餌金日記

金魚と川魚飼いの日常です、

いち早く気がついて

2017-07-23 22:15:03 | アート・文化

梅田で友人と夕飯を食べました。カウンターで隣には女性二人男性二人のグループが。久々会った同級生で一人はわかりませんでしたが、一人は大阪、一人は東京、一人は名古屋で今から新大阪まで行って新幹線に乗るようでした。今から最終って間に合うのかとぼんやりとは思いました。そのグループが出た後、しばらくして私達も出ました。するとお店の人から聞かれました。「スーツケース忘れておられませんか」「いえ、違います」そこでハッ、さっきの人達だ。JR乗る前に思い出してくれればいいのだけど。

「ボイマンス美術館所蔵ブリューゲル『バベルの塔』展 16世紀ネーデルランドの至宝-ボスを超えて-」を見て来ました。500年前の絵とは思えない綺麗な発色でした。細かい細かい。じっくり見たいのだけど人がいるし柵で近づけないし。あきらめて飛ばし気味に見ました。また画集でも見よう(何のため来たの?)。ボスの後ボス風が大流行。ブリューゲルもその一人ですが、バベルの塔でボスを超えました。以前の聖書にも挿絵はあったのですが巨大感が全然なかったです。これはヘーベルハウス?ってくらい小振り。天に届く巨大感を描いたのはブリューゲルが最初でしょう。目の保養でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏休みが始まったぞ | トップ | 本業コンサルタント »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アート・文化」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。