ESDIC『通訳案内士試験対策スクール』noブログはじめました!

ESDIC(エスディック)英語能力開発アカデミーから、通訳案内士試験受験の皆様へ最新&重要情報をお届けします!

2次ズバリ的中&東京・大阪2017年対策説明会(無料)&2017年英語1次対策講座&第4弾<2次レポート>公開!

2016-12-25 01:23:28 | 通訳案内士試験対策
Merry Christmas! 
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

前回、2016年度2次口述試験問題(暫定版)を発表させていただきましたが、
今なお、<2次レポート>を頂戴しており、
今後も、細かな点に関し、修正する可能性もございますので、ご了承ください。

本日は、2016年度2次試験問題における、
ESDIC教材ズバリ的中!の内容を公開いたします。

----------------------------------------------------------------

また、2017年度受験の皆様へ、各種対策のご案内を開始いたします!

まずは、2017年度地理・歴史・一般常識・英語&2次対策<説明会(無料)のご案内を申し上げます。

さらに2017年度英語1次受験予定の方へは、
英語・地理・歴史・一般常識対策のすべてを含む、
2017年度「通訳案内士試験対策講座」のご案内を申し上げます。

2017年に向けまして、
皆様のモチベーションをさらにアップしていただけますよう、
出来得る限りのサポートをさせていただきます!

【お知らせ】
2017年春の1次・2次対策のご案内を今後、順次、発表させていただきます。

●2017年前半の1次・2次対策概要

(1)2次通訳・1次英作対策にもなる<通訳・英作セミナー>は、
東京/大阪:月1回(全5回):2月26日(日)から。

(2)少人数「通訳」「プレゼン」徹底訓練:春期<英語2次セミナー>は、
東京/大阪:週1回(全9回):3月31日(金曜日クラス)、4月1日(土曜日クラス)から。

(3)ズバリ予想問題を詳細解説!
通学(東京のみ):地理・歴史・一般常識対策<地・歴・常セミナー>は、
月1回~3回(全8回):4月16日(日)から。
※2016年は、毎回満席!

(4)通学がご無理な方へ:地理・歴史・一般常識<地・歴・常メール講座>は、5月から配信。

(5)英語1次短期直前セミナーは、東京/大阪:7月9日、23日の2日間。

★イカロス「通訳翻訳WEB」にて、
ESDICの2017年度講座・セミナーご案内中(更新済)!
http://tsuhon.jp/school/1240

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】2016年度2次試験 ESDIC教材ズバリ的中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は、2016年度2次試験問題における、
ESDIC教材ズバリ的中!の内容を公開いたします。

※下記に掲載の教材は、2016年度受験対策にて使用した教材のみです。

≪2016年2次試験ESDIC教材ズバリ的中!≫

【通訳問題】
●迎賓館赤坂離宮は、(中略)1909 年に東宮御所として建設されたもので、(中略)日本における唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築です。

『英語2次セミナーテキスト(第5版)』 29ページ
迎賓館赤坂離宮について(About the State Guesthouse, Akasaka Palace)

【プレゼンテーション問題】
●下駄

『日本事象ESDIC 280』 63ページ Geta

●盆栽

『日本事象ESDIC 280』 99ページ Bonsai

2016年2次模擬面接テーマ「盆栽」
★盆栽について(About bonsai)

通信版<英語2次セミナー>Lesson7 プレゼンテーションテーマ

●江戸城

『英語2次セミナーテキスト(第5版)』 21 ページ
江戸城について(About Edo Castle)

●ひな祭り

『日本事象ESDIC 280』 77 ページ Hinamatsuri

●国立西洋美術館

2016年2次模擬面接テーマ「国立西洋美術館」
★国立西洋美術館について(About the National Museum of Western Art)

●厄年

2014年2次試験回答例として、通学・通信版<英語2次セミナー>受講生へ配布の資料

●神社

『日本事象ESDIC 280』 29ページ Jinja

●合気道

『日本事象ESDIC 280』 115ページ Aikido

●日本の城の種類

『英語2次セミナーテキスト(第4版)』 33ページ
日本の城について(About Japanese castles)

●日本の国立公園

『英語2次セミナーテキスト(第5版)』 36ページ
日本の国立公園について(About Japanese national parks)

●高野山

『英語2次セミナーテキスト(第5版)』 41ページ
高野山について(About Mt. Koya)

2014年2次試験回答例として、通学・通信版2次セミナー受講生へ配布の資料

●天皇制

『英語2次セミナーテキスト(第5版)』 23ページ
天皇について(About the Emperor)

●お盆

『日本事象ESDIC 280』 81ページ Obon

通信版<英語2次セミナー>Lesson4 プレゼンテーションテーマ

2016年2次模擬面接テーマ「盆踊り」
★盆踊りについて(About “bon-odori”)

2016年2次模擬面接(日本人講師担当)「通訳問題」

●江戸時代の身分制度

2016年2次模擬面接(日本人講師担当)「プレゼンテーション問題」
「江戸時代について」

●振り袖

『日本事象ESDIC 280』 59ページ Furisode

●初詣

『日本事象ESDIC 280』 77ページ Hatsumode

2014年2次試験回答例として、通学・通信版2次セミナー受講生へ配布の資料

●七夕

『日本事象ESDIC 280』 81ページ Tanabata

●文化の日

『日本事象ESDIC 280』 75ページ Bunka-no-hi

●お伊勢参り

『英語2次セミナーテキスト(第4版)』 72ページ
伊勢神宮について(About Ise Shrine)

●七五三

『日本事象ESDIC 280』 83ページ Shichi-go-san

●納豆

『日本事象ESDIC 280』 51ページ Natto

●提灯

『日本事象ESDIC 280』 103ページ Chochin

●漆器

『日本事象ESDIC 280』 103ページ Shikki

通信版<英語2次セミナー>Lesson7 通訳問題

2016年2次模擬面接(日本人講師担当)「通訳問題」

----------------------------------------------------------------
【ご案内】
・<英語2次セミナー>テキスト(第5版)
・「日本事象ESDIC 280」

上記のお申込みはこちらから:
※『必修ガイド用語集』は、 完売 となりました為、改訂2017年版を3月上旬に発行の予定です。
http://www.esdic-academy.jp/category/1537391.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】2017年度合格必勝!!
1/22東京・2/5大阪開催!
2017年度地理・歴史・一般常識・英語&2次対策<説明会(無料)>お申込受付中!
★通訳・英作セミナー模擬授業(50分)あり!
★★2016年2次「通訳」全回答例配布&模擬授業で一部解説!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年度合格必勝を期して、
先ずは、2017年度地理・歴史・一般常識・英語&2次対策<説明会(無料)>にて、
しっかりと目標を定め、モチベーションをアップさせていただき、
2017年度合格へのスタートをお切りください!

●会場・日時:
<東京会場> 1月22日 (日) 15:00~18:00 御茶ノ水
<大阪会場> 2月5日 (日) 12:50~15:50 新大阪


●説明会内容:
(1)2016年度地理・歴史・一般常識・英語1次・2次の問題分析により出題傾向を把握の上、
「2017年度合格に最も必要なものは何か!」をテーマに講演を行います。

2017年度受験対策として、
皆様それぞれに、何をどのように学習していけばよいかを
ご理解いただけます。

(2)毎回大好評の★通訳・英作セミナー模擬授業(50分)を行います。

模擬授業(無料)ながら、
1次・2次対策共に定評のある講師陣による、
50分間の本格的授業を是非、ご受講ください!

東京会場:永岡講師担当
大阪会場:小野講師担当

★★今回は、2016年2次「通訳」全回答例を配布&模擬授業で一部を解説いたします!

(3)2017年度地理・歴史・一般常識・英語1次・2次対策関連セミナーのご案内をさせていただきます。

●費用:無料

● お申込方法 : お申込みは、下記の「お申込フォーム」にて、お願いいたします。
http://www.esdic-academy.jp/category/1783095.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】2017年度1次英語対策総合講座
「通訳案内士試験対策講座」お申込受付開始!
★大好評:受講開始前に<最も効果的な学習方法>をお一人ずつお電話にてご案内!
★受講生のみ:無料スクーリング第1回は、東京・大阪2/26(日)!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

合格必勝!
2017年度「通訳案内士試験対策講座」のお申込を受付中です。

★★教材発送後、学習方法ご案内のメールをお送りした上で、
お一人ずつお電話にて、<効果的な学習方法>の中でも、
「最も効果的な学習方法のポイント」をご説明いたします。


●2017年度「通訳案内士試験対策講座」は、
英語1次対策(地理・歴史・常識・英語メール教材含む)総合講座です。

【ご案内】
★地理・歴史・一般常識メール教材には、
本講座受講生にのみ、英語の学習材料(単語テスト等)も含めて、
4科目の内容をお送りいたします。

★メール教材:「直前ポイント学習メール」
(=有料<地・歴・常メール講座>と同一内容+英語)は、
受験科目に関わらず全科目:地理・歴史・一般常識・英語の内容を配信いたしますが、
本講座では無料教材となります為、受験しない科目がある場合も、
割引はございませんので、予めご了承ください。

★但し、無料教材ですので、余分なご負担もなく、
英語1次対策講座として、ご受講いただけます。

【2017年度「通訳案内士試験対策講座」の特長】
(1)大きく出題傾向が変わった、2015年度からの既出問題を基にした、
業界最高レベルの講師陣作成による、
本試験と同形式の全問オリジナル:実践式予想問題を徹底学習!
⇒ 1次試験ではもちろん、最終2次試験にも必須の、
日本事象の知識&文法力を最も効率よく習得!

(2)受講中(2017年1次試験前迄)、回数制限なしの質問対応サポートにより、弱点を克服!

(3)学習の仕方や、教材以外の学習情報もメールでお届け!自宅学習でもしっかりサポート!
   ※受講開始前に「最も効果的な学習方法のポイント」をお一人ずつお電話にてご案内!

(4)東京・大阪にて、スクーリング=無料3時間ライブ授業(月1回:2月~6月:全5回 )開催!
   ★第1回スクーリングは、東京・大阪2/26(日)!
 
(5)地理・歴史・一般常識対策としてメール教材「直前ポイント学習メール」無料配信サービス!

(6)リーズナブルな価格設定!無理なく受講できます!

●2017年度1次英語対策総合講座「通訳案内士試験対策講座」詳細・お申込みはこちら:
http://www.esdic-academy.jp/category/2024425.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】第4弾<2次レポート>公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引き続き、第4弾<2次レポート>をお送りいたしますが、
皆様、お忙しい中、<2次レポート>をお送りいただき、
誠にありがとうございます。
この場を借りまして、心より御礼申し上げます。

★ 尚、それぞれ大変貴重な内容をご提供いただいております。
2017年受験予定の方々は、是非、ご参考になさってください。


----------------------------------------------------------------

受験外国語:英語
受験会場:TKP品川カンファレンスセンター
集合時間:12:00受付で、受験予定時刻は13:00、開放されたのは14:15頃
受験時刻:4人グループの2番目で、13:15頃に試験ルームに入室

まず、プレゼン問題に「神社」が出題され、
Ron先生の授業で僕自身が回答した内容に、
Ron先生からのアドバイスも加えて回答しましたので、
プレゼンおよびその後のQ&Aは多分大丈夫だと思います。

通訳問題は、始めから高得点を目指していなかったのと、
後半が支離滅裂になった可能性がありますが、
ぎりぎり5-6割はとれていると思いますし、
現在の実力は、ほぼ出し切ったので、
これで不合格なら、仕方がないと思っています。

試験官は、50才前後に見える日本人女性と、
30才前後に見えるネイティブの男性。
どちらも、非常に明瞭に、ゆっくりした口調で話してくれました。

男性試験官は、フレンドリーで、通訳問題とプレゼン問題の終了時に、
いずれも満足そうに笑顔を見せてくれましたが、
女性試験官は、キリリとしていて、笑顔は全くなく、
きっちり採点するぞという感じでしたので、多少の不安が残っています。

最初に、日本人女性試験官から、英語で、
氏名、生年月日、住所を尋ねられ、それに答えてから、試験が始まりました。

●通訳問題の内容: 酢飯の作り方
問題文は比較的長文だったと思いますが、ゆっくりと読んでくれたので、
その気があれば、9割以上のメモ取りも可能だったかもしれません。
こちらが、メモの手を止めると、
読み進めるのを少し待っていてくれたような気もします。
しかし、訳出が無理だと判断した箇所は、作戦上、
メモ取りを放棄する方針でしたので、7割ぐらいのメモしか取りませんでした。
後で思うと、メモを取っておけば、訳出が何とかなった箇所もあったかもしれません。

●プレゼンテーションの3つのテーマ:神社
(他の2つもちらっと見ましたが、3枚目の「神社」を見た瞬間に、他の問題は忘れました。)

●選んだテーマ: 神社

●プレゼンの内容:
(あまりにも、そのものずばりの問題が出たので、
逆に少々あわてて、構成メモに記載しなかったことからアドリブで始めてしまい、
20秒-30秒してから、構成メモに戻りました。)

「神道では、基本的に、shinto godsが全てのものにreside inすると考えており、
高い山や、大きな木ないし大きな石もworshipの対象であり、
例えば、富士山の山頂にもshrineがある。
神社のentranceには、torii-gateがあり、
それは、2本のpillarsと2本のcross-barsからなる。
bright redのtorii-gateが沢山ある。
神社には、特別の参詣方法がある。
torii-gateをくぐる際に1回bowをして、神社内に入る。
途中にwater basinがある。handsとmouthをpurifyする場所である。」
(ここで、女性試験官から、時間切れの合図)

●Q&Aの内容:
男性試験官から、神社での参詣方法を続けるようにとの指示があり、
thank youと言ってからつづけました。
「purificationが終わったら、main hallに進む。
main hallの前には、donation boxとhanging bellがある。
donation boxにcoinを入れ、hanging bellをringしてからpray forを開始する。
prayingは、2bows、2claps、1bowからなる。
torii-gateに戻り、最後にmain hallの方向にreturnして、1bowを行う。」

男性試験官からの質問:
1.donation boxに入れるcoinの種類:5円玉がほとんどと答えたら、その理由。
2.好きな神社とお寺:初詣に家族で行く神社と、奈良のお寺(東大寺及び法隆寺)を回答。
3.日本人が大晦日に神社に行く理由:
many Japanese peopleは、大みそかにはBuddhist templesに行き、
元旦にshinto shrinesに行くと思うと答えたら、そうですかと言って、質問が終わってしまいました。

●受験の様子と感想: 
若い方が男女ともに少なく、特に男性では年配者が多いように思いました。
服装も、かなりまちまちで、背広にネクタイは10人に一人もいない感じで、
ジーンズやそれに類する中年もかなり見かけました。
逆に、女性の方は、ラフな身なりの人は見かけませんでした。

●ESCIC講座、セミナー、教材、メルマガなどに関する感想:
この試験の存在を約1年前に知り、
半分はボケ防止のつもりでTOEICのwriting testを受けて、
英語1次試験の免除をクリアーしてから、
貴アカデミーの地理、歴史、及び一般常識の通学セミナー、
英語2次セミナー、そして模擬面接を次々に受講させて頂きました。

英語を読み書きする仕事に40年以上従事していますが、
観光業ないし日本文化に関する知識やそれらの英語表現は、
実に新鮮かつ刺激的で、楽しい半年間でした。
今、振り帰って考えると、ここまで続けてこられたのは、
講義それ自体がハイレベルで魅力があったからだと思います。

また、講師の先生方や小野様の親身になったご支援も、大変よい思い出です。
合格しているようであれば、人生の第2章として、
これを生かす活動を真剣に考えたいと思っています。

----------------------------------------------------------------

●受験外国語 英語
●受験会場 昭和女子大
●受験時刻:13:00

●「通訳問題」内容
寿司飯は固く炊いたご飯をおひつに移し、軽く酢を振りかけ、直ぐにかきまぜずに5秒程おいてからふんわりとかき混ぜます。

酢と言う単語が出てこなくて、一瞬で判断して日本語で「酢」と言いました。

●「プレゼンテーション3つのテーマ」
神社、合気道、日本の家族

●ご自身の選ばれたテーマ:日本の家族

●ご自身のプレゼンテーションの内容(日本語でも結構です)
日本の家族が海外の家族と何処が違うのかは、明確に分からないような気もします。

日本でよくあるのは、二世帯住宅というのがあります。
おじいさん、おばあさんと、その子供の家族とが1つの家で一緒に住むのですが、玄関を二つ設け、完全に家の中で別れた形で生活するというのがあります。
別れて住みながらも、お互いの事を気にする形で住める事になります。

また、痴呆症等の問題もあり、老人ホームに託すなども今時は多い話です。
ただ、完全に切り離すわけではなく、仕事もあり、面倒をきちんと見られないということもあり、致し方なくそのような形を取っているということです。

私も家族がいて、子供が3人いますが、親は離れて住んでいるので、自分で自宅を購入して私達だけで住んでいます。
また、親自体も独立した考えを持っている場合が多く、子供に面倒を見てもらわなくても良いと考えている人たちが増えてきていると思います。

●Q&Aの内容(日本語でも結構です)
【質問】1.二世帯住宅って玄関が二つあるって言っていたけど、どんな構造なのか等もう少し詳しく教えて下さい。

【答え】一つの家に玄関が二つあり、中で壁がある形でマンションの様に全く別の家という様になっています。

【質問】2.東京の様な大都市で土地がなくて家が小さい所と、土地がたくさんあって家が大きい地方ではその二世帯住宅の割合は違いますか?

【答え】大都市と地方では確かに家の大きさが違ったりしますが、二世帯住宅的には必要性で作るので、特に変わりはないと思います。

【質問】3.貴方の家族は3人子供がいると言ってましたが、何歳ですか?また、家族で海外生活をする等はどう思いますか?

【答え】上から大学生、中学生と小学生です。海外駐在の際に、家族で行きました。子供には大変素晴らしい経験になったと思います。

【質問】4.欧米には、同性婚が認められていたりしますが、日本ではどうですか?

【答え】日本では欧米程同性婚の話はさほどメジャーではない気がしますが、実際にその様な話をメディアが取り上げることもあります。例えば渋谷区では同性婚が認められています。

●受験の様子・ご感想
緊張する事なく対応出来ました。

逐次では、ゆっくり目に読み上げてくれたので、私の課題であったメモ取りもしっかりと取る事が出来ました。
酢が出てこなかったのは非常に悔しかったですが、他はそこそこ出来たので仕方がありません。

三択では、日本の家族を選びながら、何が違うのかがはっきり分からない中、何とか話が出来て、そこそこ話終わった後にも未だ時間があった様なので、自分の家族の話をしました。

日本人の試験官の方が、終始微笑みがあり、うなづいてくれていたので、本当にありがたかったです。
外国人の試験官は、淡々としていて表情も特にありませんでした。
また、話すのが意外に早く普段のスピードでしたが、早いなぁと思いながらも、全て聞き取れていたので良かったです。

プレゼンはしっかり途切れずに話続ける事が出来、質疑にも滑らかに答えられました。
合格率も高いので、まずまず大丈夫だと思います。

●ESDIC講座・セミナー・教材・ESDICメルマガなどに関するご感想
今迄、TOEICや他の国家資格についても独学でしかやった事がなかった中で、
今回は、中学の歴史の教科書を読んでいても範囲が広過ぎて、
何をどうやって勉強したらいいのか途方にくれる中、
またもう一つモチベーションが上がらない中で、
テクニックやら何をどういう風に学習したらいいのかを教えてもらうために、
一次対策の学校に行こうと決意しました。

おかげで、モチベーションはしっかり上がり、
授業を受けた事で何をどう勉強すれば良いのかも分かり、本当に感謝しています。

最初は、合格率が高い事から二次試験を軽くみていましたが、
ここまで来たら、後悔したくないと二次試験の受講も決めました。
やってみると自分の想像と全く違い、レベルの高い内容で、
軽く考えていた自分を恥じながらも、本当に受講して良かったと思いました。

文法、発音や新しい単語を沢山覚える事が出来たのも良かったです。
また、一緒に勉強する仲間に会えたのも幸運でした。

小野さん、永岡先生、小野先生、ロン先生には、感謝の気持ちで一杯です。
本当にありがとうございました。

----------------------------------------------------------------

●受験外国語:英語
●受験会場:TKP品川カンファレンスセンター
●集合時間:受験開始~終了時間:15:30~ 15:55/16:30 ~ 18:15
●受験時刻::17:45頃

●「通訳問題」内容
偕楽園のホームページの内容とほとんど同じでした。
記載いたします。天保13年はなかったと思います。

偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつで、天保13年(1842年)に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました。斉昭は、千波湖に臨む七面山を切り開き、領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと願い、「偕楽園」をつくりました。

●「プレゼンテーション3つのテーマ」
七五三、お伊勢参り、納豆

●ご自身の選ばれたテーマ:七五三

●ご自身のプレゼンテーションの内容(日本語でも結構です)
七五三は子供のお祝いです。
親は、7歳の女の子、5歳の男の子、3歳の女の子、男の子を
神社、大抵地元のに、連れて行き、子供の成長と幸せを願います。
子供は綺麗な晴れ着を着ます。親も着物を着ることも多いです。
大抵父方の祖母が一緒に行きます。
(あとで考えたのですが、それはお宮参りでした。)
子供は神の鶴と亀が描かれた紙の袋を持っています。
中には飴が入っています。鶴と亀は長寿を表します。
私は娘を連れて、明治神宮に行きました。
お祝いをしていただき、伝統的な踊りを見たりして、そのあと皆で会食をしました。
楽しい思い出です。小さい娘が式の間に泣き出したのを覚えています。
というようなことを言ったと思います。
はい、このあたりでと、止められ、Thank you と言って終わりました。

●Q&Aの内容(日本語でも結構です)
Q:七五三はいつ行うのか?
A:11月15日か、そのあたりの週末に行います。
なぜなら、お父さんは大抵平日は仕事をしているので、平日に行うのは難しい。

Q:七五三は高いのか?
A:それほどでもないと思います。何をやってもらうのかによって違います。

Q:着物でないといけないのか?
A:いえ、洋服でももちろんいいです。ただ普段着ではない綺麗な服を着せます。

Q:他に子供のお祝いの日はあるのか?
A:はい、ひなまつりがあります。
女の子のお祭りで、人形を飾って、特別な料理やお菓子を食べます。

Q:七五三は休日か?
A:はい、そうです。(間違えました。)

Q:好きなホリデイはなにか?
A:ひなまつりです。
なぜなら、春の始まりで、私はお花が好きなので、毎年お花を沢山飾るからです。
ひなまつりには桃の花を飾ります。
(ホリデイの意味がNational holidayだとまた間違っていますね。)

他にも何かあったような気がしますが忘れました。

●受験の様子・ご感想
日本人の方は、英語がうまい40代位の女性の方。
全く笑わず淡々としている感じ。
外国人の方は、50代位のヒゲの男性。多分アメリカ人。
最終時間だったので、疲れている感じでした。

通訳問題は簡単な方だったと思いますが、
千波湖、七面山が全く聞き取れず(とても聞きづらかったです)、
適当にごまかしました。
あと、9代shogunとか言ってしまったような気がします。
あとはだいたい訳せたような気がしますが、
きっと皆出来ていらっしゃると思うので、平均が高そうです。

プレゼンテーションは、言いやすい内容のものがあったので(即決でした)、
だいたいスムーズに話せたと思いますが、細かい文法の間違いなどはあったと思います。

質疑応答の英語はまあまあだったと思いますが、
内容的なものが心配です(七五三が休日とか)。

受付時間の15分位前に到着したのですが、ビルの一階で待たされました。
その時に特に並んでくださいという指示もなくなんとなく両サイドに列を作っていました。
入場できる時間になると、片方の列から入れたのですが、
もう片方に長く並んでいた方よりずっとあとに来た方を先に入れていました。
その他、細かいところで、きちんとしていない感じが見られました。

受付をすますとトイレは手をあげて、
5人ずつ位、一緒に連れて行ってもらいました。

落ち着いて思い返してみると色々間違ったことも思い出し、不安ですが、
とりあえず終わってほっとしております。
模擬面接を受講していたので、落ち着いて臨めました。
お世話になり、ありがとうございました。

また、ネットでの合格発表が1月17日と言われました。
2月3日だと 思っていたので驚きました。
最初からそうだったんでしょうか?早くわかるのは嬉しいです。
微妙な感じですが、いい結果であるといいと願っております。
色々ありがとうございました。

●ESDIC講座・セミナー・教材・ESDICメルマガなどに関するご感想
2次セミナーは予習が大変でしたが、とても有意義な時間でした。
皆様とても熱心でよく勉強なさっていると、いつも感心していました。
多分クラスで一番出来の悪い生徒だったと思いますが。。。
刺激になってよかったです。

教材はとても役に立ちました。
小野さまにいつも優しいお言葉をかけていただき励みになりました。
ありがとうございました。

----------------------------------------------------------------

●受験外国語:英語
●受験会場:京都市伏見区深草塚本町67 龍谷大学深草キャンパス2号館
●集合時間:受験開始~終了時間【11:25頃~11:35頃】

10時10分頃、2号館到着。自動販売機でペットボトルのお茶を購入。
2号館前で女性案内担当者に受験会場を確認する。エレベーターで4階へ。
案内に従い受付へ。トイレに行きたい方は先にお願いしますとの事で、
トイレを済まし改めて列に並ぶ。
携帯などは電源を切ってペットボトル以外は鞄等にしまって、
受験票・合格通知書・身分証明書を準備するように説明される。

列が長かったので所定の時間までに終わるのか心配したが、
案外早く終了し、首から名札(11-②)をかけるように指示され、
またその間には二人の顔見知りの受験者と声無しの挨拶を交わした。

大部屋にすぐ案内された。
11-②と表示番号が貼付された席に座る。
10時30分から試験に関する注意事項の説明が始まる。
机上においてあったA4用紙の注意事項を見ながら聞く。

しばらくして、受験番号20番台の人たちが部屋を出て行った。
自分達の番が来て立ち上がるように指示が有り、
部屋を出て3階の部屋に案内され11-②と表示番号が貼付された席に座る。

トイレに行きたい方は、と指示が有り手を挙げ、トイレを済ます。
この間、大部屋でもこの部屋でも参考書等を見るのは自由。
ペットボトルのお茶を飲んでも良い。

時間が来て、試験会場に。
各教室毎にドアの横にパイプ椅子が2つ置いてある。
試験管理担当職員が沢山いる。
受験中なのか2つともあいているので片方に座ったが、
リラックスしようと立ち上がり四股を踏む。

この間3~4分ぐらいでドアが開き、案内された。
右側に30代と思われる女性の日本人と左側に30代と思われる外国人。
住所、氏名、生年月日について聞かれる。I live ・・・, ・・・と答えた。
通訳にあたっての説明。
説明後すぐに始めること、時間は1分です。

試験終了後、別室に案内される。
A4用紙に書かれた「口述試験受験者へのお知らせと注意事項」を見ながら監督担当者の説明を受ける。
予定時間頃にドアが開き、誘導され解散となった。

参考:口述試験のご案内通知は次のとおり。
【受付場所 4階401教室前、受付時間 10:00~10:25

●試験時間:11:00から、解散時間:12:15】
●受験時刻:11時25分頃~11時35分頃

●「通訳問題」内容
鳥居について。
聖域、鳥居の材質は様々、鳥居の由来は止まり木とかなんとかの説がある。

●「プレゼンテーション3つのテーマ」
江戸城、世界遺産、もう一つは忘れました。

●ご自身の選ばれたテーマ: 江戸城

●ご自身のプレゼンテーションの内容(日本語でも結構です)
割愛。

●Q&Aの内容(日本語でも結構です)
Q 江戸城に人は住んでいるのか
A 割愛
Q 今の時期、京都でお勧めの観光地は
A 二条城、金閣寺がお薦め
Q 二条城について
A 割愛
Q 京都、大阪あたりでお薦めのお城は
A 姫路城 後は割愛
Q 城壁も白いのか
A 割愛

●受験の様子・ご感想
いつもの授業での回答通りの内容で、いつも以下の結果でした。
なお、両試験官とも明るくて、分かり易い言葉で対応していただいたと思います。

●ESDIC講座・セミナー・教材・ESDICメルマガなどに関するご感想
試験終了後、小野先生、A男さん、B代さんと4人で試験内容について情報交換しました。
私とB代さんは試験官は異なりますが出題は同じだった。
B代さんは世界遺産についてプレゼンしたらしく、
授業で当たった問題で満足のいく回答ができたようだ。
この後、A男さんと、次にB代さんと別れ、
小野先生と伏見稲荷大社にお参りして別れました。

----------------------------------------------------------------

●受験外国語:英語
●受験会場:昭和女子大
●集合時間:15:30~15:55受付 受験開始16:30~終了時間18:40
●受験時刻:17:35~17:46

「Please come in.」と日本人の30代くらいの女性が迎えに来てくれた。
ノックの必要はなかった。

名前、生年月日、住んでいる場所、今の気分の順番で日本人面接官に聞かれた。

ネイティブは30代くらいの男性。
お二人とも優しくて、ネイティブは試験の前後に笑顔があった。

A4用紙は一枚だけ。
通訳でたくさん使ってしまったので、プレゼンの時は裏返して使った。
ボールペンは3本で、1本だけすぐに使えるようにキャップがとってあった。

●「通訳問題」
偕楽園は水戸にあり、金沢の兼六園、岡山の後楽園とともに日本三大名園の一つです。
9代藩主徳川斉昭が衆と偕(とも)に楽しむ場として造られました。

●「プレゼンテーション3つのテーマ」:納豆、お伊勢参り、七五三

●選んたテーマ:七五三

●プレゼンテーションの内容
七五三は、子供たちの成長を祝う a Shinto ritualです。
7歳の女の子、5歳の男の子、そして3歳の女の子は神社に行きます。
神主にお祓いをしてもらいます。
子供たちは着物などの素敵な衣装を着ます。
子供たちは8歳は8本、5歳は5本、3歳は3本の細長い飴を持ちます。
子供が生まれたときにも神社に行きます。

●Q&Aの内容
・753の数字には意味がありますか?
→753は縁起の良い数です。
奇数は縁起がいいのです。五節句も奇数です。(?という感じだったので)
節句とは季節の節目で1月7日七草、3月3日ひな祭り、5月5日こどもの日、
7月7日七夕などです。

・奇数は縁起がいい数字なのですね。
→はい、(仏壇等には←言わなかった) 奇数の野菜や果物を供えます。

・子供は着物を着るのを楽しみにしていますか?
→はい。特に女の子は。

・着物は高いですよね。購入するのですか?
→はい、私の場合は父が買ってくれました。
母がきれいにしまっておいてくれたので、娘がそれを着ました。

・仏教徒も七五三で神社に行きますか?
→はい。日本人はめでたいことは神社で、葬式は寺で行います。
七五三では神社に行きます。

●受験の様子・ご感想
内容は私にも頑張ればこなせるラッキーな組み合わせで
通訳もゆっくりめに読んでくださいました。
それにもかかわらず、ノートの取り方が下手で主語があいまいになったり、
言われていないことを追加してしまいました。

プレゼンは文法の単純な間違いが多く、内容の稚拙さが反省点です。
でも笑顔とやる気だけは忘れないようにしました。
私が試験官なら気持ちはわかるけどもう1年がんばりましょう、と言います。

●ESDIC講座・セミナー・教材・ESDICメルマガなどに関するご感想
Ron先生、永岡先生、小野さんのきめ細かいご指導やサポートをありがとうございました。
ざるの目が粗いとキャッチできるものが少ないように、
授業では自分の英語力の低さがもどかしかったです。
それでも先生方はそんな私にもわかるように十分説明してくださいました。
一緒に勉強した方々からも刺激を受けました。
有意義な時間でした。ありがとうございました。

----------------------------------------------------------------

ご報告された中に同じパターンがあったのですが、
Q&Aはずいぶん違っていたなという印象です。

●受験外国語:英語
●受験会場:昭和女子大
●集合時刻:9:00
●受験時刻:10:15頃

●通訳問題内容:
日本人は、そばを昔から食べてきました。
長野は、気温も低く、土地もやせていたので蕎麦作りには適していて良い蕎麦がとれます。
西洋ではクレープにして食べられます。

通訳問題は、女性の面接官の方が中心に進める感じでした。
入室したとき笑顔で迎えてくださりありがたかったです。

ただしそれでは読み上げます、早いですよ、
と前置きされたのですが、本当にはやかったです。

●プレゼンのテーマ
盆栽、朱印状、?

●選んだテーマ:盆栽

●内容
盆栽は、鉢で育てたミニチュアの木です。
大宮には、盆栽美術館があります。
枝を切り詰め、根も切り詰めて小さく育てます。
100年たっているものもあり100万円くらいするものもあります。
(金額の単位を間違え、後で訂正するがかなりショック!
まだ終わりの合図がないので)
盆栽には気持ちを落ち着かせる効果があると思います。
正岡子規など文化人にも盆栽は、愛されました。
(文化人とか子規が病床の傍らで楽しんだと言ったつもりだか通じたかはよくわからず。)

●Q&A
こちらはネイティブの方が、中心に質問されました。
Q:100年たっているというか、ほんとうか?

Q:そんなに高い物を買って枯れたら投資した分がなくなってしまうではないか。

Q:育てるのに大切なことは?

Q:気持ちを落ち着かせるってほんとうか?

などでした。
質問されるということは意思の疎通が成立したということだと思いますが、
前向きな意味をこめての質問だったと思いたいです。

●感想
沈黙を作らないということには成功したと思いますが、
英語力、どんな印象を持たれたかなどは、あまり確信がもてません。

どうにかこうにか、この一年、
春と秋の2次セミナーで、試験に向けての勉強を続けてゆくことができたことに感謝しています。
先生がたの真剣さにいつもはげまされてきました。

去年に続けて今年受けた印象は、試験ではあるが、
オーディションのようでもあるなというものでした。

----------------------------------------------------------------

●受験外国語:英語
●受験会場:昭和女子大学
●集合時間:9次集合、10時開始~11時解散
●受験時刻:10時25分

●「通訳問題」内容
日本には川がたくさんありますが、その川が流れ込むところには干潟があり、海苔の養殖や漁業などが行われています。
都市の臨海部では工場や下水処理場の用地を確保するために、近年は埋め立てられ干潟は少なくなってきました。

●「プレゼンテーション3つのテーマ」
下駄
おばんざい料理
日本の免税制度

●ご自身の選ばれたテーマ:下駄

●ご自身のプレゼンテーションの内容(日本語でも結構です)
下駄は、木製のサンダル(Clogs)です。
日本では、昔からよく履かれてきました。伝統的な履物です。
近年では、夏場の花火大会やお祭りに浴衣(綿の着物)と
下駄を履いてデートをすることが若い人たちの間で人気があります。
そのような場所は、夏のデートスポットとして人気があります。
また、変わった下駄として京都の舞妓(見習いの芸妓)が履いている下駄があります。
ものすごく背の高い下駄でおこぼと呼ばれています。
京都の祇園に行くことがあれば舞妓さんを探して足元を見てください。
きっと、その高さに驚くと思います。

●Q&Aの内容(日本語でも結構です)
下駄は履くのが気持ち良いですか?
ー>場合によります。
鼻緒(thong)が硬いうちは痛みを感じますが、慣れてくれば気持ちいいいものです。

下駄は素足で履きますか?
ー>夏場は素足(bare foot)ですが冬場は足袋(Socks)を履きます。

色は一色ですが?
ー>大体は木の自然な色ですが、黒い下駄などもあります。

それには意味がありますか?
ー>いいえ、ファッションです。

下駄は幾らくらいですか?
ー>2000〜3000円くらいです。(もう少し高かったかもしれません?)

どこに行ったら買えますか?
ー>一番簡単な場所は、浅草の仲見世(lane)です。
ここには、たくさんのお土産物屋があり、日本の着物やお土産になるようなものがたくさん売られています。
そのには下駄の店もありますのでそこで買えます。

●受験の様子・ご感想
通訳問題では、「干潟」と「埋め立て」の単語がわからず、
苦戦してなんとか言い換えで誤魔化そうとしました。
Shallow water areaとかfill soil into the seaとか言った気がします。

プレゼンでは少し早口が過ぎて短かったかもしれませんが、
情報としてはまあまあの量は伝えられたかと思います。

試験官の方(20代の若い女性と30代のカジュアルな男性の2名)が非常にフレンドリーで話しやすかったです。

質は高くなかったと反省していますが、
一応話を間違えずに完結できたことは良かったかなと思います。

下駄を選んだのはその他の2つが全く知識がなかったのと、
Clogsの単語が思いついたので迷わず決めました。
ギリギリで合格できればいいなと思います。

●ESDIC講座・セミナー・教材・ESDICメルマガなどに関するご感想
色々とお世話になりました。
繰り返しの練習で場慣れできたことがなんとかなった原因だと思います。
ありがとうございました。

----------------------------------------------------------------

●英語
●TKP品川カンファレンスセンター
●集合14:30
●受験時刻15:40くらいかな? 2巡目でした。
●解散17:00

まず受付して名札をいただき大きな待合室へ。
そこからグループごとに小さな待合室へ。
さらに小さいグループごとに試験室前に案内されます。

そこで各人試験室前の椅子に座って試験官から呼ばれるのを待ちます。

しかし! 私は椅子に座ろうとした瞬間、日本人試験官がドアを開けてPlease come in!
ええっ〜〜!!!っていう感じで深呼吸も心の準備も出来ないまま部屋の中へ。

テーブルは無く、3つ並んだ椅子の一番手前の椅子に荷物を置くようにと。

Good afternoon , nice to meet you.( 私)

Have a seat ,please.
It's a fine day, isn't it?

Yah! I want to go shopping or somewhere! Anyway after this!

Are you fine?

Yes ! But, a little nervous.

というやり取りがありました。

次に日本人試験官から氏名生年月日住んでる場所を英語で質問されました。

次にネイティヴ試験官から趣味は何か?と。
美術が好きで美術館によく行きます。
どこの美術館?
おお、これは世界遺産繋がりで西洋美術館だと思い答えました。
すると日本人試験官、Western がちょっとお気に召さない様子だったので
もちろん日本美術も好きで、東博にもよく行きます。とフォロー、汗!

歌も習ってます。
どんな?
ジャズです。
スタンダードジャスが好きなんです。 それに英語のいい練習になるので。

以上の趣味の話題でちょっと時間をとり、その間にリラックスしてきました。

●通訳問題:日本橋
日本橋には高速道路がかぶさるように走っています。
この高速道路は1964年のオリンピックの時につくられました。
日本橋側では今でも主要な高速道路です。(内容定かではありません)

日本橋側ではというところを試験官の方が強調されて読まれたのでここは外せないと思ったのを
記憶しています。

●プレゼン問題
七夕、初詣、あともう一つ忘れました。

●初詣をチョイス。
初詣を説明。 今年の正月はこの試験のことお願いしましたとも。
次に有名な明治神宮について。
鳥居、明治天皇昭憲皇后を祀っている、
Iris Garden がとても美しい、昭憲 皇后が大好きなお花だったこと、
初詣には300万人以上が参拝する人気の神社であること。

さらに、原宿に近いので日本の他の面も楽しんでいただけます。
竹下通りで今の日本を。 表参道も楽しいです。
そうそう竹下通りにお土産買うのにとてもいい大きな100円ショプがあります。
と言ったところで
そろそろ2分です、と日本人試験官からストップが。

ネイティヴ試験官からのみ質問。
神社でお参りする前にすることは?
柄杓の英語が出てこなくてジェスチャーで示しながらお清めの方法を伝えました。

神社でのお祈りの仕方は?
こちらもジェスチャーを交えて説明。

300万人も来るんじゃ、混んでるでしょ?
何か他にいい方法ない?

神社はたくさんあるから、あなたのホテルのお近くにもlocal shrine があるはず。
見つかりますよ。 そこなら混んでないです。
私も自分の最寄り駅近くの神社に行きましたと伝えました。

僕はクリスチャンなんだけどお参りしてもいいの?

もちろん、誰でも大丈夫ですよと伝えました。

ネイティヴ試験官は男性、日本人試験官は女性。
お二人ともとても感じのよい方でした。

質問タイムが思ったより短く感じました。
始めの部分で時間をとってしまったのかも。

過ぎてしまえばあっという間の10分間。
とりあえずsmile!smile!smile!だけは、と心がけて臨みました。

●2次セミナーでは、毎回内容の濃い授業で予習に追われ復習までなかなか時間が取れませんでした。
コンテンツを自分のものにするには復習が大切だと痛感しています。
これからは計画的な学習を心がけて時間を有効に大切にして学び続けていきたいと思います。

----------------------------------------------------------------

●受験外国語:英語
●受験会場:TKP品川
●集合時間:受験開始14時~終了時間15時
●受験時刻:私はトップバッターで14時から10分間

●「通訳問題」内容:
富山平野は戦前、米の裏作としてチューリップの球根を栽培した。
国内海外に出荷している。毎年4-5月に富山県礪波市でチューリップフェスが行われる・
700種類3万本のチューリップが咲き乱れる。

●「プレゼンテーション3つのテーマ」:天皇制、高野山、日本の国立公園

●ご自身の選ばれたテーマ:高野山

●ご自身のプレゼンテーションの内容(日本語でも結構です)
高野山は和歌山県に有ります。
高野山には真言宗の金剛峰寺があります。
金剛峰寺は空海が建てました。
そこでは般若心経を言ったり、滝に打たれたり修行をします。
高野山には企業の墓や有名人の墓があります。

●Q&Aの内容(日本語でも結構です):
高野山に行った事ありますか?
空海は誰ですか?
なぜ企業の墓があるのですか?

●受験の様子・ご感想:
外国人(50代男性の西洋人)と日本人の試験官でした。
日本人の方は非常にゆっくりとした話し方で全て書き取れましたが、
球根と裏作の単語が分からず頭が真っ白になり緊張してガタガタでした。

あとから考えると、球根はseeds、
裏作はAfter getting riceで適当に話せばよかったなと思いました。

あと、時間を稼ぐために高野豆腐や精進料理の話をすべきでした。
経験不足が露呈しました。

●ESDIC講座・セミナー・教材・ESDICメルマガなどに関するご感想
お世話になりました。
やはり慣れるためにも日頃から話す環境が必要ですね。

----------------------------------------------------------------

●受験外国語:英語
●受験会場:品川TKビル
●集合時間:13時から13時25分、試験終了時間は15時半
●受験時刻:15時頃

●「通訳問題」
山梨県はブドウの栽培で有名なところで、快適な天候が多く、四方が山に囲まれ盆地になっており、夏は暑く冬は寒く、おいしい水があり、これら全ての条件が栽培に適している。

●「プレゼンテーション3つのテーマ」:お盆、ほか2つは思い出せず。

●ご自身の選ばれたテーマ:お盆

●ご自身のプレゼンテーションの内容(日本語でも結構です)
8月13日ー15日の週に、先祖の霊を供養するために行われる。
家族が集まり、仏壇に花、食べ物などを供えて拝む。
お墓まいりをしたり、川で送り火をするところもある。
アメリカンのハロウィーンも先祖の霊を向かい入れ、供養するのもこれに似ている。

●Q&Aの内容(日本語でも結構です)
ハロウィーンは怖い装いをするが、どういった点がにているのか?
ーたしかにお盆にはそのような怖そうな装いはしない点は違うが、
悪霊を追い払い、先祖の霊を向かい入れて、供養する風習は同じである。

供えるお花はどんな種類でもよいのか、決められたものを供えるのか? 
ー菊などの花を使い、別の用途のカーネーションのような花は使わない。

供える食べ物はどんな種類のものか? 
ー料理したものではなく、フルーツや乾燥した干菓子など、お盆の間だけ持つものを供える。

お盆の時期にその他、行うようなことはあるか? 
ー離れている家族がこの時期は帰郷して再会することになり、アメリカの感謝祭に家族全員が揃う行事に似ている。

●受験の様子・ご感想
受付から試験室に入るまで2時間ほど待つことになり、
待ちくたびれましたが、試験室に入る前に気持ちをリセットし、
観光案内ができる、通訳とプレゼン時間が10分も与えられるのは、
嬉しいことであると思い、嬉しさを感じながら挨拶をし、
通訳をし、プレゼンをし、受け答えを行うということで、
10分を楽しむという気持ちでのぞみました。

----------------------------------------------------------------

●受験外国語:英語
●受験会場:龍谷大学
●集合時間:15:30~15:55
●受験時刻:16:30~17:30

●「通訳問題」:偕楽園
偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつで、1842年に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園されました。
斉昭は、千波湖に臨む七面山を切り開き、領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと願い、「偕楽園」をつくりました。

●「プレゼンテーション3つのテーマ」
七五三、納豆、お伊勢参り

●選んだテーマ: 七五三

●プレゼンテーションの内容(日本語でも結構です)
七五三は、子供のためのお祝いです。
11月15日かそのあたりの週末に、
両親は7歳の女児、5歳の男児、3歳の男児と女児を神社に連れて行きます。
子供達が健康に育った事を感謝し、
彼らの成長と健康を祈るためです。
子供達は、日本の伝統的な衣装を着ます。
神主の祈祷を受けた後、両親は子供達の写真を撮り、千歳飴を買い与えます。
千歳飴は亀と鶴の絵が描かれた長い紙袋に入っています。
亀と鶴は、長生き(という意味)を表しています。
千歳飴は、1,000年キャンディという意味です。
両親は、子供達が長生きできる様に、千歳飴を買い与えます。

ここで言葉に詰まり、この先が出て来ず、終了してしまいました。

●Q&Aの内容(日本語でも結構です)

Q:大徳寺を知っていますか?大徳寺について、何か話して下さい。
A: 何年か前に行った事があります。大仙院に行きました。
有名な枯山水庭園があります。(rock garden またはdry landscape gardenと説明しました。)

Q: 龍安寺はどうですか?
A:小学生だった頃に行った事があります。修学旅行で行きました。

Q: 京都で何か変わった経験が出来るところはありますか?
A:詳しい事はよく知らないのですが、「サムライ剣舞シアター」というところがあり、お薦めです。
刀を使った踊りを見る事が出来ます。

Q:岐阜に住んでいるという事ですが、何かお薦めはありますか?
A:夏に長良川で鵜飼が開かれます。お薦めです。

Q:(鵜飼で)トリックまがいの事をされて、
鳥が可哀想だと思った事はありませんか?

** 鵜が、飲み込んだ鮎を取り上げられてしまう事を
言っているのだと思いました。

A: 最初は可哀想だと思いましたが、鵜はケアされていて、
餌も貰っています。

Q:日本の映画か本でお薦めの物はありますか?
A:『姫神の来歴』という本がお薦めです。
女の神様の歴史について書かれている本ですが、他の本とはちょっと違います。

Q: 著者は誰ですか?
A:著者の名前を覚えていませんが、姓は『高山』です。
英語版があるかどうかは分かりませんが、
古事記や日本書紀に関心がお有りでしたら、お薦めです。

** 直ぐに思い浮かばず、咄嗟に試験の帰り道に読もうと思い、
持参していた本の題名を言ってしまいました。

●受験の様子・感想
逐次通訳は、後半部分の『千波湖に臨む』が言えず、
『七面山』を開発したというだけの可笑しな表現になってしまいました。
庶民と楽しむために~以降の部分は、シェアするためにで片付けてしまいました。
言葉があやふやだったり、文法がなっていなかったりでしたが、
前半部分は、何とか意味を伝えられたかと思います。

プレゼンは、偶然、直前にESDIC様のテキストでチェックしておりましたので、
迷わずに七五三を選びました。
プレゼンも質疑応答も、日本語にするとまともに答えてる様に思われますが、
実際は、言い間違えたり、つかえたり、文法的に??だったりでした。
それでも、頷いていただいたりしておりましたので、
一応コミュニケーションは取れたのではと自分を慰めております。

なお、今年はWEB上での合格発表が、1月17日(火)だそうです。

●ESDIC講座・セミナー・教材・ESDICメルマガなどに関する感想
2次セミナーテキスト、日本事象280を購入させていただき、本当に心強く思いました。
プレゼンのお題で七五三を目にした時、
思わず、『やった~~!!』と心の中で叫びました。
本当に、テキストに助けられました。有難うございました。

突然思い立ち、4月の中頃から勉強を始めたため、
来年の合格を目標にしておりました。
TOEICすら受験した事がない者ではありますが、それなりに頑張ったつもりでおります。
天命を待ちたいと存じます。

本当に有難うございました。

-------------------------------------------------------------------------------
<ESDICメルマガ(無料)ご案内>
※ESDICメルマガでは、受講生・関係者向けに、最新&重要&有益な受験対策情報をお届けしております。
ブログとは、部分的に内容が違っておりますので、是非、こちらもご利用ください。
→ESDICメルマガお申込みはこちら!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年2次問題(暫定版... | トップ | 2017年度1次・2次対策... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。