coLinux日記

coLinuxはフリーソフトを種として、よろずのシステムとぞなれりける。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Pidora の設定 ntpdate とアップデート

2013-07-24 00:26:51 | Raspberry Pi
Raspberry Pi で、Pidora 18 を使い始めましたが、日付が狂っていましたので修正します。

# ntpdate プロバイダ提供のntpサーバ名

ntpd を動かしたいところですが、頻繁にブートするので、ここではブート時だけ ntpdate を実行することにします。
/etc/sysconfig/ntpdate を次のように修正しました。(後で分かりますがこの修正は不要です。)

OPTIONS="-p 2”
RETRIES=2
SYNC_HWCLOCK=yes

ここではNTPサーバ名の指定は無く、別のところで行っているようです。

ブート時に ntpdate を実行するために systemctl で enable にします。

# systemctl enable ntpdate.service
ln -s '/usr/lib/systemd/system/ntpdate.service' '/etc/systemd/system/multi-user.target.wants/ntpdate.service'
#

これでリブートして /var/log/messages を見ると、ntpdate-wrapper というものが実行されているようです。これは、

/usr/libexec/ntpdate-wrapper

です。中身を見ますと、/etc/ntp/step-tickers で指定されたものか、 /etc/ntp.conf の server 行と peer 行で指定されているサーバのうち、127.127.1.0 を除いたものをサーバとして使うようです。また SYNC_HWCLOCK=yes にすると、hwclock を実行するようです。しかし、

# /sbin/hwclock --systohc
hwclock: Cannot access the Hardware Clock via any known method.
hwclock: Use the --debug option to see the details of our search for an access method.
#

のようにエラーになるので、Raspberry Pi でこの設定は無効です。(/dev/rtc が無いので)

というわけで、ブート時に 自分で指定した ntpサーバを指定して ntpdate を実行するためには、 /etc/sysconfig/ntpdate は修正せずに、/etc/ntp/step-tickers を修正するか、すべてコメントにして、/etc/ntp/ntp.conf を新たに作成します。/usr/libexec/ntpdate-wrapper によれば /etc/ntp/step-tickers の#で始まる行は無視されますので、次のように修正します。

#cat /etc/ntp/step-tickers
# List of servers used for initial synchronization.

# 0.fedora.pool.ntp.org
プロバイダの提供するNTPサーバ
........
#

リブートして、/var/log/messages を確かめますと、

Jul 23 ..:..:.. raspi ntpdate[...]: step time server .................

のようになってうまくいきました。

次はアップデートを試してみます。

# yum update
..................................
Updating:
pidora-logos noarch .................
pidora-release noarch .................
raspberrypi-headless armv6hl .................
raspberrypi-vc-demo-source armv6hl .................
raspberrypi-vc-firmware armv6hl .................
raspberrypi-vc-libs armv6hl .................
raspberrypi-vc-libs-devel armv6hl .................
raspberrypi-vc-static armv6hl .................
raspberrypi-vc-utils armv6hl .................

Transaction Summary
====================================================
Install 2 Packages
Upgrade 9 Packages

Total download size: 46 M
Is this ok [y/N]: y
.....................................................
Complete!
#

普通の Fedora と変わりないですね。

おもちゃのような Raspberry Pi ですが、ネットワークに接続すれば他のコンピュータと区別は付かないわけですから、こうしたアップデートは怠らないようにしたいものです。
『OS』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Raspberry Pi Pidora の設定 | トップ | Raspberry Pi の浮動小数点演... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
Pidoraをセットアップする (ナレッジエース)
PidoraはRaspberryPiに最適化されたFedoraベースのOSです。 RaspberryPi用のOSはRaspbianやArchLinuxもありますが、CentOSばかり使っていてRedHat系に馴染みがあるのでこちらにしました。