ESPOA blog

写真付きで日記や趣味をいろいろなメンバーが書きます。

ワイナリーでの昼食

2017-06-19 18:22:40 | ブログ

5月に参加させていただいた、フランスワイナリー訪問ツアー。基本的に1日2蔵の訪問でしたが、午前中に訪問したワイナリーでは、畑や醸造所の見学の後、昼食もいただきましたワイナリーでの食事に興味がある方もいらっしゃると思いますので、写真を中心にご紹介させていただきます

 

 アルザス地方、エリック・カム

まず最初に出していただいたのは、アルザス名物のクグロフ(甘くないもの)とピノ・グリの組み合わせ

 

ミートパイ。ボリュームがすごくて食べきれなかったのが残念

 

アルザス地方のチーズ、マンステール。ワイナリーから20km離れた小さな作り手さんのものだそう。若いものと熟成したものを食べ比べさせていただきました。

 

エリックさんのいとこがやっているというパティスリーのデザート。日本人女性が嫁がれたそうで、ゆず味のデザートもありました他にはホワイトチョコ&マンゴー味のデザートなど。微発砲ワインや、ゲヴュルツトラミネールと一緒にいただきました。

 

ジュラ地方、パトリス・ユグ・ベグ

ソーセージとじゃがいも、たっぷりのサラダ。野菜が嬉しかったです。

 

チーズもたっぷり。ジュラ地方のコンテなど。

 

デザートはバナナケーキとアイスクリーム。

 

ブルゴーニュ地方ボージョレ地区、ドメーヌ・ラフォレ

マスタード風味のドレッシングのサラダ、ソーセージの赤ワイン煮とじゃがいも。

ソーセージは、ドメーヌ・ラフォレの赤ワイン「レニエ」で煮込んだものだそうです

 

ここでもたっぷりのチーズ。全種類少しずついただきました。

 

デザートはイチゴのタルト。

 

コート・デュ・ローヌ地方、ドメーヌ・ショーム=アルノー

試飲の途中から、いろいろなおつまみを出してくださいました。写真は撮っていませんが、豆菓子や、絶品オリーブなども

 

そして、そのまま昼食に突入。サワークリームを付けていただいたトマトやラディッシュが美味しかったです

 

コート・デュ・ローヌ地方、ドメーヌ・ジャン・ダヴィッド

ここは午後に訪れたので食事ではありませんが、試飲の後、ワイナリーの中庭でワインとおつまみをいただきました。イチゴ、アメリカンチェリー、チーズ、サラミなどいろいろと用意してくださっていました。イチゴがとても大振りなのに全然大味じゃなく、甘くて美味しくてビックリ

ここの中庭は、たくさんの木々や花に木漏れ日・・・とにかく気持ちが良いところです

 

プロヴァンス地方、ドメーヌ・リショーム

ここでも、ワイナリー敷地内の屋外で昼食をいただきました。セザンヌが愛したというサント・ヴィクトワール山を眺める最高のロケーションもちろんたくさんの植物に囲まれ、かなりリフレッシュできました

 

タコのマリネ、オリーブ、ドライトマト、タプナードなどなど。少しずついただくとこんな感じになりました。

 

どのワイナリーも本当に素晴らしいおもてなしをしてくださり、試飲だけでもありがたいことなのに、食事やおつまみと一緒にワインをいただくと、ワインだけとはまた違った味わいが感じられました現地の風景や空気、風や香り、ワイナリーさんの人柄なども含めて、やっぱりそこでしか味わえない貴重な体験でした

(I.Y)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今までの「もずく」は、何だ... | トップ | 今年も優勝!! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL