NO WORK TODAY !!

帰ってきた二番煎じアウトドアマンのそれから

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夏のせい。

2016-07-12 21:03:16 | Weblog


たまたま訪れた片田舎の大型スポーツ店で見つけたBROOKS ピュアケイデンス3。
セール品5,500円くらいで購入。

店頭でみた瞬間、あのイタリア人の顔が思い浮かび即購入。

数年前、彼はこれでロード、トレイル問わず走りまくってた。
一緒に参加したウルトラマラソもこれで走ってたね。

このころのBROOKSは金かけてるよね。
アッパーやソールの作りも豪華。

次のウルトラの練習の相棒をなんとなく探してたし、
彼の頑張ってた姿を思い出しながらプッシュできる気がした。

最近のシューズ選ぶ動機なんてそんなもん。
気持ちの入るモノであれば値段も流行りも関係ない。


誰のせい?
それはあれだ!
夏のせい。



【最近のインネパ料理】

会社の食事会で「おすすめのインド料理屋につれてって欲しい」と頼まれたので
門戸厄神「アカーシュ」へ。





皆さん本格的なインド料理は初めてだったようで来店前は身構えていたが、
ジューシーなチキンティッカが運ばれてくるとその香りにヤラれたようで
その後のターリーまで一気に食べていた。
「来月も行きましょう!」と喜んでもらえてよかった。

個人的には最近、西宮「ナラヤニ」でランチすることが多い。
「大阪ハラール遠いしナラヤニ駐車場あるし」というだけなのだが。







しかしそろそろアバシィさんのハリームやニハリ、なんといってもビリヤーニが恋しい。




【近畿/参鶏湯の最高峰】



この参鶏湯は美味しい!
レースやキツイ練習のあとはよく肉を食うが、
今度から心底ダメージくらったときはコレやな。
とても優しい味なのに食うと不思議にチカラが湧いてくる。

要予約!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また始めます。

2016-06-25 20:13:44 | YAMA△


【次に向けて】
先日のレースからそろそろトレーニング再開。
丸2日レストしてぼちぼち夜ジョグ、ストレッチなどで癒やしながら本日2時間ほどトレイルを走り込んだ。
レースでのあの追い込まれ具合からの超回復。
「本番は最高のトレーニング」と言われるように、今日は最後まで納得のいく走りができた。



トレイルは昨日からの大雨で小さなせせらぎのようになりあちこちで軽く崩れていた。
久しぶりに魚屋道から入ったのだが、思えば最近(レース前も)このコースを走っていなかった。ほとんど城山から入る比較的走れる斜度の登りばかりを選んでいた。
このコースを山幹から登山口〜風吹岩まで走りきれれば(ゆっくり過ぎず)結構な脚だと思う。
久々にトライしてみたらサボってた感を痛感。
そりゃ心肺もおちるわな。



明け方、雨まじりのトレイルは幻想的で走りながら何とも言えない心地よい気分なれるひとときが好きだ。




【韓国料理店について】
以前から気になっていた近所の韓国料理店「ann」。
個人的には関西を代表するガチパキ店(ガチのパキスタン料理店/ハラール対応)である「大阪ハラールレストランに出会って以来の感動。
ここも出される全てが美味しかった。



そしてひとりで切り盛りしている女性オーナーは日本の方。
韓国料理が好き過ぎていつの間にかガチの韓国人が「おかんの味や!」と遠方からも訪れるという腕前になってしまったという。
食材は週にいちど釜山からオバちゃんが運んで来てくれるのを仕入れているというこだわり様。
サムギョプサルのサンチュは「赤しそ」と呼ばれる赤いサンチュで日本では多分お目に掛かれない珍しい食材(しかもかなりフレッシュ!)。
自家製辛味噌のトッポギも非常に美味であのスカイハイなトッポギ星人にも教えてあげたいくらいであった。
















リピートとゆーかこのお店は常連確定である。

【最近の素麺】
実家からもらった素麺が大量過ぎて最近は素麺三昧だと言う話。





【最近のRory Bosioについて】
最近のローリーボジオの写真。
細身の印象だが意外とたくましい太もも(隣の男子と比べても)。


(写真@iRunFar)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ROCKIN'BEAR 黒姫トレイルランニングレース2016

2016-06-19 16:25:06 | YAMA△


ROCKIN'BEAR 黒姫トレイルランニングレースについて

長野県信濃町で開催されたこのレースに参加してきた。
この大会を仕切るのはKTF(KITASHINANO TRAIL FREAKS)のスタッフの皆さん。
その代表を務めるのがパワフル大塚浩司さん。
大塚さんとは以前「美ヶ原トレイルラン&ウォークinながわ」で地獄の林道登り(中盤あたり)で一緒に奮闘したり、昨年行った北アルプスのハイキングで偶然会うなど何かとパワフルに印象深い人。


コースディレクターは爽やか山田琢也さん。
以前ハセツネのリタイヤ者回収巡回バスでご一緒したことがある。
あの激闘を無念のリタイヤしてもお肌サラサラで爽やかだった。
余談だがこのときこの死体袋回収巡回バスで自分の隣に座ってた怪しい人がやたら喋りかけてきて「オレのこと知らない!?」とか言ってきたので帰ってから調べたらウルトラマラソンのワールドレコード記録保持者の砂田貴裕さんだった。
世界一怪しい記録とされている。

で、コース設定は黒姫高原スノーパークをスタート/ゴールとした小さなアップダウンが続きフラット/下り気味な何かと走らされる林道やトレイルの連続。
距離的にも大阪で開催されている「ダイトレ」のもっと走れるバージョンって感じ。
ピークを目指すというものではなく黒姫の美しいブナの森を走りながら妙高山などの周囲の山や景観を楽しむスタイル。
当日は高原と言われるこの場所でも気温30度近くあるのではというくらい暑かったが黒姫高原の森の中はとても快適でハイキングだったら最高の一日であっただろう(脱水になった)。


結果について

34位。
年別9位。
総合10位以内を目指してたので惨敗。

・15kmあたりで左脚が攣りはじめた
・20kmあたりで脱水を確信
・30kmあたりで全脚が崩壊/熱中症予備軍
・35kmあたりでリタイアへの溢れる想い
・よちよち歩きでゴール

細かいことヌキで言うと練習不足。
昨年後半から今年にかけて走量がグンと減っている。
ただ世間で言われているような「40歳こえたら急に・・・」っていう現象も否めないと感じている。
やはり練習/回復の効率を考えていかないとそろそろダメやね。



それにしてももうちょいマシな走りはできたはず。
なーんでか。

・前半調子のってグイグイいきすぎた
・2年前の良く走れてた自分の感覚のまま挑んでいる

今年に入って30~40km前後のレースを2本走っているがいずれも最後まで気持ちよく走りきれた。
だが今回は終始攣りまくりで中盤には完全に脚が完売に。
そして35km付近で気分が悪くなり少し朦朧としたので熱中症の症状もあった。

脱水の危険は予測できたので水分は十分持ってたし補給も予定通りできてたはずなんやケドなー。
う~ん。。。
調子ワルかったってことで。
あと森脇健児やないけど謙虚な気持ちで。

「一度抜かした人には絶対抜かされない」という気持ちで走っているが後半コテンパンに抜かれまくった。
脚がカムバックすることを信じて抜かれた人の数をかぞえてたけどそれも途中でやめた。
走れるパートをこんな悔しい気持ちで歩いたのは初めてだ。
こんな状態でもリタイヤせず歩いてでもゴールしたいと思ったのも初めてだ。
雑巾を絞ったような形に変形した脹脛を見ながら前に脚を出した。
歩いたり変な走り方で進みながら色んなことを考えたり、頭の中で「やめる/やめない」の試験を何遍も受けた。

そしてゴールしてよかった。
いつもと違う嬉しさが込み上げてきた。
ランニングは素晴らしい。

長野県について

高速道路で岐阜県から長野県に入ると自分の気持ちはグッとアガる。
朝日に照らされた山々や麓の里を眺めながら車の窓を全開にし車内も長野県に。





一度は真剣に移住を考えたくらい好きな場所である。
来年は親を上高地あたりの散策に連れていければいいな。


長野県の馴染みの店について

・味の横綱(餃子)
・小松パン
・翁(蕎麦)



とりあえず「味の横綱」は外せない。
今回もBセットに餃子を追加注文。
餃子はここと浜松の「かんべえ」が好きだ。
小松パンは牛乳パンが有名。
この日は餃子のあとだったのでとりあえずお姿だけでもと思い見に行ったら目の前で老夫婦が8本棚から買い占めていった。



蕎麦は「翁」に限らずどこも美味いよね。
今回は黒姫高原にある霧下そば「たかさわ」。
蕎麦はもちろんのことサービスでだされたそば粉のおやき?のようなものやお漬物も美味だった。

一応長野県に行く前にハラールフードショップを調べたが微妙だったのでパスした。


カレーについて



帰宅後カレー自作。
「紀州梅と完熟トマトをたっぷり使った大豆とオクラのシャバシャバ回復系カレー」
酸味を効かすためにタマリンドを使おうとしたがなかったので梅干しを使ったら以外にばっちりだった。
冷やして素麺のつけ汁としても使用。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近のナイス。

2015-09-07 00:30:03 | Weblog


























































ナイスビリヤニ‼︎

ナイスマウンテン‼︎

peace!!ww

(伝家の宝刀、写真数珠つなぎ投稿w)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ULの思想は走れるほど軽くない。

2015-08-12 11:17:00 | Weblog


一冊が丸ごとUL(ウルトラライトハイキング)特集になっている雑誌を本屋でパラパラ見てるとトレラン、ファストパッキング的なスタイルで走っている写真が使われていた。
UL、トレイルラン、ファストパッキングには幾つかの共通する道具(商品)があるが思想的には似て非なるものなので個人的には線引きしている。



玉造の「アアベルカレー」をついに食ってやった。
しっかり時代の波に乗ったスパイス遣い。
たしかに旨い…が、もういい。
なんでやろ?
個性的かつパンチが重すぎて一回で心身共に満足してしまった感じ。
食い終わってなんか疲れた(笑)
でも大阪にはこの手の流行りカレーが多い。


んで、自作ビリヤニ。
タンドリーチキンのせ弁当。
ビリヤニ太郎氏のスパイスを使ったのだがコレがかなり旨かった。
試食してもらった仲間にも高評価。

もーいっこ自作。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加