エスペラントな日々

エスペラントを学び始めて18年目である。この言葉をめぐる日常些事、学習や読書、海外旅行や国際交流等々について記す。

第30回緑の学校

2017-05-06 | エスペラントな今日


 5月2日から恒例の「緑の学校」に参加してきた。今年は第30回記念である。
 2日は夕食後の「開校式」で始まった。今回はオーストラリアとスイスからのお客さんが参加している。
 夜はおしゃべりだが、翌日に備えて10時半頃には寝てしまう。参加者のみなさんが持ち寄るお菓子や酒類・おつまみはなかなか豊富である。
 毎朝、何人かが早朝散歩・探鳥会を自由にやっている。私も朝6時頃から付近を歩いて自然を満喫する。今年は桜の開花が遅く、まだ咲きはじめの木もある。
 会場が「青少年自然の家」で、広い施設内にはいろんな団体や家族が宿泊し、それぞれに活動している。「朝の集い」では各団体の紹介もあり、信州大学の「YOSAKOI祭りサークル和っしょい」が迫力ある集団演舞を披露してくれた。
 3日の午前中は入笠山登山。登山道には雪がかなり残っていた。頂上から360度の大パノラマで八ヶ岳・中央アルプス・南アルプス・北アルプスを見渡せる。今年は好天で、いつもはシルエットが薄く見えるだけの富士山もくっきり見えた。午後はエスペラント会話などの講座があり、私は例年のように折り紙講座を開いた。夕食後はスイスやオーストラリアについての話や剣舞・福引き大会など。

   
写真は入笠山頂から富士山を遠望する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フランスからお客さん(3) | トップ | 第30回緑の学校(2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。