ランダム・メモランダム 3

FCバイエルン・ミュンヘンとマルク・ファン・ボメルを応援しています

暗雲垂れ込める?ドイツの空

2016-05-31 01:23:24 | ドイツ代表

余談ですが


(キャプチャ画像です)

クロース、おめでとう~(棒読み)。
ドイツ選手として初めて、異なるクラブでCL優勝した選手になったそうです。
めでたいことではあるけれど、別に嬉しくはない。特別クロース個人のファンではないバイエルンサポとしてはただただ複雑なんだぜ…

CL決勝なんぞ、もはやワタシには関係ない話なので、リアルタイム観戦することもなく普通に寝てしまい、翌朝モサ~っと起きてTV(すかぱ)を点けたら、再放送で延長戦が始まったところでした。
両チームともに疲労困憊。酷い消耗戦になっていて、気持ちに身体がついて行かないもんだから、ちょっと走っては倒れちょっと走っては倒れ、無茶なファウルでゲームを止めたり強引なマリーシア仕掛けたり(安定のペペ)、まぁ、なんというか、サッカーとしての体を成しておりませんでした。
しかし審判がタイムアップの笛を吹くまで試合は続くわけで、続く限りはプレーしなければいけないわけで、そんなサッカー選手としての業を背負って走り続ける彼らの姿は、感じ入るものがありました。
いや、感動するほどじゃありませんが(バイエルンやPSVだったらねぇ…)

そんなクロースはもちろん現在はお休み中。
ちなみにポドルスキも、トルコのカップ戦で優勝。おめでとう!そしてそのおかげで代表チームへの合流が遅れておりました。

16年5月29日 ドイツ 1-3 スロヴァキア


ルディーがイイ感じのヨーロピアンモジャモジャイケメンに…♪
レノ、キミッヒ、ヴァイグル、ブラントがA代表デビューを果たしました。

ドイツにとってはまさにテストマッチ。主に新人の力量を見定める試合になりました。

それにしても、なんで2年連続でコパ・アメリカやるかな!しかもEUROにぶつけやがって!W杯が2大会同時に開催するようなもんだ。
「いっぱいサッカー見れて嬉しいでしょ♪」…って、そんなことあるかー!いや放送してくれること自体はありがたいんですけどね、ええ。しかしパートの仕事がちょうどその時期宴たけなわで(←知るか)EURO1本に絞っても相当厳しいのに、見たくても見れないのは、地獄である。
すかぱはコパ放送なので、EUROはシレッとスルーする立場なのか、どうか、(すかぱに組み込まれているCSチャンネルも含め)今回、EURO出場国の強化試合は放送がありません。

てなわけでニガテなネット観戦。最近なんだか、アクセスするたびに「ここは危険!見ちゃダメ!」と、真っ赤な警告がやたらと立ち上がるようになったので、今回もめんどくさくてほかっていたのですが、時間が出来たので「もう終わりがけかな?」と思いつつ見てみたら、ゲリラ豪雨のためハームタイムが大幅にずれ込んでいたところでした。


どんよりと暗雲垂れ込める。


ボールが弾むと波紋が…


滑った~!(><;) GKにとって、トンネルはもっとも屈辱的なミスなのではないでしょうか。

ひどいコンディションでしたが、思えばEUROには毎回こんなエピソード(豪雨や雷雨で中断、水たまりみたいになったピッチでのプレーetc.)がある気がするですよ。今のうちに経験しておいた方がいいかも知れません。
マトモなプレーができない状態ではどーするか。そういう時、ゲッツェ、ミュラー、エズィル、などによる一瞬の天才的なプレーが何かを起こす可能性も捨てきれないのでは…。
実際この試合でも、すれすれのところで入らない、ゲッツェの惜しいシュートがあったし。
そういう一瞬のひらめきを発動させるための練習になったかも、なんてことを思ったりしました
くだらない、なんて言わないで。偶然も、精度を高めれば必然になる、かも知れない…。


やったねゴメス!PKでも何でもいい!


しかしハムシクのゴールは敵ながら素晴らしかった(´Д` ) きゅい~んと曲がって、めいっぱい伸ばしたGKの指先から逃げるみごとな魔球であったよ…

そんなわけでみごとに完敗してしまったドイツ代表であります。
この日のアウグスブルクの空のように行く手に暗雲垂れ込めているか?
ワタシはそこまで深刻には考えていませんが、ただ、最近は、うかうかと負けやすくなったのが少し気がかりです。
キミッヒは落選するかも知れないな~

コメント

2冠達成!

2016-05-23 01:35:04 | バイエルン・ミュンヘン


かわいー(*^^*)
今回はハビも合流!

てなわけでぇええー!

16年5月21日 バイエルン 0-0(PK4-3) ドルトムント

ポカールズィーガー!2冠達成!!

120分スコアレス、PK戦で決着がつくという厳しい試合でしたが、目下の宿敵ドルトムント相手に、シーズン最終戦にふさわしい熱戦でした。(←毎年言ってる気がする手垢のついた言い回し御免)


ペップ・バイエルン最後のスタメン。


(ドイツメディアによるキャプチャ画像です)
すぐキレるリベリ。目つぶしはダメよー(汗)


ユニビリビリ。背中丸見え("▽")


外野(特に一部の心ないドルサポ)は好き勝手なこと言うわけですが。フンメルスが悩み苦しまなかったはずがない。
最後の瞬間までドルトムントのためにプレーして、タイトルをもたらしたかったと思うよ…。
(それにしてもベンチで苦悩する表情もこれまた、いちいち絵になるイケメンだわ~)


無念の交代退場。そしてその横で、ビリビリユニを着替えたヴィダルなのであった。


先日紹介した副審よりさらに重心が低く、腰の強いペップ。よく見てください。シリが地面に着いてないのです。


内転筋がつった?悶絶するリベリを運び出すアラバ&レヴィー。「ヤダ~い、ライダーベルト買って~ジタバタ」「今は遊んでるばーいじゃねーんだよ、よっこらせ」

しょーがないので?思うように動かない身体で必死に広告を乗り越え、ピッチアウトするリベリであった。その後ドクターと笑顔で話していたから、大事なかったのであろうと思いたい。


満身創痍

ちょっと荒れ気味の試合ながらハイライト満載!最後はPK戦にて決着!
思い出すのは去年の準決勝、魔さかのPK全員失敗!しかもラームとアロンソがピッチで滑って同じ形でずっこける、という悪夢…。

 

しかし!今回はその、苦手になっていたかも知れないPK戦で、しかも相手は同じドルトムントということで、まさにリベンジ!
実に爽快で嬉しい勝利となりました。

話題沸騰!涙のペップ
 

勝利の瞬間、顔を覆って涙にくれる様は、男泣きと言うよりは、このblogでさんざんネタにしてきたオネェキャラぽかったですが、それでこそペップというか、泣くのかー!(゜o゜)と、ちょっと意外な気もしましたです。
まぁそれだけ、バイエルンでの仕事に本当に全力を尽くしてくれたのね、と思うと、ありがたい気持ちになりますですよ。

監督が真ん中でトロフィー掲げるのも珍しいですが。本人は最初遠慮していたものを、まずはラーム主将が是非にと勧め、周りの選手(主にミュラー)もけしかけたものです。
ラームの人間性や、選手たちにペップがいかに慕われていたのかが感じられて、感動的でした。

やぼなCMを挟んで、HUMBAとか試合後の盛り上がりを、ノンストップで見せなかった日テレジータスが若干恨めしい。♪ハロ~、チューリッヒ♪と言われるたびに「またか!」とイラッと(苦笑)。

 

ダンケペップ!で、いいんじゃないのかなぁ。
我々ファンは、采配が気に入らんとか戦術どうなのとか、いろいろ文句を言ってきたわけですが、この人がドイツサッカーにもたらしたものは、いいことも悪いことも含め、ものすごく大きいと思うのです。特に就任初年度の強過ぎるバイエルンは、これからも語り草になって行くことでしょう。
この胴上げは、社交辞令や形だけのパフォーマンスじゃない、選手たちの心のこもった感謝の行為だと感じました。

 

試合後は祝勝ぱーちー。
まだ動画とか見てないし情報集めてないので画像数枚でかんたんに…


ヴィダルの誕生日祝いで~す。火花がデカくてちょっと危ない(汗)でもそのデンジャラスがヴィダルには似つかわしい気も(汗)


いやいやいやいやいや!リベリの奥さん!奥さんですよね?ちょっとこれは…。。貫録が…

翌日のマリエンプラッツ・2冠祝勝イベントの画像もちょっこり。グダグダでしたけど…(^_^;)


「みんなありあとう!」(入力ミスではありません。参照記事←そのうち訂正されるかも知れないけど)


上手すぎるボアテンクのビートボックス。

コメント (2)

ドイツ代表招集メンバー(EURO2016)

2016-05-20 01:50:22 | ドイツ代表

きたるEURO2016に向けてのドイツ代表招集メンバーです。


(via @DFB_Team)

背番号も合わせてどぞ
GK
1 マヌエル・ノイアー (バイエルン)
12 ベルント・レノ (レヴァークーゼン)
22 マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン (バルセロナ)

DF
17 ジェローム・ボアテンク (バイエルン)
14 エムレ・ジャン (リヴァプール)
3 ヨナス・ヘクター (ケルン)
4 ベネディクト・ヘーヴェデス (シャルケ)
5 マッツ・フンメルス (ドルトムント)
2 シュコドラン・ムスタフィ (ヴァレンシア)
16 アントニオ・リュディガー (ローマ)
21 セバスティアン・ルディ (ホッフェンハイム)

MF
20 カリム・ベララビ (レヴァークーゼン)
24 ユリアン・ブラント (レヴァークーゼン)
15 ユリアン・ドラクスラー (ヴォルフスブルク)
6 サミ・ケディラ (ユヴェントス)
27 ジョシュア・キミッヒ (バイエルン)
18 トニ・クロース (レアル・マドリー)
13 トーマス・ミュラー (バイエルン)
8 メスート・エズィル (アーセナル)
10 ルーカス・ポドルスキ (ガラタサライ)
11 マルコ・ロイス (ドルトムント)
9 アンドレ・シュールレ (ヴォルフスブルク)
7 バスティアン・シュヴァインシュタイガー (マンチェスター・ユナイテッド)
26 ユリアン・ヴァイグル (ドルトムント)

FW
23 マリオ・ゴメス (ベシクタシュ)
19 マリオ・ゲッツェ (バイエルン)
25 リロイ・サネ (シャルケ)

----------
マリゴメキター(゜∀゜)!!
キミッヒキター(゜∀゜)!!
しかーし!何よりも!

バスティアンキタ━━(゜∀゜)━━!!!

今度ばかりはさすがに落選でもおかしくないと…(汗)
FCB.tvのLIVE中継を見てましたが、なかなか名前が呼ばれずドキドキして、ようやくMFの最後に呼ばれた時は、エアガッツポーズしましたよー!
いや、今回27名選ばれてますから、本大会に入る頃には4名削られるはずで、コンディションが戻らなければここで落とされる可能性はあるわけで、まだ喜ぶのは早いのかも知れませんけどね…


お願いしますだ、王様~

初招集選手が3人もいます。キミッヒが呼ばれたのは喜ばしいですが、いきなりA代表のレベルなのか~?と改めて思うと…。
でも本大会で一気に大化けする可能性もあるわけだし。そうなることを期待してやみません。何はともあれ、これもペップのおかげですわね。

そしてなんだか気になるユリアンれとりぃばぁ、じゃないわ、ユリアン祭り…。

GKはレノとテアシュテーゲン両方呼んで、うまく収めたなぁという気がします。ツィーラーやトラップには少し気の毒なことに。
しかし第2GKはどっちなんだろか?ノイアーが離脱することはよほどのことがない限りないとは思いますが、万が一の場合、この2人で務まるかどーか…

ま、それはともかく。

目指すは優勝!予選でダメダメでも気にしないもんね。下馬評が低くても、本大会で素晴らしいチームワークでもって予想を超えた強さを見せるのがドイツの魅力。
ラムミロメルテザッカーがいないのは心細いけれど、それは言わない約束。信じてるぞー! 

コメント

オランダ代表招集メンバー(2016年5月・6月)

2016-05-20 01:01:00 | オランダ代表

EURO2016には出場しないオランダ代表(泣)。
5月6月は出場国の練習相手として親善試合を行います。トホホ…

そんなトホホなオランダ代表ですが、このたび、アドフォカートがブリント監督のアシスタントコーチに就任することになりました。
現在アシスタントコーチを務めるファンニステルローイは6月いっぱいで退任して、PSVの仕事に集中することになります。

ということで、5月27日アイルランド戦(ダブリン)、6月1日ポーランド戦(グダニスク)、6月4日オーストリア戦(ウィーン)に向けてのオランダ代表最終招集メンバーです。


(via @OnsOranje)

GK
ヤスパー・シレセン (アヤックス)
ケネス・フェルメール (フェイエノールト)
イェルーン・ズート (PSV)

DF
パトリック・ファン・アーンホルト (サンダーランド)
デイリー・ブリント (マンチェスター・ユナイテッド)
ジェフリー・ブルマ (PSV)
Virgil van Dijk (サウサンプトン)
ケニー・テテ (アヤックス)
ヨエル・フェルトマン (アヤックス)
ロン・フラール (AZ)
ジェトロ・ヴィレムス (PSV)

MF
リーヘドリー・バズール (アヤックス)
マルコ・ファン・ヒンケル (PSV)
デヴィー・プロパー (PSV)
バート・ラムセラール (ユトレヒト)
ヴェスレイ・スナイデル (ガラタサライ)
ケヴィン・ストロートマン (ローマ)
トニー・フィリェナ (フェイエノールト)
ジョルジニオ・ヴァイナルドゥム (ニューカッスル)

FW
メンフィス・デパイ (マンチェスター・ユナイテッド)
バス・ドスト (ヴォルフスブルク)
フィンセント・ヤンセン (AZ)
ルーク・デ・ヨンク (PSV)
ユルゲン・ロカディア (PSV)
ルシアーノ・ナルシング (PSV)
クインシー・プロメス (スパルタク・モスクワ)

----------
ロッベンはもちろん怪我のため落選(涙)、ファンペルシーはやっぱり…。しかしフンテラールも落選て…。
スナイデルはまだクラブで試合があるため、6月から遅れて合流するそうです。

なんと!PSVから8名も!!(゜∀゜)
嬉しいけど、これでダメダメだったら「たかがエールディヴィジで優勝したぐらいで、だからオランダのレベルはぁ~」とか「やっぱPSVじゃなくてアヤックスでしょ」とか言われちゃうんじゃないかと思うと心配になります(汗)。
もちろん自信をもってお勧めする選手ばかりなんですがね(^>^) プロパーはワタシ的今季PSVのMVPだったりする…
ファンヒンケルなんか、チェルシーやミランでくすぶってたら(失礼!)ここに呼ばれることはなかったんじゃないかという思いがありますですよ。えっへん(^>^)←何故オマエがエバるんだ 
かと言って、落選したクラシーよりそんなに良いのか?と問われるとなんとも…

それよりも何よりも!
お帰り!ストロートマン!!\(T∀T)/
先日はゴールをアシストしたりして活躍したようです。オランダは彼の復帰を待っていた。
あ~でも、すごくすごく心配だー。。ちょっと出てまたすぐ怪我するんじゃないかとか…。そんなケース沢山見てるから(T_T)

【5月22日更新】
ロカディアが怪我のため辞退。トホ…
ラムセラールが怪我のため離脱。スティーブン・ベルクハイス(ワトフォード)を追加招集。

【5月27日更新】
カップ戦で怪我をしたためスナイデルが辞退。ガラタサライはめでたく優勝したし、オランダはEURO出ないし(涙)たいした問題じゃありません…

【5月31日更新】
ブリントが故障のため離脱。

コメント

ベルギー代表招集メンバー(EURO2016)

2016-05-20 00:18:01 | ベルギー代表

来るEURO2016本大会に向けたベルギー代表招集メンバーです。


(via @BelRedDevils)

GK
ティボー・クルトワ (チェルシー)
ジャン=フランソワ・ジレ (メヘレン)
シモン・ミニョレ (リヴァプール)

DF
トビー・アルデルヴァイレルト (トッテナム)
デドリック・ボヤタ (セルティック)
ジェイソン・デナイェル (ガラタサライ)
ビョルン・エンゲルス (ブルッヘ)
ニコラス・ロンバーツ (ゼニト)
ジョルダン・ルカク (オーステンデ)
トマ・ムニエ (ブルッヘ)
トーマス・フェルメーレン (バルセロナ)
ヤン・フェルトンゲン (トッテナム)

MF
ムサ・デンベレ (トッテナム)
マルアヌ・フェライニ (マンチェスター・ユナイテッド)
ラジャ・ナインゴラン (ローマ)
アクセル・ヴィツェル (ゼニト)

FW
ミッチー・バチュアイ (マルセイユ)
クリスティアン・ベンテケ (リヴァプール)
ヤニク・カラスコ (アトレティコ)
ケヴィン・デ・ブルイネ (マンチェスター・シティ)
エデン・アザール (チェルシー)
ロメル・ルカク (エヴァートン)
ドリース・メルテンス (ナポリ)
ディボック・オリギ (リヴァプール)

補欠
ローレンス・デ・ボック (ブルッヘ)
ケヴィン・ミララス (エヴァートン)
ナセル・シャドリ (トッテナム)
ギヨーム・ジレ (ナント)
マッツ・セルス (ゲント)
ローラン・シマン (モントリオール・インパクト)
トルガン・アザール (メンヒェングラッドバッハ)

【5月18日更新】
エンゲルスが怪我のため辞退。

----------
名前の読み方はよくわからんのでてきとうです。
同じThomasでもかたやトーマス、かたやトマだったり、シマンとデボックはLaurentとLaurensで、どっちも「ローラン」でいんじゃね?とも思いますが、いや出身地とかはたまたルーツによって変わるかも知らんし…とか。そこまでようけ調べ切れん~

コンパニーは怪我をしたので辞退です…。
キャプテンはアザール(兄)が務めることになるそうです。

EURO予選など殆どTVで見なかったので、今のベルギーがどんなあんばいなのかよくわかってません…。知らない選手も増えてしまって愛着がもうひとつ(汗)
でも本大会では応援しますよー!もはやダークホースではなく、堂々たる優勝候補。どこまで行けるか、できるだけ長く楽しませて欲しいです(^-^)

----------
【5月22日更新】
シマンが追加招集。

【5月30日更新】
ロンバーツが離脱。クリスティアン・カバセレ(ゲンク)が追加招集。

コメント

ミアサンマイスター!2016

2016-05-19 01:10:29 | バイエルン・ミュンヘン

ちょっともう、だいぶ日にちも経っちゃって、みなさんも熱が冷め気味ですかね…(汗)
しかぁーし!気にせず行ってみよー
遅くなっちゃった分、画像たっぷり縦長ですよー(←読みづらいだけだ)

16年3月14日 最終節 バイエルン 3-1 ハノーファー

優勝が決まってるバイエルンと、降格が決まってるハノーファー。
純然たる消化試合ですが、バイエルンサポ的には試合前後の優勝セレモニー、レヴァンドフスキの得点記録は?など、お楽しみは満載なのであります。
ここのところディレイ放送ばかりで優勝決定の瞬間をLIVEで見せてくれなかった(ネチネチ)フジさんも、この日ばかりは生中継!(≧▽≦)

別logに上げるつもりだったのですが、もうこの際だからまとめることにした(汗)

もはや毎年恒例!最終節は来シーズンの新ユニ着用でプレーです。


変顔共演☆


こんな感じ。アディダスのトレンド・3本線はワキの下。

自分的には、襟はともかく、ボタンがちょっと野暮ったく感じてしまいます。
06-07シーズンのユニを思い出し、それはそれで、カーンにサインをもらったとか、ファンボメルやファンブイテンがバイエルンに加入した年に着ていたとか、思い出あるユニなので、嫌いではない…。

 

描きやすかったし…(独り言)


ノイアー&ウルライヒも新ユニ着用。文句なしにかっこいいです。


ブンデスリーガ発足以来25回の優勝を記念した、特別なバッジが付けられます。


不思議な雰囲気ですが、コラではありません。

試合はと言うと、まぁ、kickerの採点が平々凡々だったのが表してるように(つぶやきblogにてアップ中)、戦術的にはさして語るべきポイントのない試合でしたが、何はなくとも!
今シーズン限りでの退団がほぼ確定してるゲッツェの有終の?意地の?ドペルパック!&レヴァンドフスキの30点大台ゴール!でもって、きっちり勝利、気持ちよく優勝を飾ったバイエルンでありました。ウルライヒの記念出場もあったし…

これぞゲッツェ!(゜∀゜)と、ワタシは嬉しくなっちゃったんですが、アンチェはこういう、天才モードがいつ発動するかわからない選手に賭けるのは好まないようですね(そらそうか…)。


アラバとのこのパフォも見納めか…(しんみり)


もちろん得点王!シーズン30得点以上は実に39年ぶりのことだそうです。偉業達成!おめでとうレヴィー!

試合後は、前のlogに書いた通り、レジェンドが作る花道を通過してのシャーレ揚げ。

ちょうどいい画像がないんですが、その瞬間にたぶんシュタルケがワザとなのかそーではないのか、レヴァンドフスキのユニフォームをまくり上げオナカが出てしまったのを見て、5年前にゴメスがシュバのユニを(これはワザと)ずり上げていたのを思い出したよ。


コスタ、コマン、ヴィダル、キミッヒ、など、新規の選手に次々マイスターを揚げさせてるのがいいなぁ、と思いました。


タスキなんか2回ぐらいしか(しかも90分フルはないはず)出場しなかったので、ちょっと遠慮気味だったのを、ミュラーとかみんなで「いーからいーから♪」とでも言わんばかりにシャーレ押しつけてたのが、チームのまとまりの良さが伝わってほほ笑ましかったです。

しかしその一方で、怪我で治療中のため、ハビマルがこの日も、そして翌日のマリエンプラッツでのセレモニーにも参加しなかったのがとても残念です(涙)。
かつてのダンテみたいに、その場にいなくても、おもしろ動画で参加、というキャラではないんだろうし…

セレモニーの後は

集合写真撮影からの~

ビールかけ!


ドバー


ドバー
(左側の腕(たぶんミュラー)が持ってるグラスのカメラ的な物体に注目。映像期待してますよ~)


ドバー


「あ、どうも、お疲れさまっスー☆」


抜き足差し足…

はい、ドバー

「とっとっとっ」勢い余ってつんのめる。

まぁビールかけに関しては、皆さんの方でもTVや写真でcheck済みかも知れませんね。
コドモちゃんとの触れ合いとか、ペップの顔面に思いっ切り正面からビールぶっかけるシャビアロンソとか、試合中と見紛うような俊足でキミッヒを追い駆けるコマンとか、見どころ満載でございました(^^)


ロッカールームでもラテンのリズムで踊る!

 

メディア担当ヘルヴィックさんに奇襲を仕掛けるボアテンク!逃げ足速っ(笑)

そして!おそらく選手関係者たちが引き払ってからのはずですが、なんと

バイエルンでは珍しい!一般サポがピッチに乱入?!
…。よくわかりませんが、どうも、一部サポ席のゲートを開け、わざわざ中に招き入れたようです。


あわわわ(汗)破壊行為(汗)


ぼろぼろ…(汗)

そしてその後は恒例の大宴会~♪
アリアンツでのセレモニーに参加したレジェンドたちも出席したかも知れませんが、調べてません(汗) 


最近、脳の手術をしたザマー。大事をとって試合には帯同してませんが、彼のためにも栄冠を…


記念のリングが選手たちに贈られたようです。
ちなみにこの手は翌日の、ヴィダルとコスタ。


「♪ボギ~ボギ~、あんたの時代はよかった~♪」
どこのジュリーだ!と、ニホンのアラフィフ女子はもれなく思ったはずだ…。

結局26回なのか25回なのか、どっちをフィーチャーしたらいいのかいまいちよくわかりませんが、史上初の4連覇優勝!という事実には変わりありません。
本当におめでとう!バイエルン!ミアサンミア!
ありがとう!15/16!

でもまだシーズンは終わってないのです。週末のポカール決勝、ガツンとドルトムントに勝つもんね!

コメント (4)

レジェンド!オリボメダニエル

2016-05-17 02:00:39 | Mark van Bommel

だから何故gooブログはカテが1つしか指定できないのか… 
伝えたいことは他にも沢山あるんでございますが。何はなくともまずはこの話を!

始まりはダニエルだった…

16年5月13日

ファンブイテンがゼーベナーにキタ―――!!!!!

スタンダールの取締役としての仕事がうまく行っているのかいないのか、本人がわざわざ「うまく行ってます」的なコメントを発表するところを見るとあんまりうまく行ってないのかも知れませんが、とにかくファンブイテンの活動に関してはほぼノーチェック状態でして(汗)
髪が短くなって、おっさんらしくなりました…


しかしいざとなるとやっぱり絵になる~

と、興奮していたらほどなく。リザラズやファンボメルからこんな写真がー!


(via @MarkvanBommel6)

ぐはっっ(鼻血→)`;:゛;`;・(゜∀゜ )
なんだこのヒゲヒゲ、もとい、ダンディーコンビはぁ~~~!!!リザラズとファンボメルは、現役時代の在籍がかぶってないから接点ないのかと思ってましたが、こうしてイイ感じで仲良く2ショットに収まってるのを見ると、それなりにリスペクトする間柄なのでしょうか?素敵すぎるウットリ(*´ω`*)


(via @MarkvanBommel6)

ぬおおおおお!!!こ、これはっ!
先日、現役引退を発表したばかりのトーニであります。いや何、この2人はバイエルンでバリバリかぶってたからもちろん全然あり得る組み合わせなのですが。
後になって、ファンボメルがいろいろぶっちゃけてたのを見て、なんとなく、仲が悪くなっちゃったのかな…と思い込んでたので、こんな写真が見れて本当に嬉しいです。まあ、大親友、というわけではないでしょうが…
てゆーか、今だからこそ、ファンハールの悪口で盛り上がりそうな気もするよ(^m^)


(via @MarkvanBommel6)
ハァハァ(´Д`)せずにはいられない!胸熱カルテット!リザラズの隣はショルです。すっかりハゲ散らかっちゃって… 
飲み会だったのかな~。参加したーい!ドイツ語わからんけど…

と、レジェンドたちが続々ミュンヘンに集結しているのを見て、これは翌日の最終節の試合で、セレモニーに参加するんだろうな、と思いました。
去年も現役選手たちへの花道を作ってましたしね。
はたして!

試合前。説明がなかったのではっきりわかりませんが、おそらく、バイエルンのブンデスリーガ設立以来25回目の優勝を記念して、その時々の優勝メンバーを並べて、改めて称えたものと思われます。(違ってたらスミマセン)


仮出所から1年、げっそりしていたウリの体型がいつの間にか元通りに戻りつつあります(^m^)


ゆかいなゼップ


ファンボメルとファンブイテンのイケメンオーラ未だ健在(と思うのはワタシだけか…)


Jスポ実況陣が「すっかり太っちゃって、誰だかわからなかった!」と衝撃を受けていたマカーイ。現役最晩年からその兆しはあった…


やっぱり髪短い…


うふふ。こういうきちんとした格好の時はヒゲヅラじゃない方がいいかな~


こっちもヒゲヒゲのルカ。波乱万丈の選手生活だったと思いますが、昨シーズンは38歳にしてセリエA得点王に輝いたりして、キャリア最後にひと花咲かせ、惜しまれつつ引退。いい形で締められたと思います。もっとバイエルンで活躍して欲しかったけど…。お疲れ様でした。


リベリとは今でも仲良し

 

壇上でスマホ撮影会のおっさんたち

(via @BixeLizarazu)


カーンも!

(via @OliverKahn)
スマホでセルフィーとか、そんなキャラじゃないと思ってましたが、SNSを始めてから何かに目覚めたのでしょうか…


ガハハな笑い声が聞こえて来そう!バックヤードでミュラーと爆笑中


(via @Badstuber)
むひょ~!ファンボメルと今でもいい関係らしいロッベンとバトシュトゥバー。現役選手でありながら、リハビリ中につき試合には出ないため、今回レジェンドとして壇上に…

スタンドで試合観戦

(via @Brazzo2001)
そういえばサリハミジッチはユヴェントスでトーニとチームメイトだったりしたのかな…?(調べてない)

そして試合後は予想通り、現役選手のためにステージへの花道を作ってました。

 


(via @BixeLizarazu)
おちゃめスマイルのカーン!かわいいな~もう。


リザラズと語らうカーン、ウリと語らうファンボメル。
背中向けちゃって…。お互い引退してからというもの、カーンとファンボメルの絡みが全く見れてなくて寂しい限りです。


「お前さんもそこそこ金は持ってると思うけど、資金洗浄はやり方を間違えてはイカンぞ。いくらVIP待遇とは言え、ムショはやっぱり行くもんじゃない」「…気をつけます」(うそ。たぶん)

コメント (2)

4連覇!サンチェス!フンメルス!

2016-05-11 01:55:36 | バイエルン・ミュンヘン

去年に引き続き今年も、バイエルンとPSVがW(ダブル)優勝して、サッカー的にはとってもハッピーなCorianderでございます。

おかげでネットサーフィンに忙しく、楽しい優勝ネタ集めがなかなか進まず…。嬉しい悲鳴ではありますが、PCがもっとサクサク動いてくれれば、そしてgooブログが(容量ではなく寸法が)大きいサイズの画像を縮小して貼ってもキレイに表示されるなら、もう少し作業がはかどるんですが~。写真をいちいち小さくするの手間かかってしょうがないのよ。←貼らなきゃいいだけの話

そんなこんなで、PSVネタも上げたことだし、遅くなっちゃったけど、いよいよ本命の情報集め…

と呑気に構えてたら、ビッグニュースがあー!
モタモタしてられなくなったので、ざっくり流します!(汗)

16年5月7日 インゴルシュタット 1-2 バイエルン

やれやれやっと~。
ズーパーバイヤン!とは言いがたい試合内容ながら(あのCL敗退の後じゃ仕方ないかもね)、何はともあれ、自力で優勝を決めました!

ブンデスリーガ史上初の4連覇達成でーす!
FC Bayern! 4ever number one!! (≧▽≦)ノ 

 

「♪踊りお~どるな~ら、ちょいと東京音頭~♪」からの~

ツイストダンス!(うそ?)


リハビリ中のバトシュトゥバーとロッベンも合流!みんなおめでとう!

4連覇が史上初、というのが意外です。おフランスのリヨンなんか7連覇しとったやないかい。ユヴェントスもついこないだ5連覇と…。
たかが4連覇で、「バイエルン1強」とは言い難いですな~(・∀・)ニヤニヤ
栄華を謳歌したリヨンもその後崩れたし、バイエルンだって何が起こるかわからんのよ。油断禁物。補強とライバルの弱体化に手を抜くわけにはいかんのであります。
(もっとも個人的には、目下のライバルチームから、主将とか象徴と言われる選手とかを引っこ抜くことをあまりヨシとはしてないのですが、話せば長くなるのでさておく。)

てなわけでぇー!

CLで対戦したばかりのベンフィカから、サンチェスキター!!
たしか、すかぱの解説で良平さんが注目選手に挙げていましたね。
ドレッドヘアに少々たじろいでしまいますが、まだ10代なのですねぇ。コマンのように即戦力になると嬉しいですが、そうでなかったとしても、慌てずじっくり育てる心づもりかも知れません。

[追記]
なんとなく寝トボけたことを申しましたが、彼は1st legでコスタの下敷きになった選手であった。

毎度、対戦相手のことは見えてないので、このサンチェスのこともよく覚えてないのですが、タフに動き回っていて良い選手だったような気がする…。ホメホメ記事見てその気になってるだけかも知らんが。。

さらにー!
いや、さらに、というか、むしろこっちがメイン。もう織り込み済み情報ではありますが、ついに公式発表!

フンメルスがバイエルンに帰ってクルー!!!!!

お帰り!お帰り!\(^▽^)/
すっかり立派になって、よくぞ戻って来てくれた。
もっとも、俺を見放したバイエルンは許さん、一生ドルトムントに心臓を捧げるんだぜ、と大見栄を切る男気があっても、それはそれで好みではありますが。 


「ファイト一発!」

ファンブイテン退団以後、イケメン選手に恵まれなかったバイエルンですが、ついにスタンダードなイケメン選手の加入です!来シーズンの海パンモデルは決まりね

復帰記念に、バイエルン時代のカーンやファンボメルとのカラミフォトでもないもんかと思って探したのですが、あの頃はあまり1軍にはいなかったので見つからず…。


ヤンゼンと。


ドルトムントに移籍直後。

イラストもこれしか描いた記憶がない…

なんと9年前でござった。今はここに描かれてる選手の誰ひとりチームに残ってませんが(涙)、右のスミッコのフンメルスがいよいよ帰って来るのね…。(フュルストナーはどこにいるんだろう)

レンタルで修業に出したつもりが、完全移籍で放出してしまったのはクリンスマンとバイエルンのミスだったのだろうと思います。
これで失われた8年分の穴を埋められる、と良いのだけど。
しかし、前にも言いましたが、フンメルスの復帰が、バトシュトゥバーを冷遇することにつながるのなら、それは許しがたい。
もっともスペランカー・バトシュトゥバーが戦力として計算が立ちにくい選手であることも否定できないわけで(涙)
だからそこは、ボアテンク・フンメルス・バトシュトゥバー&ハビでうまくローテーションすればいいのよ!頼むよアンチェ!

フンメルスとサンチェス、2人とも、2021年までの契約です。
最近契約更新した選手も(おっさんシャビアロンソを除いて)みんなこの年ですね。実際は延長とか移籍とかあるので、2021年になって一斉に人事異動が起きることはないのでしょうが…。
ともあれ、来シーズンからの活躍が楽しみです! 

コメント

デヨンクもスハールを落っことす!

2016-05-10 15:51:03 | PSV

というわけで、奇跡の逆転優勝を飾ったPSVであります。

エールディヴィジのスハールと言えば、ステケレンブルフ(アヤックス)、ブリント(アヤックス)、ズート(PSV)、と、やたらと落っことされておりますが、このたび、またも!我らのデヨンクが落っことしたー!

アヤックスの方が優勝の可能性は高く、スハールはてっきりあちらに行ってるものと思っていたのですが、こういう時の為に?なんと予備のスハールが用意されておりました!
そのまま敵地で表彰セレモニーが開催されます。ズヴォーレの皆さんなんかスミマセン…


セルフィー祭り

 

(キャプチャ画像です)


PSVのアイコン、ファンデルクイネンさん自ら、カメラ映りを無視して(笑)スハール授与!


ばんじゃ~い☆
これまた、カメラ映りを無視(笑)キャプテンが見えねぇーよ(笑)


こんな感じでーす

と、その時!

ルーク、スハールを落っことす!


すかさず飛び下りて拾う。


デヨンクは「みんなも下りてこいよ!」というジェスチャーをしてるっぽいのですが、みんな壇上で浮かれまくってて、全く気にせず。
で、そのまま1人で掲げ直すのであった。


絵面はこうなった。これはこれでなかなかイイ感じ。


そう言えば去年のキャプテンはヴァイナルドゥムなのだった、と改めて思うほど、デヨンクキャプテンの収まりの良さよ…。 


「ビールいかあっスかー」

他にも画像や動画は沢山アプされていて、アイントホーフェンに帰るチームバスの中の盛り上がりっぷりも楽しいのですが、全部checkしてキャプチャして加工して、とやっていたら時間がいくらあっても足りないので割愛。(バイエルンのcheckもまだ済んでないというのに…)しあわせ過ぎる。

フィリップススタディオンでは大群衆がチームを出迎え!


もみくちゃ

 

いや、ちょっとこれは危ない(汗)

どのタイミングなのかはっきりわからないのですが、スハールはその日のうちに本物が渡されました。


(キャプチャ画像です)
ビールをたっぷり浴びた予備スハールも無事に返却されました。

[追記]その後、予備のスハールは熔解処分されたもよう。スハールが重複して存在するのはよろしくない、とのことで、毎度のことだそうです。そりゃまあそうだけど、なんかもったいない気が…

コメント (2)

PSV優勝!!!!!

2016-05-09 00:21:51 | PSV

まだバイエルンのブンデス史上初4連覇優勝!の話もしないうちからスミマセンです(汗)

いや~だって、あまりに劇的過ぎて感動過ぎて…。。(;▽;)

PSV、最終節にして、奇跡の大逆転優勝!!!!!

前々節32節終了時で首位アヤックスとポイントで並んだものの、得失点差で6点もの開きがあり、前節33節では、アヤックスが勝つだろうことを前提として、PSVが1位になるためには、最低でも6-0で勝つ必要がありました。
果たして!なんと堂々の6得点!
がっ!
2点も失点してしまい、しかも裏の試合でアヤックスが4-0と快勝してしまったために、結局得失点差の開きは変わらぬまま…。
楽しい大量得点祭りなのに、こんなに気分が盛り上がらない試合は経験したことがありません(´Д`) 
だけど、あきらめずに、本当に6点も取って、やるべきこと以上のことをやった彼らは素晴らしかったです。特にマヘルがゴールを決めたことは嬉しかったです。

そして!いよいよ迎えた本日の最終節!

降格ゾーンのデ・フラーフスハップにアヤックスが取りこぼすとは思えず、いっぽうPSVの相手は難敵ズヴォーレ。しかも、6点差以上で勝たねば…
あまり期待せず、まずはとにかく、きちんと勝つだけ。

試合途中でアヤックスが先制した、という知らせが入り、なんとPSVは7点が必要な状況に。
さすがにそれはちょっと難しい。
とりあえず勝とう、いろいろ考えるのはそれからだ。
ということで、前半に2点先取。
そして後半、場内が沸き、アヤックスが失点したことが伝わります。
まさかの奇跡に胸が躍る中、失点…。どないやねん!と思うやいなや、すかさずルークが取り返し、3-1に。

ダイナミックな試合でしたがPSVは無事に勝利。アヤックスの試合でその後ゴールが入った、という情報は来ていません。

スタンドの観客、メンバー外の選手たち、そしてピッチ上で選手や関係者たちがスマホを覗き込んで、アヤックスの経過を必死に追っている数分間は本当に、見てるこっちもドキドキして、すごい緊張感でした。

 
 

そしてついに、そのままアヤックスがドローで終わった瞬間、PSVの優勝が決まりました!!


サポ席へ猛突進!

おめでとう!おめでとう!ありがとう!

もちろん、バイエルンが文字通り最後の一瞬ですべてをひっくり返した2001年ブンデスリーガには叶いませんが、今回のこれもまた、歴史に残る、劇的な逆転リーグ優勝のひとつに加えてもいいのではないでしょうか?
(PSV的には得失点差で優勝したという07年の方がさらに劇的だったのでしょうか?スミマセン当時のこと知らないもので…(^^ゞ) 

誰がこんな展開を予想したでしょうか。アヤックスとの直接対決に敗れた時、今年はダメか~。とあきらめてしまいました。
だけどやっぱり、よく言われることですが、どんなことでも起こり得る、のですねぇ。
大切なのは、あきらめないで最後まで戦うこと。表彰セレモニーで流れるベタなアノ歌の一節、We'll keep on fighting till the end~♪なのであります。
決してあきらめない。げばげば、じゃなくて、ネバゲバ、なのであります。

滅多に起こらない、美しい瞬間を目撃できて幸せです。
ニホンのTVで放送しないのがつくづく残念でなりません。

ほんと、夢のようです。素晴らしいシーズンをありがとう!PSV! 

コメント (2)