書見の邪魔だ。

「信長の野望Online」と日ごろのつぶやき。メインは陰陽師。

主従の絆の家臣。

2017-04-20 20:29:13 | Weblog
「信長の野望Online」で、家臣と結べる「主従の絆」。
能力に関わるので、当然良い家臣と絆を結びたいのですが、それで、私の「主従の絆」用家臣についての考えでも。

前衛職、特に盾役などの場合は話が変わってくるのですが、「主従の絆」用の家臣は、陰陽師の決め打ちで良いと思っています。
このゲームでは、基礎能力の合計値は、どの職業でも同じになっていますが(確か)、属性値は別です。
すべての初期属性値が7の陰陽師が絶対的に有利です。
だからどうしたと言うのも最もですが、戦国格付に影響してくると言うのを忘れてはだめです。
なので、初期能力も、耐久力10、知力10にすると、生命力と気合が伸びるので、これまた戦国格付の評価が良くなります。
そうなれば、後は訓練で好きなように能力を伸ばせば良い訳で。

ちなみに、ファーストが現在「主従の絆」を結んでいる家臣は、この考えに至る前に作成したので、初期能力が知力の代わりに魅力になっています。
「時戻しの笛・絆」は初期能力を変えられませんし(涙)。

と言う事で、強化要素格付の「主従」で良い評価を得たければ、職業は陰陽師にして、初期能力は耐久力10と知力10にし、家臣団育成キャンペーン中にこれでもかと選別をかけると(涙)、良いと思います。
全体的に能力が高いので、極端な弱点と言うものは出ないはずです。

面白味には欠けますが、無難ではありますね。
ジャンル:
オンラインゲーム
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誕生日ケーキ作り。 | トップ | 武器の格付。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む