砦旭川公共施設病院系


いよいよこれで最後でしょうかね。
どなたか情報がありましたら、お願いします!



↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

よつ葉@旭川市豊岡 8

2016-09-25 21:55:55 | 旭川市(東部)
定期巡回中のよつ葉です。



先週木曜日に限定で味噌を出していたようですね。
残念ながら食べられなかったので、またの機会を狙います。

こちらでは専ら清湯がお気に入りで、夏は夏の限定を食べていたりと、しばらく白湯を食べていませんでした。
今回は久しぶり、開店当初以来の白湯を食べに来ました。



開店当初の「煮干しパイタン」から、「濃厚しょうゆ」と名称が変更されています。
今回は、具全部のせの、特製にしてみました。

特製濃厚しょうゆ。(900円)



濁りのあるスープです。
しかしまあ、すごい色です。
開店当初より食べやすくなり、煮干しと鶏白湯の旨味を感じることができます。
それでも煮干しのエグ味は強く、生臭さのような感じもあります。
やはり食べ手を選ぶ、クセのある1杯かと思います。



麺は、いつもと同じ、須藤製麺工場のもの。
低加水率のストレート麺。
清湯と比べると、白湯ではスープをずっしりと染み込みます。



具は、特製ですので、チャーシューが増え、煮玉子も入っています。
他の具は一緒で、メンマ、水菜、玉ねぎ、岩のり。
個人的には、具はなくていもいいなというのが、清湯の時と同じ感想です。


濃厚煮干白湯蘞味系


濃厚も美味しくなっていると思いますが、やはり清湯の方が好みですね。
今度は限定の味噌を狙います!






↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えびそば 一幻@フィール旭川 北海道ラーメン紀行

2016-09-23 21:55:55 | 催事・イベントなど
今年3月からフィールの地下で始まっている「北海道ラーメン紀行」です。
月替わりで北海道のラーメン店が出店しています。
第1弾は、すみれ
第2弾は、白樺山荘
第3弾は、櫓屋
第4弾は、
第5弾は、菜々兵衛
第6弾は、175°DENO~担担麺~
そして今回第7弾は、えびそば 一幻です。
「えびそばいちげん」と読みます。



2008年に開店した当初は、普通の札幌ラーメンの店でしたが、
いつからか海老そば一本に絞り、そこから爆発的な人気店になりました。
今や、すすきのの本店や新千歳空港の他、新宿や台湾にも店を出しています。
訪問時間や曜日の違いはありますが、今までで一番お客さんが入っているような気がします。

メニューはこちら。



私が今までに食べたのは2回。
すすきのの本店で、えびしょうゆ そのまま 太麺
新千歳空港で、えびしお あじわい 細麺
味の組み合わせは、基本三味×麺の太さ2種類×スープ2種類(本店では3種類ありましたが)=12パターンあるんですよね。
さすがに全部は無理なので、2回食べてみて、自分一番の好みはこれじゃないかな?と思ってました。

えびしお そのまま 太麺。(780円)



ベースは、白濁したさらりとした豚骨スープ。
そこに海老が強く効いています。
ですが、自分が思っていたより控えめでした。
なるほど確かに、海老の風味が豊かで、旨味もあり、美味いですね。
人気行列店になるのも頷けます。

麺は、中ぐらいの加水率の太ストレート麺。
暖簾には森住製麺の文字があります。
こんな麺でしたっけね。
やや多加水に感じられます。



具は、チャーシュー、メンマ、ネギ、味玉半分、ピンクの粉と茶色い粉。
過去記事を振り返ってみると、
ピンクの粉は紅生姜と海老の頭の天かす、茶色い粉は海老の頭を焼き上げて粉末にしたえび粉だそうです。
これらの粉が、スープに染み込み、海老の風味が増します。


直接海老塩旨味系


さすがの人気店ですね。
時間があれば、12パターン全部食べたいところですが、さすがにあと1週間じゃ無理ですかね。






↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

山岡家の丼で、山岡家の袋麺@藤原製麺を食べてみた。

2016-09-21 22:55:55 | 【山岡家の研究】
我らの山岡です。

最近山岡家がとんでもないことをやってます。

まずは、山岡家商店という名の、通販サイト開設。



これがまた魅力的。
丼などのラーメン関連の商品だけでなく、マグカップ、ノート、ポロシャツなど、ラーメンに関係ないものまで盛りだくさん。
あれも、これも欲しくなる(笑)



こだわっているなーと、勝手に思っているのは、Tシャツがないこと。
「あくまで売ってはいませんよ。サービス券を集めてくださいよ。」ということだと、解釈しています(笑)



そして、山岡家の袋麺が登場!
これは山岡家の研究の先輩「裸電球さん」のところで知りました。
裸電球さんも「山岡家がやりやがった!!!!」とかなり興奮していましたね。



本当に売っているの?と近所のスーパーに行ってみたら、普通に売っているし(笑)



本当に藤原製麺なの?って見てみると、間違いなく旭川市の藤原製麺。
味は、まさかのプレミアム塩豚骨!
山岡家のデフォの豚臭さは避けて、まろやか食べやすい路線で勝負に出ましたね。



2食入りで300円。
説明書どおりに作ってみましょう。



まず丼にスープを入れると、、、やばいよ、臭いよ。
これは間違いなく山岡家(笑)



見た目も、それっぽくできました。
お湯で割って、スープを溶くとそれ程臭みは感じません。
いつもプレ塩で感じるようなまろやかさです。
でも食べた感じは、塩というより正油っぽさもありましたね。

麺は、藤原製麺のもの。
プレ塩風に、山岡のデフォより細めの麺。
やや多加水ですが、十分に再現されていると思います。



藤原製麺が山岡家のラーメンを作るとは、驚きですよね。
いやでもしかし、よくできた袋麺だと思います。
まずまず再現されていると思います。
これを食べたら、ますます店に行きたくなってきましたよ(笑)


さて、これはどのエリアで販売しているのでしょうね。
旭川だけ? それとも道内全域? 道外までも?
札幌の方と思われるブログで紹介されていたので、札幌までは間違いないでしょう。
道外まで進出しているかどうかは、今後もリサーチが必要です。



さすが我らの山岡と、藤原製麺。
文字通り、食卓に夢をありがとう。



↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

森のキッチン 穂乃花@東神楽町

2016-09-20 22:55:55 | 上川(旭川以外)
森のキッチン 穂乃花です。



ひがしかぐら森林公園のパークゴルフ場の管理棟に併設されている食堂です。
こんな食堂を教えてくれる人は、この方以外にいません(笑)



場所は、東神楽町25号。これが正式な住所のようです。
ひがしかぐら森林公園内なのですが、普通に公園に行ってはダメです。
公園入口の手前、池の手前で右折して、パークゴルフ場方面に行かなければなりません。



営業時間が11:00~13:30と、ハードルが高いですが、土日もやっています。
HPには、「4月上旬~積雪まで」「定休日/年末年始 詳しくはお問い合わせください」とありますので、冬には閉まると思います。



店内はテーブル席が豊富です。
パークゴルフのお客さんが、思い思いに食事を食べていて、そこを通り過ぎた奥に券売機があります。
何事もないかのように、しれっと食券を購入しますが、堪らないアウェイ感があります。



ラーメンは、基本三味しょうゆとしおが550円、味噌が600円。
他に、スタミナとんこつ、黒みそ生姜とあります。

しょうゆラーメン。(550円)



少し濁りのある透明系スープ。
ごくオーソドックスな仕上がり。
適度な塩梅、適度な旨味あり、普通に美味いです。

麺は、加水率低めの中細縮れ麺。
旭川麺の範疇ですが、どこの麺でしょうね。



具は、チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔。
一通り揃っています。


庭打球孔球併設食堂系


普通に公園に行くだけでは、まず食べることができない1杯です。
パークゴルフのお客さんに囲まれて食べる、この上ないアウェイ感が堪りません。
皆さんもそんな1杯をぜひ(笑)






↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Flair Bar es → まいど@札幌ラ飲み

2016-09-19 23:55:55 | 飲み
札幌の友人たちと飲んできました。
どこで飲んだかわかりますか?



私、旭山ら〜めん通りのesが札幌に来るということで、こんな素晴らしい店を用意してくれました(笑)



Flair Bar es です。
「ふれあばー えす」と読みます。



場所は、南4西4。
すすきののど真ん中、マックが1Fにあるビルの8階。
抜群の立地、素晴らしい眺めです。



ここはボリューム満点の肉料理が自慢のお店。




次から次へと、あっという間に満腹です。



このメンバーですから、満腹なんて関係なし。
こんなメニューを発見したら、注文しない訳にはいきません。
油そば ヌードルボウル。



こういう時に必ず話題になるのが、どこの麺かということ。
先日、旭川でもそんなことがあったっけ。
で、やっぱり、店員さんに聞いてみるんです。
答えは、驚きの西山ラーメン(笑)


さお次行くよ!と向かったのが、日本酒のお店。



全国各地の地酒があります。
この並びは圧巻ですねー。



うーん、こちらのお酒、一文字違い。
読み方だと、濁点があるかないかの違い。惜しい(笑)



あれ、この麺は、どこの麺でしたっけ?



楽しかったです。また飲みましょう!
今回お会いできなかった方も、今度はぜひ!






↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

なの花@旭川市 西武旭川店 3

2016-09-18 21:55:55 | 旭川市(中心部)
9月17日~19日まで、食べマルシェですね。
旭川駅前~買物公園にかけて、ずらりと食べもの屋さんが並んでいます。
ラーメン店の一角はどうかといいますと、、、



びっしりの人!
前に進むのも大変そうです。
これは無理だと早々に諦めて、向かったのはこちら。
今月末で閉店してしまう、西武旭川店の地下です。



1条通沿い A館の地下にあるなの花です。



ガラスケースに入ったメニューも少しだけあります。



店の外にメニューがたくさん書いてありますが、



まず券売機で食券を購入します。



基本三味、正油と塩が570円、味噌が620円です。



暖簾には大きく須藤製麺の文字がありますね。
須藤製麺工場の直営店としても知られています。

カウンターとテーブル席のこぢんまりとした店内ですが、びっしりお客さんで賑わっています。
焼きそばを食べている人が多いですね。
いせのじょうの石水さんが、ここでラーメンではなく焼きそばを作っていたというのは、もはや伝説ですね(笑)

今までは正油しか食べたことがなかったので、今回初めて塩にしました。

塩ラーメン。(570円)



少し濁りがある程度の、透明系スープ。
鶏豚ベースのあっさりスープで、塩分濃度はやや高め。
ああ、なの花と思わせる味わいです。

麺は、須藤製麺のもの。
直営店ですから、自家製ともいえますね。
加水率高めの中ぐらいの太さの麺で、旭川らしさはあまりありません。
つるっと、もちっと、美味しい麺ですね。



この麺だったら、つけ麺にすればよかったかな。
メニューの写真を見ると、ラーメンより太そうな麺で、美味しそう。



道産小麦にも拘っていて、旭川で一番最初に北海道産小麦100%使用の麺を使用した店なんですって。



具は、チャーシュー、メンマ、ネギ、ほうれん草。
チャーシューは、箸で持てないほど、ほろほろ崩れるやわらかタイプ。


旭川西武涙閉店


先日の駅ナカにあった情報に関しては、何も掲示はありませんでした。
それならば聞いてみようかと思っていたところ、別のお客さんが聞いていました。
「9月30日まで営業。10月からは駅ナカに移転するけど、具体的な日にちは未定」とのことでした。
来月からは、駅ナカでの新生「なの花」に期待ですね。






↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

旭川観光物産情報センター 駅naka@旭川駅 3

2016-09-16 23:55:55 | 旭川市(中心部)
旭川観光物産情報センター、通称:駅naka。



その中にある、駅ナカ食堂です。

2016年9月16日に閉店するとの、『ウエスティのうーちゃん』のkitadoraさんからの情報です。
「閉店前に一杯いかがでしょうか?」と言われてしまっては、行かない訳にはいきません(笑)



店の前には、確かにこんな貼り紙がありました。



間違いないですね。

かつては、旭川の朝ラーメンの定番でした→こちら

それが、2014年10月から、8時30分開店に→こちら
この時までは、まだ朝ラーだったのですが。。。

さらに、2015年10月から、10時開店に→こちら
いよいよ、朝ラーの店ではなくなってきたんですよね。

それが、2016年4月からは、11時開店と、普通のラーメン店と同じになってしまいました。
そして今回は閉店とのことで、段々と縮小されていったのがわかります。



券売機で食券を購入するのは以前と同様。



閉店間際ということもあってか、メニューがさみしいですね。
開店当初はこんなにたくさんありました→こちら
今回ラーメンは、しょうゆ一味のみ。

旭川ラーメン しょうゆ。(400円)



きらきら輝く透明スープです。
醤油ダレが前面に出て、適度な旨味とコクがあります。
ごくオーソドックスな醤油ラーメンです。

麺は、低加水率の中細縮れ麺。
普通の旭川麺です。

具は、メンマとネギのみ。
デフォでチャーシューは入っていません。



そして最新情報によれば、10月上旬には、「駅naka食堂 なの花」が同じ場所に開店します。
時期と名前を考えると、西武からの移転で間違いないと思います。



この新しい店も、朝ラーメンをやってくれたら嬉しいですね。






↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

蔵@旭川市豊岡 11

2016-09-13 23:55:55 | 旭川市(東部)
旭川でつけ麺を食べたい時に、どこに行きますか?

今回は、蔵です。



夏季は営業時間が長めでしたが、もう終わっているかもしれませんね。



ここでも通年つけ麺を提供しています。
夏期限定で冷し麺(ごまとんこつ)も提供しています。



つけ麺(和風しょうゆ)。(880円)



ベースは、いつもの白濁豚骨スープ。
そこに魚介が加わり、豚骨魚介系のつけダレです。
そのためか、蔵らしさが少し薄れますね。
ほのかな甘み、適度な脂と合わさり、しっかりとしたつけダレになっています。

麺は、低加水率の中太麺。ほぼストレートです。
旭川麺をつけ麺用に太くしてきた感じです。
ラーメンの麺と同じならば、佐藤製麺工場です。



具は、麺の上に、チャーシュー、ネギ、メンマ、海苔。
チャーシューはいつもと同じ、とろとろ系で美味いですね。
ネギは大きめに切られたもののみです。


白濁豚骨旭川蔵系つけ麺


蔵らしさはありませんが、バランスのよい豚骨魚介つけ麺です。
ただし、ここのネギラーメンが圧倒的に美味しいので、つけ麺を注文するハードルはもの凄く高くなってしまいます。



↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

潮静ラーメン@留萌市 4

2016-09-12 22:55:55 | 宗谷・留萌
潮静ラーメンです。



今年7月で開店34年を迎えた、留萌食堂の老舗です。

ひさや食堂など、老舗が次々閉店してしまっている留萌で、食堂系最後の砦と勝手に思っています。
ここ潮静のかあさんには、これからもがんばってもらいたくて、訪問しました。

場所は、留萌市潮静3丁目。
国道233号線沿い、留萌中心部の少し手前です。

暖簾を潜りますと、いつもと変わらぬ女性店主さんです。
「しゃべる相手がいなくなったら、ぼけちゃうでしょ。いつまでも続けるよ。」
と力強い言葉をいただき、一安心。
それにしても、話しが止まらない。
広尾のさつき食堂、澄川のかわなみ食堂に負けないですよ(笑)



メニューはこちら。
以前と変わっていませんね。
ここの名物メニューはきのこラーメン。
ラクヨウキノコを使っている、道内でも貴重な店です。
旬は秋ですが、毎年秋に採った分を冷凍保存しているので、ここでは年中食べることができます。
不作の年だと、次の秋まで持たないらしいですが、今年はまだ十分あるとのことでした。

で、当のかあさんは、ラクヨウキノコが苦手なんですって(笑)
「採りに行くのが好きなの。」と。

きのこラーメン。(950円)



ここのきのこラーメンは、デフォがみそ味です。
頼めば、醤油や塩でも作ってくれます。
ですが、辛口の味噌ダレととろみのあるラクヨウキノコがよく合うと思います。

麺は、どこかの業務用麺なんでしょうかね。
ごく普通の麺です。
三嶋屋食品のカレンダーが貼ってはありますが。



具は、ラクヨウキノコとネギ、メンマ。
とろみのあるキノコと味噌ダレがよく合いますね。


留萌食堂系最終砦潮静拉麺


これからも美味しいきのこラーメンを作り続けてくださいね。






↑ランキングに参加しています

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報

いつもクリックありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加