今日のランチ(特盛ねぎだくだくつゆだくだく@吉野家 築地店)

2017年04月28日 | 食べ歩き(肉料理)


今日は晴れ。朝の内は上空に雲が多く浮かんでいたものの、次第に青空の領域が広がってきて、明るくなってきた。朝の気温は12℃で弱い西風が吹いている。空気はヒンヤリと感じられるものの、清々しい陽気である。
日中は雲が所々に浮かんでいるものの、上空に青空が広がって穏やかな空模様となった。午後になって南風が吹いてくると、昼間の最高気温は21℃まで気温が上昇して暖かくなった。空気も乾燥して、過ごしやすい陽気である。

今日はお昼を外で食べることにした。今日は場内でお昼を食べることにして牛丼屋「吉野家 築地店」に入店する。閉店時間が13時で、お昼に行く時間が遅くなってしまったので、閉店間際に入店したことになる。さすがに店内は空いていた。


空いているカウンター席に座り、牛丼を注文する。注文したのは「特盛ねぎだくだくつゆだくだく」「生玉子」である。「ねぎだくだく」なので先日の「ねぎだく」よりも更にタマネギの量が多くなる。もちろん、タマネギの分、肉の量は減るので、先日よりも肉の量は少なくなる。
注文を終えると、出されたお冷やを飲んで、後ろの壁に設置されている箸置きから箸を取って、料理ができるのを待つ。

すぐに生玉子が小鉢に入れられて出された。


更に「特盛ねぎだくだくつゆだくだく」が出された。


出された牛丼はご飯の上に載せられた牛肉の上にたっぷりの飴色に染まったタマネギが盛られている。通常は牛肉にタマネギが混ざっているように見えるが、「ねぎだくだく」にするとたっぷりのタマネギに牛肉が少し混ざっているように見える。


最初に牛肉でご飯をかき込む。つゆだくだくにしているので、汁と牛肉でかき込むようにご飯を食べた後、タマネギをほおばりながらご飯を食べた。牛肉と一緒に煮たタマネギは甘みがあって美味しい。しかし、タマネギだけでご飯を食べていると飽きが来る。
そこで、生玉子の出番である。生玉子を溶いて、醤油を垂らし、タマネギの上から丼に注ぎ入れた。そして、ご飯とタマネギ、生玉子でご飯を丼をかき込む。タマネギの甘みに生玉子の甘み、醤油の旨みが混ざり合って、サラサラとご飯が進む。牛丼と言うよりは玉子かけご飯を食べている気分である。これはこれで美味しい。牛肉が無い分、軽い感じのする丼である。

牛丼を食べてしまうと、コップに残った冷水を飲み干して完食。美味かった。いつも食べたいとは思わないが、たまにはこういう食べ方も美味しい。
勘定を済ませて店を出る。

午後は事務室で仕事をして、夜帰宅する。工事の確認をしたかったので、少し遅めに職場を出た。月末の金曜日ということもあって、今日はプレミアムフライデーとなっているようだが、特に予定もなく帰宅した。
家に帰ると1週間の疲れがどっと襲ってきた気分である。

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日のパンケーキ(クラシッ... | トップ | 今日のランチ(お肉たっぷり... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。