餌金日記

金魚と川魚飼いの日常です、

見た途端本物は甘い

2017-08-21 23:39:13 | 本と雑誌

門井慶喜「天才たちの値段」読了。

新刊でこの方の本があって面白そうと思ったら第3作らしい。じゃあ前の2冊を買おうと思ったらない。どこの本屋にもない。どうなっているの出版界。シリーズなら前のも残しておいてよ。で、図書館で第1作を見つけました。天才美術探偵神永美有。地下室に秘蔵されていたボッティチェッリの「秋」本物か?直感型の天才です。

門井さんの小説は初めてになるのかな。「ぼくらの近代建築デラックス!」の解説担当の方です。茶々担当は万城目学さん。なるほど色々調べられているのね。ちょっとずつ読んでいきましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いかに歴史が暗黒か | トップ | 平たいのもありかと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本と雑誌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。