書見の邪魔だ。

「信長の野望Online」と日ごろのつぶやき。メインは陰陽師。

知らなかった。

2017-01-25 21:48:01 | Weblog
「信長の野望Online」で、先週から、「家臣団集中訓練キャンペーン」が実施されており、それの一環として「主従の力」がキャラクターごとに配布されています。
「贈物奉行」から受け取れますが、期間を過ぎると削除されてしまうので、今は使い道が無くても、受け取っておくと良いです。

それで、「主従の力」なのですが、ファーストの「主従の絆」用の家臣は、キャンペーンで受け取った分も含めて6個で、これからも「主従の力」入手のために頑張ろうだったのですが、とある方からの対話で、他のキャラクターで受け取った「主従の力」を使用する方法があると教えていただきました。
なんでも、「軍団・家臣共有サービス」で、「主従の力」を使いたい家臣を共有し、他のキャラクターで呼び出して、「主従の力」を使えば、効果を発揮してしまうとの事。

とは言ったものの、その為にオプションサービスを使用するのはと思いましたが、これだけで「主従の力」を3つも使用できるのは大きいと言う考えが勝ち、気づいたらオプションチケットを購入していたのでした。

早速ファーストで、該当家臣を共有設定し、セカンドでその家臣を呼び出して、「主従の力」を使用。
名前の色が違うなど、明らかに普通の家臣ではないので、ドキドキしながら試してみたら、あっさりと「主従の力」が適用できてしまいました。
こうなったら話は早く、サード、フォースでも同じように「主従の力」を使用したのでした。

と言う事で、ファーストの該当家臣の「主従の力」の数は9になったのでした(祝)。
まだ半分も行っていませんが・・・。

この結果、強化要素格付は、こうなりました。


「主従の絆」の格付がSS+になりました。
「主従」のグラフも着実に良くなっています。

324円(税込)で「主従の力」が3つも使えて、非常にお得な気がしましたが、正攻法ではないので、いつできなくなっても文句は言えないようなやり方でもあります。
今後、似たような状況で試す事があったら、事前にアップデート情報を調べておいた方が良いと思います。
ジャンル:
オンラインゲーム
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 井伊直政育成。 | トップ | さらに井伊直政育成。 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事