流浪オヤジの探検日記

KOBEを拠点に各種イベントや名所・旧跡を見て歩き、紹介していきます。

海上自衛隊 護衛艦「しまかぜ」一般公開 1/2

2017-06-10 | 自衛隊
6月10日(土曜日)、大阪港天保山岸壁にて「海上自衛隊護衛艦一般公開」が催しされました。
本イベントは、自衛隊大阪地方協力本部が主催する広報行事です。
当地において海上自衛隊護衛艦「しまかぜ」の一般公開が行われました。


護衛艦「しまかぜ」(DDG172)(護衛艦隊 第4護衛隊群 第8護衛隊/佐世保)


「自衛艦旗」
旗の下に気になる影(立て看板?)が・・・・。
今回の主たるお目当てか? (^_^)


昭和60年1月12日、三菱重工業長崎造船所にて、はたかぜ型護衛艦2番艦として起工
昭和62年1月30日、進水
昭和63年3月23日、就役


艦名は「島に吹く風、島から吹いてくる風」に由来。


この名を受け継ぐ日本の艦艇としては、旧海軍峯風型駆逐艦「島風」及び島風型駆逐艦「島風」に続き3代目。


艦砲「73式54口径5インチ単装速射砲」(後部甲板側)


艦艇用近接防御火器システム「高性能20mm機関砲」(ファランクス・CIWS)


「内火艇/しまかぜ02」(うちびてい)(左舷側)


艦対艦誘導弾「ハープーンミサイル4連装発射筒」


「68式三連装短魚雷発射管」


同艦は、対空、対水上、対潜水艦及び電子戦等の近代戦に対処するため、コンピューターを多数導入。


「国際信号旗」
聞けば、『WEL COME』(訳:歓迎します。)とのこと。(^_^v


「救命筏」


水上レーダー「OPS-28」(上部)、3次元レーダー「AN/SPS-52」(下部)


ミサイル射撃指揮装置「SPC-51C」(ミサイル方位盤)


艦載用対潜ミサイル「74式アスロック8連装発射機」


艦砲「73式54口径5インチ単装速射砲」


艦対空誘導弾「スタンダードミサイル単装発射機」(MK-13)


基準排水量:4,650トン、満載排水量:5,950トン


「艦首部」


全長:150m、全幅:16.4m、深さ:9.8m


出力:70,000PS、推進器:スクリュープロペラ×2軸、最大速力:30ノット


見学のため乗艦します。(^_^)


当直士官による出迎えを受けます。

艦内見学へと移行します。
つづく・・・・・・・・・・・(^_^¥
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 種子島 | トップ | 海上自衛隊 護衛艦「しまかぜ... »

コメントを投稿

自衛隊」カテゴリの最新記事