餌金日記

金魚と川魚飼いの日常です、

源五郎丸や勅使河原

2017-04-19 23:13:10 | 本と雑誌

折原一「天井裏の散歩者」読了。

話が入れ子細工になっていて、どれが小説でどれが現実かわからなくなります。まさに新本格って感じですが、新本格をディスっているような表現もあり笑ってしまいます。新人賞の下読みの人がマニアックなタイトルに辟易し、タイトルだけで読まずに捨てていました。薔薇の密室、赤蛇御殿の怪事件、三重螺旋密室…なんじゃそりゃ見てみたい。ペンネームがキラキラ系の人も捨てていました。暴走族系かな。何となく気持ちはわかります。三文字四文字名字とか画数多い漢字とか付けてみたいよね(そっちか)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二人なら空も飛べる | トップ | パイもチェリーも+ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。