AGRADECER☆ESP7番ブログ☆ tecnica e arte

エスペランサ熊本でビーチサッカー、フットサル、コーチをやってます☆

親記事抜粋☆

2017-07-06 17:24:00 | 日記
親。

漢字以前もブログで書きましたが、

【木の上に立って見る】

というニュアンスで僕は捉えてる。

昔の人達は凄いなぁ〜

でも、最近はやたらと木の下に降りてきて手を下す。

子供同士がケンカをする。

それになぜ親が出る?

出てどうするのか?訴える?

子供同士のケンカを訴えるという親に出会った。

僕は【どうぞ訴えてください】と答えた。

子供に聞いたら、もう仲直りしてる。

それを親がまたケンカをさせる。

我が子は誰だって可愛いですよ。

でも可愛いし、愛してるからこそ、1番期待して厳しくするのではないでしょうか。

我が子の未来のために大切な経験として。

その方はどうかはわかりませんが、そんなに大事に大切にし過ぎると子供は反発してくる。

窮屈はいつだって誰だって嫌なんだ。

ブラジルの恩師の家族に学んだことは多かった。

Então, sacudir a mão e colocou uma mão às crianças

【子供に手をかけると手を振り払うようになる】

それがきっと反抗期だと思う。

自律が早いと子供は反抗期を忘れる。

手をかけないようでかける。

そんな大人のさじ加減が必要なのではないでしょうか?

ものを与えるのが愛情ではない。

一緒にご飯を食べることが愛情ではない。

子供を守ることが愛情ではない。

そのとき、なにを学ばせたいか?

なにが身についてほしいか?

どう身につけ学ばせるのか?

そちらの方が多くの愛情だと感じている。

すぐに子供を守ってもなにも学べない。

親はまだ一人分の人生しか生きてきてない。

それと同じ人生を子供に求めるのは違う。

親も子も人生で1回だけしか経験できない。

それでなんでもわかった風でいるのは少し怖い。

そう思った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フットサルの話抜粋☆ | トップ | 得意☆ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。