餌金日記

金魚と川魚飼いの日常です、

プチャーチンが来た

2017-09-22 22:31:03 | アート・文化

「神戸開港150年記念特別展 開国への潮流 開国前夜の兵庫と神戸」を見て来ました。

幕末好きな人は多いです。歴史はそんなに嫌いではないとは思うのですが、幕末はワチャワチャしていて苦手。今回は点数はそう多くないかもしれませんが地図や資料や説明書きが多く、見るのにすごく時間がかかりました。だいたい神戸開港150年を見て「え、1000年くらい立っているんっじゃないの?」と思った人なので(2016.1.9参照)。

ペリーが来て開国をし、通商条約によって函館、横浜、新潟、神戸、長崎で開港することがになったのですが、神戸は京都に近いと言うことで朝廷の大反対で開港が5年遅れたと。国際港になったのが150年ね(ちょっと違うか)。ペリーが有名だけど、大阪湾にロシアも来ていたとか。世界地図のコレクションがあったのですが、日本の形がだんだんはっきりして来ます。最初はただの楕円形でした。大航海時代の秘境だったのかな。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飛ぶ鳥のロボットを | トップ | 未曾有の好景気来る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アート・文化」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。