書見の邪魔だ。

「信長の野望Online」と日ごろのつぶやき。メインは陰陽師。

家臣選別の結果。

2012-08-01 02:22:38 | Weblog
「信長の野望Online」で、先ほど考えていた、家臣の能力による選別を行いました。
やはり、訓練費用が半額と言うのは大きいので。
で、選別方法ですが、家臣に土属性訓練を50回行わせ、土属性が高い家臣を残すと言う方法を取りました。
ちなみに、家臣の職業は陰陽師で固定しました。
やはり神職よりも扱いやすいですし、過去のテストで、能力差はほとんど無い事が分かったので。
話を戻しますが、陰陽師で土属性訓練を50回行うと、レベルは26になり、土属性は大体390前後となりました。
家臣団資金との兼ね合いもあるので、4キャラクター作って見た所(4スロットも空きがないので、土属性が低かった家臣は即刻解雇です)、一番土属性が高い家臣が393、一番低い家臣が381でした。
ちなみに、城ともの城下町の訓練施設を使用している為、他の能力が上がる事が無いので、初期能力が同じだと、他の能力は全く同じになります。
言われてみれば当たり前ですが、結構大事な事を見逃していたような気がします。
で、一番土属性が高かった家臣をレベル50にしてみた所、こうなりました。



半蔵と戦う為に装備を買う訳ですが、装備制限レベルが50以下の物が売られている事が少ないのが難点です。
城ともの城下町をめぐって買いました。
ではなくて。
ここまで来れば、後は大体の能力が分かります。
属性値ですが、レベルアップによって、訓練していない属性値は、レベル60時には35上がり213となります。
なので、土属性に35足すと512です。
で、訓練による上昇値を考える訳ですが、レベル50以降の訓練は、最大で20回です。
訓練による能力上昇の最低値は5なので、5*20=100で最低でも100は上がります。
先ほどの512に100を足して、612。
最低でも610は確定したようです。
可能であれば、620まで行って欲しいとは思いますが、20回中良い成果が8回以上なので、何とも言えない所です。
とは言え、これなら期待十分なので、早速レベル60に・・・したかったのですが、家臣団資金、城下町評点共に尽きました。



しばらくお預けが続きます・・・。

この記事をはてなブックマークに追加

悩む。

2012-08-01 00:35:54 | Weblog
「信長の野望Online」で、また悩む事が増えました。
現在、「家臣を育てようキャンペーン」と言う事で、家臣のレベル50までの訓練費用が半額になっています。
それが8月8日までなので、終了が近づいてきています。
で、これに合わせて、家臣をまた作るかどうかで悩んでいます。
狙いはもちろん、土属性600の家臣です。
現在、「主従の絆」を結んでいる家臣の土属性は599。
悔やむに悔やみきれない値です。
これを、どうにかして土属性600の家臣を作れないかと。
もちろん、簡単に行く訳がなく、何度か家臣の作り直しを行う必要があると思います。
で、今のキャンペーンを、有効に利用できないかと考えています。
正直、家臣団資金はかなり尽きているのですが、城下町評点を絞り出す事と、キャンペーンを有効活用できれば、レベル50の家臣を2人作る事が可能です(多分)。
それで、土属性が優秀な方を、レベル60にしてみようかと。
流石にそこまでの家臣団資金は無いのですが、数を打つ事で、土属性600に到達しやすい家臣は作れるかと思います。
ここまで書いて、良く考えると、家臣をレベル50まで育てる必要も無いと言う事に気付きました。
土属性訓練50回を終えた時点で、土属性を見れば良いのですね。
まだまだアイデアが出そうです。

この記事をはてなブックマークに追加