フリースタイル

気ままに

大井川鉄道の旅

2017-05-17 | 日記

春のハイキングで大井川鉄道に乗った

 5月16日 パソコンクラブのアウトドア部の主催で恒例の春のハイキングに参加した。今回は蓬莱橋と大井川鉄道のSLに乗るという企画だったので以前から楽しみにしていた。観光バスでのメンバーは8割が女性、2割が男性だった。ハイミセスとシルバーグレイのメンバーだったが、皆さんすこぶる元気! 中には百名山を制覇したらしいつわ者もいたという。私は今回バス旅行であまり歩かない行程なので参加した。

 

 バスに乗車して3時間で静岡県島田市大井川の「蓬莱橋」に着いた。

春の心地よい風が頬を撫でてくれる。この橋は明治12年完成したが、昭和40年に橋脚だけはコンクリートに代えたそうである。平成9年には世界一長い木造歩道橋としてギネスブックに認定されたと聞く。ここをゆっくりと往復で景色を楽しんだ。上の方から見た様子も載せておこう。

 

 次は新金谷駅からSLに乗車だ。その前に「転車台」を初めて見た。

これでSLをUターンさせる。なかなかにいい考えだナ~。

さて本番の乗車である。直角の座席に、埃かすすのようなにおいが漂う。決していい匂いではないが懐かしい。子供のころ中央線の汽車で、木の薄皮でできた四角箱のアイスクリームを父母と食べたことを思い出した。今回は茶飯弁当を食べた。窓を開けていると、風と煙でむせる。トンネルも多く外の景色を楽しむことがいまいちだった。・・・どうやら私は「乗り鉄」じゃなく「撮り鉄」の方が姓に合いそうだ。   

 

                  

  一度は乗ってみたかった大井川鉄道のSLに乗車し、写真も撮れて満足した。帰りは焼津の魚センターでとばといくらを買って、早速日本酒のあてにした。旅の疲れなんぞ、「三千盛り」とこの酒の宛で吹っ飛んだいい日であった。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Creators Updateに向けての準備 | トップ | パソコンは難しい »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事