広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

消費者のライフスタイルの変化に伴い

2017-07-13 16:22:50 | 日記

 http://dream-share.jp/users/profile/582 http://pepakura.info/userinfo.php?uid=1731冷蔵庫が大容量化している。家電メーカー各社は10年前の平均水準と比べて容量を100リットル以上増やし、500リットルや600リットルの製品を相次いで投入している。背景には、共働き所帯の増加に伴い、週末にまとめ買いを行う家庭が増えたことがある。10年前の製品と比べ、冷蔵庫の容量や機能はどう変わったのか検証した。

 消費者のライフスタイルの変化に伴い、冷蔵庫に求められる機能や技術も様変わりしている。

 特に、近年のトレンドは「大容量タイプ」だ。10年前までは400リットルが最大だったが、現在は500リットルや600リットル以上の製品が投入され、販売も好調に伸びている。中でも日立アプライアンス(東京都港区)は、業界最大クラスとなる容量735リットルの冷蔵庫を展開している。

http://www.necopic.com/content/users/71 http://whisper.vivian.jp/mt4.2/mt-cp.cgi?__mode=view&blog_id=1&id=89 また大容量化に伴い、さまざまな機能が付帯するようになった。庫内の温度保持機能や、食品の形態・使用状況に合わせて棚の位置を変更できる機能など幅広いニーズに対応している。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷蔵庫に求められる機能や技... | トップ | 各社の冷蔵庫の保管性能が向... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。