警察庁はこの改正案に対する意見を一般から募り、

2017-07-15 17:05:38 | 日記

去年12月、国内のカジノを解禁するIR=統合型リゾート推進法が可決。同法ではカジノの解禁を認める一方、ギャンブル依存症等の悪影響を防止することも求めていることから、政府が対策を進めていた。

http://whisper.vivian.jp/mt4.2/mt-cp.cgi?__mode=view&blog_id=1&id=101 http://www.kouotu.com/user/xczvxbb そんな中、警察庁はパチンコの出玉率を現在の7割程度に抑制する風営法規則の一部改正案を取りまとめた。4時間で獲得できる出玉の上限が5万円相当以下に制限するというもので、大当たりの出玉の上限も2400個から1500個になるという。警察庁はこの改正案に対する意見を一般から募り、来年にも改正規則案を施行する方針だ。

 現在、パチンコをする人の平均遊技時間は4時間で、「勝った」場合の金額の上限は11万円相当ほどだ。パチンコ依存の支援団体によると、依存症のおよそ7割の人が1か月で5万円以上負けているという。依存症の多くの人は、この負け分を取り戻そうとさらにお金をつぎこみ、泥沼にはまっていくというのだ。今回の制限案によりパチンコで儲けることが出来なくなり、負けた分を取り戻そうとのめり込んでしまうリスクを減らすのが警察の狙いのようだ。

http://www.nyan-wan.com/users/view/249 http://www.rokyu.net/user_information1-58532.html

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 換金してはだめだと言われて... | トップ | 業界が巨大になりすぎたので... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。