gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

<取り調べ可視化>公安委員長の研究会初会合(毎日新聞)

2010-02-07 05:18:32 | 日記
 取り調べ全過程の録音・録画(可視化)と捜査の高度化を検討する中井洽国家公安委員長の私的研究会の初会合が5日、警察庁で開かれた。現在は一部にとどまる可視化の拡大範囲や司法取引などの新たな捜査手法、犯罪のトレーサビリティー(追跡調査)を高める手段などについて、約2年間かけて検討する。

 初会合には、警察や検察OB、日本弁護士連合会が推薦する弁護士、ジャーナリストら有識者12人の委員全員が参加した。

 警察と検察は現在、取り調べの一部の録音・録画(一部可視化)を実施している。警察は殺人などの重大事件のうち、容疑者が自供し、将来の公判で自供の任意性に争いが生じる恐れのある事件が対象。検察も08年4月以降、原則として自供した裁判員裁判対象事件で実施している。

 冤罪(えんざい)防止策としての可視化をマニフェスト(政権公約)で掲げた民主党が昨年の総選挙で勝利。菅家利和さん(63)の無罪判決が確定的な足利事件で、全面可視化がクローズアップされたこともあり、研究会の議論は、可視化の範囲を拡大する方向で進む見通しだ。

 ただし、全面可視化を実施している諸外国は、罪を認めたり共犯者を告発する代わりに刑を軽減する「司法取引」や「刑の減免制度」など、取り調べ以外に多くの捜査手法が認められているケースが多い。中井国家公安委員長が指示する捜査の高度化の検討は、こうした現場の実情に配慮したもので、防犯カメラの増設なども議論の対象となる可能性がある。【千代崎聖史】

【関連ニュース】
可視化研究会:2月5日始動 捜査手法2年かけ検討
足利事件再審:可視化集会で菅家さんが講演
石川議員逮捕:弁護人、取り調べ全過程の可視化申し入れ
千葉法相:取り調べ可視化導入に意欲 韓国を視察
小沢幹事長:「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す

見逃されたSOS…両親からの虐待で死亡した7歳男児の阿鼻叫喚(産経新聞)
雇用見込み期間「31日以上」に緩和へ(読売新聞)
進次郎氏、貴理事当選に“感動”(スポーツ報知)
豆腐・納豆食べる人 肺がんリスク減ります たばこ吸わない男性 厚労省調査(産経新聞)
【新・関西笑談】リヤカーマン世界を歩く(1)冒険家 永瀬忠志さん(産経新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幻想的に「節分万燈籠」 奈... | トップ | 朝青龍は不在、成田山新勝寺... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。