餌金日記

金魚と川魚飼いの日常です、

ダダな名前の洋食店

2017-05-19 23:59:13 | 日記・エッセイ・コラム

ホテルの1階かな、通りがかりに高級そうな洋食店を見つけました。おしゃれな感じです。「洋食デュシャン」うーん。美術家のマルセル・デュシャンからとっているのかな。それまで作品は作るものだった常識を変え、既製品を作品にしたという画期的な人です。前衛的で尖っていてかっこいいと言えばかっこいい名前ですが・・・。

美術館によく行く友人に話してみました。「おしゃれな高級洋食店があったんだけど名前が『洋食デュシャン』だった」「それはまた微妙な」うーん、やっぱりそう思うよね。デュシャンと言って思い浮かべるのが「泉」という作品なのです。これが食べ物屋さんにはあまりふさわしくない物で。まあつながっているといえばつながっているか。それ以降その前を通るたびに行くべきかどうか迷います。まあ高いので行けないのですが。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ショックはショック | トップ | 時代の美、摩耗の美 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事