餌金日記

金魚と川魚飼いの日常です、

トリストリストリス

2017-06-30 23:10:34 | アート・文化

「柳原良平 アンクル船長の夢」に行って来ました。

最近はまた見るようになりました。「アンクルトリス」の生みの親です。ウイスキーのCMでしか知らなかったけど、船の本を見るようになったら船のコーナーにこの方のイラストが結構ありました。もうさいっしょから船好きだったのね。中学生で手書き機関誌を作り、高校では「船舶同好会」を立ち上げています。洋画家石川路滋彦の船の絵に憧れて京都市立美術大学へ。三和銀行の広報誌のデザインのアルバイトをします。そこから上司である山崎隆夫が寿屋(現サントリーホールディングス)に誘いを受けたので同時に入社。アンクルトリスがCMを卒業してからどんどん船の絵がまた増えて行きます。

リアルなスケッチや油絵があるかと思えば、デザイン的な可愛い船も。設計図のような線から切り紙の船、クレヨンのようなリトグラフも。川西英さんのような絵が可愛かった。リトグラフが尾道の工房で作られていたので尾道に個人美術館「アンクル船長の夢」を開館、2009年に閉館。作品は大阪市立海洋博物館「なにわの海の時空館」へ。それを見てあちゃー。2013年に閉館しています。一部資料は大阪市立中央図書館へ移管しているそうです。

最近の作品もあったのでまだお元気なのかなと思ったら2015年に亡くなられていました。個人美術館言っておけばよかった。なにわの時空館に行っていただけはよしとしよう。ここまで船好きってすごいです。ここまでの情熱はなかなか持てません。

夏越の祓えです。水無月を食べました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トマトは子供が多い | トップ | ドタバタアクション »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アート・文化」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。