自炊代行・電子書籍化のeスキャン

自分の本棚を気軽に持ち歩けます。本に占拠されていたスペースも有効利用!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

現在予定納品日は荷受確認後7営業日です。

2016-12-19 15:57:20 | 業務連絡

現在予定納品日は荷受確認後7営業日です。

100冊以内の標準的納期です。

  

 

 

自炊代行・電子書籍化・本の電子化ならeスキャンにおまかせ下さい


この記事をはてなブックマークに追加

年末年始の休業は12月28日(水)~1月4日(水)です。

2016-12-15 07:59:23 | 業務連絡

年末年始の休業は12月28日(水)~1月4日(水)です。


この記事をはてなブックマークに追加

はじめての自炊  iphoneで自炊データを読む方法part2

2016-06-17 22:26:33 | はじめての自炊

みなさん、こんにちはeスキャンです。

はじめての自炊4回目はiphoneで自炊データを読む方法part2です。

といっても今回は前回の中で出てきたiphoneの定番リーダーアプリ

のi文庫sの紹介です。

店長もPDFのコミックを読むときに使っています。

i文庫sはipadアプリの名作アプリi文庫HDのiphone版って感じですかね。

これもAndroidで自炊データを読む方法の時に出てきたSideBooksと

同様ページめくり感が軽くて使いやすいです。

じゃあSideBooksでもいいんじゃないかという声もありますよね。

そうなんですよ!

そうなんですけど、SideBooksにはちょっと欠点がありまして....
(SideBooksユーザーの方スミマセン...)

SideBooksはページをめくった直後にちょっと固まるんです。

比べるとわかる程度なんですがi文庫sの方が早いんですよ。

そういうわけで店長1押しコミックビューワーはi文庫sなんです。

これも残念ながら無料ではありません。

iTunes で250円です。

ファイル形式はtxt .pdf .zip .rar (中身は.txt および .jpg/.png ファイル)

で自炊データのダウンロードは店長得意のDropbox対応です。

やっぱり老舗アプリの実力は伊達じゃないぜ!って感じです。

では、また。


 

自炊代行・電子書籍化・本の電子化ならeスキャンにおまかせ下さい


この記事をはてなブックマークに追加

はじめての自炊  iphoneで自炊データを読む方法

2016-06-16 12:28:01 | はじめての自炊

みなさん、こんにちはeスキャンです。

はじめての自炊3回目はiphoneで自炊データを読む方法です。

まず今回もアプリの紹介から行きますね。

eスキャンおすすめアプリはズバリ「bREADARRE-青空文庫」です。

残念ながら無料では無いんです。

iTunesで480円です。

でも、その値段以上の価値が間違えなくあります。

スマホのリーダーアプリでは最強です。

このアプリのすごさって自炊データなのに電子書籍みたいに

画像の中の文字を解析して行変え、文字の大きさもピンチイン/

ピンチアウトで自在に変更してリアルタイムで行変えを自動で

変更してくれるんですよ。

どういうことかと言うと

こんな感じです。↓

  


http://satoko-kimura.com/blog/2012/02/11/breader/引用


ね、すごくないですか?

自炊データで電子書籍データみたいにできるんですよ。

この機能は店長が知る限りこのアプリの他にはありません。

もう、店長は惚れました。


でも、単純に自炊データを読むだけでは自動配列は出来ないんですよ。

まず、今回もファイル形式はJPEGのZIPファイルを用意します。

そして、このツール

 bREADER 用おまけツール

このツールはbREADERの作者様がご自身のサイトから

無料でダウンロードできます。

名前は「brc」


ダウンロードしたファイルを解凍すると

brcというアプリケーションのアイコンがあります。

そこに自炊小説のJPEGのZIPファイルをドラッグすると

黒い画面が出てきて解析します。

たったこれだけです。

これで自動配列、文字サイズ調整のついた自炊データができました。

本当にこのbREADERの作者様って天才ですね。


bREADERはPDFやTEXTなんかも読めます。

ただ一つ、店長的には使いづらいところがあって、

ファイルの取り込みがめんどくさいんですよ。

特にPDF形式は....

JPEGのZIPファイルはDropboxからダウンロードすると

Dropboxでは直接読めないため、使用するアプリを聞いて来るんです。

そこで、bREADERを選択すると簡単にダウンロードできるんですけど

くわしくはこちら→木村聡子のだらだらぶろぐ

PDFだとDropboxが読めてしまうのでこういう操作ができないんです。

直接パソコンと繋げばいいんでしょうけど...

なので、店長はリーダーを使い分けています。

活字の自炊データはJPEGのZIPファイルでbREADERで

コミックはJPEGにしてi文庫sという感じです。

誰かうまい方法があったら教えてくださいね。

では、また。

 

自炊代行・電子書籍化・本の電子化ならeスキャンにおまかせ下さい


この記事をはてなブックマークに追加

はじめての自炊  Androidのスマホで自炊データを読む方法Part2

2016-06-13 12:08:14 | はじめての自炊

 

みなさん、こんにちは、eスキャンです。

今回は前回の続きでAndroidスマホで小説等の活字の本

を読むと字が小さいし、ズームにすると文が読みづらく

なっちゃうけど、どうしましょう?篇です。

要はこういうことです。字が小さい↓

 

ズームにすると文章がわからない↓

 

  

どうですか? とってもストレスですよねぇ?

でもこれって、どうしようもないんですよねえ。

要はスキャンした書籍って所詮画像なんですよ。

だから機種の大きさが元の書籍の大きさとバランスが

合わないことで起こる現象なんですね。

テキストデータの書籍ならば、フォントサイズを変更

してレイアウトも読みやすく調整出来るんですけど

画像じゃ調整出来ないんですよ。

困っちゃいますよね....。


でも、安心してください!(古ッ)


そんなときはこのツールを使えばいいんです。

その名は

「MeTilTran」

このツールは、まるでテキストデータのフォントを変更する

ように文字の大きさを変更し、 行替えの位置まで自動で直

してレイアウトを作り直してくれるツールなんです。

 

しかーし!

eスキャン的には問題があるんです....

それは....何とこのツールJPEG対応なんです。

ってことは...eスキャンじゃやってないじゃん!ってことなんですけど

こちらも安心してください!

申し込みフォームの備考欄にJPEGでって書いていただければ対応しますので

よろしくお願いいたします。

ちなみにJPEGの場合1ページ1ファイルになってしまうためZIPまたはRAR形式

に圧縮してひとつのファイルにします。(一般的にはZIPですが)

この処理をしておかないと一つの本にはなりませんので

気を付けてくださいね。

もっともeスキャンではJPEGでの納品はZIPファイルで納品しますので

ご安心ください。

 

 さて、話は戻ります。

「MeTilTran」の使いかたなんですが

使いかたはわかりやすいブログがあったので

そっちを参考にしてくださいね。

 木村聡子の自炊レシピ

 


「MeTilTran」で処理したあと、このままJPEGのZIPファイル

でも、前の記事で紹介したSideBooksでは読めます。

文字のレイアウトはすでに処理されているのでこのまま

でも十分よめるのですが、ここで一手間かけると更に

読みやすくなります。


どういう一手間かというと連番画像を指定サイズにリサイズし、

画像だけの電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)と

して出力する作業です。

簡単にいうと自分の持ってる機種の解像度(画面の大きさ)に

合わせて指定のファイルに変換する作業です。

店長はこの段階でPDFにします。

電子データをJPEGのZIPファイルにするかPDFにするかの議論は

別記事でお話ししますので、ここでは割愛しますね。

で、この処理をするすごいツールの名前は

「ChainLP」

「MeTilTran」と同じ作者様のツールです。


で、くわしい解説はこのページ↓

木村聡子の自炊レシピ

自分の機種の解像度はこちら↓

スマートフォン比較表 

これでAndroidのスマホで小説をストレスなく読めるように

なりました。

こんな感じ↓

とはいうもののスマホのの画面サイズって小さいですよね。

コミックとか小説ならいいけど、図や表が多い技術書や専門書とか

はやっぱり無理があるかなあなんて、思うんです

店長としては、読む本とシチュエーションよって機種を使い

分ける方法が一番いいんじゃないかなと思います。

例えば電車の中だったらスマホでコミックや小説をよんで、専門書や

技術書はipad等の液晶タブレットで持ち運んで、家ではKindle Paperwhite

で楽しむみたいな感じで考えたらいいんじゃないかと。

そう考えたら楽しくなってきませんか?

まあ、いずれにしても一時期よりは増えましたけど、新刊の電子書籍化が

まだ足りないですよね。

それまでは自炊して自分の読書環境を整えなくちゃならないです。

まだまだ、eスキャンの仕事はありそうですね(笑)


次回はiphoneで自炊データを読む方法です。

では、また。

 

自炊代行・電子書籍化・本の電子化ならeスキャンにおまかせ下さい

 


この記事をはてなブックマークに追加

はじめての自炊  Androidのスマホで自炊データを読む方法

2016-06-10 15:39:59 | はじめての自炊

みなさんこんにちはeスキャンです。

eスキャンではお客様の書籍を裁断、スキャンして、

電子データに変換するというサービスを行っているのですが、

そもそも、そのデータをどうやって読むのか、よくわからない

方もいらっしゃるかもしれません。

eスキャンもホームページで書籍をデータ化するとスマホで

本が読めるし、重い教科書や専門書を持ち歩かなくて済むし

部屋も広くなる....なあーんて言ってますけど、実際にどう

やって読むのかわからなければ電子化する意味ありませんよねえ?

そこでeスキャンでは、このブログで実際にデータを読む方法を

紹介していこうと思います。

第1回目はOSがAndroidのスマホで電子データを読む方法です。

まずはアプリが必要です。

eスキャンおすすめのアプリは「sideBooks」です。

元はiphoneアプリで今でも人気があるんですけどAndroid版も出ています。

これねえ店長も実際使ってみたんですけどページめくりが

まるで紙をめくっているようで非常に軽い感じでとっても

使いやすいんですよ。

しかも無料です。

ファイル形式もPDF,ZIP,CBZ,RAR,CBR形式に対応していて

互換性もあって店長一押しです。

インストールはplayストアから検索をかけてインストールできます。

 

インストールをしたら今度はデータをスマホに本を取り込みます。

アプリを開くと本の取り込み方法が表示されるんですけど

方法は3種類あります。

1つめはブラウザーとかメールに添付するとかしてスマホに転送して、

そのファイルをクリックするとどのアプリで開くか聞いてくるので

リストの中から「sideBooks」を選ぶ方法です。


2つ目は直接sideBooksのホームフォルダにファイルを転送する方法です。

フォルダは「/sttorage/emulated/0/Android/data/jp.co.tokyo_ip.sideBooks

/files/sideBooks」です。

ファイル管理アプリかUSBにつなげてパソコンから直接転送をします。


3つ目はDropboxから転送する方法です。

これが店長一押しのやり方ですね。

準備がいるんですけど、ただパソコンとスマホにDropboxのアプリをインストール

して(パソコンは検索エンジンでスマホはplayストアから検索すればありますよ)

データを共有するだけです。

やり方は先ずパソコンでアカウントをつくりファイルを保存し、次にスマホで

パソコンでつくったアカウントにIDとパスワードでログインすれば同期化され

ファイルをダウンロードすることが出来ます。

とっても簡単なので是非試してください。


これでとりあえずコミックも文庫本もよめるようになりました。

あとくわしい使いかたは「sideBooks」の本棚にマニュアルがあるので読んでみてください。

ただねえ...コミックはいいんだけど、活字の本は画面が小さくて読みづらいかなあ?

でも、安心してください。(古ッ!)

そんなときはいい方法があるんですよ。

でも、長くなるので次回にしますね。

では、また。

 

 

自炊代行・電子書籍化・本の電子化ならeスキャンにおまかせ下さい


この記事をはてなブックマークに追加

eスキャン ブログ開設

2016-05-09 02:37:12 | 日記

GWは如何お過ごしでしたか?

私は気が付いたら、GWが終わっていました(笑)

さて、現在eスキャンでは、ホームページを検討しているのですが、先行してブログを開設する事になりました。

ブログを通して、より多くの皆様に、eスキャンを知って欲しいと言う思いから、開設に至りました。

納品期日や、キャンペーン、何気ない日常などを書いて行こうと思っております。

 

自炊代行・電子書籍化・本の電子化ならeスキャンにおまかせ下さい


この記事をはてなブックマークに追加