広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

例えば、ハンズフリー装置を使用している際に

2017-07-15 16:48:08 | 日記

また、道路交通法では問題なくても都道府県の条例が新たに設けられているケースがあります。例えば東京都では「高音でカーラジオ等を聴く、イヤホーン等を使用してラジオ等を聴くなど、安全な運転に必要な交通に関する音又は、声が聞こえない状態では車両を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は、公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にイヤホーン等を使用するときは、この限りではない」と記されています。

http://www.ft86-life.com/userinfo.php?uid=461 http://www.mangaj.com/user-profile/1290例えば、ハンズフリー装置を使用している際に、警察官によるアナウンスが聞こえない場合はこれに該当するので、安全運転義務違反となる場合があるのです。走行中、緊急でやむを得ない場合は運転者が通話できるケースがあります。それは「傷病者の救護又は公共の安全の維持のための当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うもの」。傷病者の救護の場合の例としては、同乗者がいない場合、または同乗者が1名でその同乗者が体調不良となった場合など、やむ得ない場合は運転者が病院に電話することが可能です。公共の安全維持のための例は、警察官が、無線機が装備されていない車を同乗者無しで運転している場合で、犯罪捜査のために走行中連絡しなくてはならないケース等です。

http://garou.net/userinfo.php?uid=452 https://workshift-sol.com/users/view/102766

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車をカスタムする際は慎重に... | トップ | 536万人にギャンブル依存症が... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。