ランダム・メモランダム 3

FCバイエルン・ミュンヘンとマルク・ファン・ボメルを応援しています

6節:ケルン対バイエルン

2014-09-30 20:36:16 | バイエルン・ミュンヘン

前のlogに書いた、バイエルンの宿泊ホテルでの火災報知トラブル、なんと爆弾警報だったそうです!爆破を予告する電話(?)がホテルに22時半ごろかかってきたそうで…。(Bildより)
結局イタズラか何かで、爆弾は見つからなかったので警報は解除されたようですが、しかし、ますます笑いごとじゃないやんか((゜д゜;))) 

さて

天下分け目のルールダービー!
 (bundesliga.deより)

 
 

ブンデスリーガ公式も注目する日本人対決!

そしてオランダ(sport1)ではなんと!ファンボメル親子がスタジオ解説!
 
 
  

トーク番組的な雰囲気ですが、いちおう試合のビデオを見ながら「カガワが~」とか言ってました。ファンボメルの口からカガワ言われると、不思議な気持ちになります。
バイエルン戦の話もちょこっとしてまして、怪我人が多いことを嘆いている風でした。もっとも、なにせ人名しか聴き取れなかったので、たぶんそうだろう、という勝手な想像ですが…。

それはさておき
いや、ルールダービー自体は見てないのです。興味はあるけど愛はないので…
そんなルールダービーの裏で行われたバイエルンの試合です。

14年9月27日 ブンデスリーガ 第6節 ケルン 0-2 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ

交代:ダンテ(3)(55ボアテンク)、ベナティア(3.5)(55ミュラー)、シャキリ(76ロッベン)
サブ:レイナ、ホイビェルク、ローデ、ピサロ

得点:ゲッツェ(19ミュラー)、ハルファー(66オウンゴール・ゲッツェ)
カード:なし

MoM:ゲッツェ
今節のベストイレブンにゲッツェ(2回目)、ミュラー(2回目)

 


これぞまさに「ザ・どんがらがっちゃん☆」。

「むひょひょ、もうけ~♪」

遅ればせながら録画したものを見ましたが、個人的には、前節の大勝したパダーボルン戦よりいい試合だったんじゃないかと思います。
選手たちそれぞれが自分の持ち味を発揮できていたように見えました。


特にやっぱり彼の好調は欠かせませんわ~。ゲッツェとの呼吸は見ごたえありました!


思わずペップも勝利のフラメンコを踊るよ~。「変なおじさん」ではありません。(どっちにしてもうそ)


ケルンのシュテーガー監督って、こんなコメディータッチなお姿だったとは。赤いメガネが最高にイカしてます☆

そしてこの試合でのシャビ・アロンソのボールタッチが206ということで、昨シーズンの我らのチアゴの記録185を大幅に超え、ブンデスリーガ新記録更新です!!素晴らしいわ!今回もチームの心臓として貢献してましたものね…
(メディアによって数字が違います。アロンソのは204とかチアゴのは187とか)

ところで
(埋め込みリンクではありません)

もはや欠場が当たり前になってしまっている(涙)我らのシュヴァインシュタイガーですが、同じ日にローマの試合を観戦に行っていたそうです。
ロッカールームでトッティやデロッシと挨拶を交わしたもよう。

それにしても、復帰の目がまったく見えませんね…。
CLでストロートマンとの「ファンボメルの弟子対決」をそれはそれは楽しみにしているのですが、この分だと2人ともダメそう…(泣)

コメント

防災訓練?

2014-09-30 08:52:13 | バイエルン・ミュンヘン

先日のリーグ戦でがっつり首位固めに成功し、ゴキゲンのバイエルンミュンヘンです。
そのままケルンからCLの試合が行われるモスクワへ直行。

5つ星ホテルのリッツ・カールトンに宿泊です。

ところが
着いた早々、その5つ星ホテルでハプニング発生!
夜の何時頃でしょうか、おそらく9時くらいではないかと思われますが、ホテルの火災報知機が作動!
バイエルン御一行様も近くのレストランに避難する事態に。


話題沸騰!尼さんコスプレのようなおくるみロッベン

と、カメラを回したり写真を撮ったりニコニコマーク付きのtweetしたりする余裕のあることからもわかるように、現場は危機感ゼロだったもよう。

1時間半ほどして安全が確認され、ホテルに戻ったらしいです。
選手たちはともかく、スタッフさんたちは後処理に大変だったかもね…。

一夜明けてトレーニング。

 
 

ノイアー、前夜の騒動について「学校でやった防災訓練みたいだったよ」。
学校の防災訓練がのんびりまったりしたものだというのは世界共通なのね~、と思った次第です。
今はどうだか知りませんが、自分が小学生ぐらいの時の防災訓練は実にダラダラしたものでした(ダラダラしすぎて校長先生が注意したこともあったけど)。

がっ
誤報(?)とはいえ、今回のは訓練ではなかったわけで…。
昨今、たび重なる自然災害の折、避難の重要性を痛感している日本国民としては、このノホホンとした空気に違和感がなくもなく。
まぁ、何事もなかったようですので(避難している間に貴重品が部屋から盗まれる、ということも含めて)、それが何よりでした。
今夜の試合も無観客試合という、これまたイレギュラーな状況に置かれることになりますが、後から「いろんなことがあったけど無事で良かったね」と振り返れるように、 終わりよければすべてよし、家(ミュンヘン)に帰るまでが避難訓練です、の気持ちでひとつ。(だから訓練じゃないし)

コメント

7節:ヘーレンフェーン対PSV

2014-09-30 01:36:00 | PSV

14年9月28日 エールディヴィジ 第7節 ヘーレンフェーン 1-0 PSVアイントホーフェン


交代:アリアス(73ロカディア)、リッツマイヤー(78マヘル)、フルート(81ヘンドリクス)
サブ:パスフェール、イシマト=ミリン、レーマンス、ボリェヴィッチ

得点:Sinkgraven(78Slagveer)
カード: Marzo(33)、ブレネット(69)  Sinkgraven(34)、ヴィレムス(41)、ヨゼフゾーン(67)

具体的にどこをどう痛めたのかちゃんと調べてないのですが、デ・ヨンクが故障で欠場。グアルダードも引き続き。
股関節を痛めたヒーリェマルクは結局母国スウェーデンにて手術することになりました。無事に成功はしましたが、3~4ヶ月の離脱ということで、年内絶望確定です(号泣)。

------
もちろん決定的要因ではありませんが、ヨゼフゾーンが27分頃、完璧なお膳立てからの絶好のチャンスを決められなかったのは痛かった! 

前半のうちに向こうが10人になったのだが、その数的優位を生かせないでいるうちに、要らんファウルでブレネットも一発レッドで退場、結局10人対10人に。
そうこうするうちに消極引き引き作戦のツケでついに失点…


コクー監督も激おこだったそうで・・・

というわけでこうなりました(何故かkicker)

せっかく単独首位だったのに、追いつかれてしまった…トホホ

コメント

5節:バイエルン対パダーボルン

2014-09-25 21:48:50 | バイエルン・ミュンヘン

諸事情により、現在サッカーやハイライト番組を見れない状況ですので、結果だけ・・・
パダーボルンとの(!)首位決戦!

14年9月23日 ブンデスリーガ 第5節 バイエルン・ミュンヘン 4-0 パダーボルン


交代:ラフィーニャ(3.5)(46ボアテンク)、ベルナト(76レヴァンドフスキ)、ホイビェルク(80アロンソ)
サブ:レイナ、ガウディーノ、シャキリ、ピサロ

得点:ゲッツェ(8ミュラー)、レヴァンドフスキ(14ラーム)、ゲッツェ(78ミュラー)、ミュラー(85ロッベン)
カード:なし

MoM:ゲッツェ
今節のベストイレブンにアラバゲッツェロッベンミュラー

サクッとな

いや、試合は見てませんが、公式サイトとかのレポートを見るとサクッと楽勝だったようなので…


きゃぴきゃぴ☆


ロッベンが90分フル出場!(≧▽≦)
これでまた、リベリとかみたいに、後になって「どこそこを怪我しました~」とかいうニュースが出たらどうしよ、と思いましたが、今のところだいじょぶみたいね…。
レヴァンドフスキはバイエルン選手として、アリアンツアレーナでの初ゴールだったそうです。


「復調おめでとー、チュッ」 あら("▽")


♪ブンチャッチャ♪ 


ローデ、右SBだったの?

試合のツボがわからんので、写真も取り上げにくい…

そんなこんなで

単独首位!!\(^∀^)/ よっしゃっ。
いざここから!3連覇へ向けて首位街道まっしぐらでいー!
(それにしてもパダーボルンは一気に順位が落ちてしまったことよ…)

パダーボルン監督のコメント(バイエルン公式より)
「今日はここに泊まって、明日全員でオクトーバーフェストに行くよ。」

というわけで

堪能したようです(^ー^)

コメント (4)

6節:PSV対カンブール

2014-09-22 00:21:24 | PSV

本題とは全然関係ありませんが、紹介する機会がなさそうなので無理やりねじこむ!(笑)

昨日(20日)、オクトーバーフェストが開幕しました。さっそく奥たんとビールを飲みにやってきたファンボメルであります。

 

クゥーーーーーーーーーーーーーーーーーっっ(←カビラ風に)
いくつになっても恋女房! 

肩を抱く手ともたれ具合がたまりません。うらやましすぎるよ奥たん…。。奥たんの顔に自分の顔をコラしたい欲望を必死に抑えるコリアンダーであった(←キモいわヤメレ)

Σ(゜∀゜)はっ

失礼しました。どうもファンボメルの話になるとすぐに理性のタガが外れてしまうのでありんす…
PSVの試合結果であります。まずは先日のELから

14年9月18日 UEFAヨーロッパリーグ グループE PSVアイントホーフェン 1-0 エストリル・プライア


交代:ヨゼフゾーン(65ロカディア)、リッツマイヤー(74マヘル)
サブ:パスフェール、イシマト=ミリン、アリアス、フルート、ボリェヴィッチ

得点:デ・ヨンク(26PK)
カード: セバ(61)、エミディオ・ラファエウ(85)、マノ(85)、バス(90+3)

試合レポはこちら(UEFA.com日本語版)

グアルダードは故障で欠場したようですが、その後ヒーリェマルクも故障したそうで…。。。(汗)
アンカーどうするのか、と思ったら、ヘンドリクスが務めているようです。
ところでミリンくんは、UEFAでは「ミラン」と表記されているのですがどっちなのかな?フランス語圏のヒトならMirinと書いてミランと読むかも知れませんね。お国がどこだったか忘れたが、クラブはモナコからのお借り入れです。

----------

そして、先ほど行われましたエールディヴィジの試合です。

今節はフェイエノールト対アヤックスの「デ・クラシケル」があったのです。オランダはもっぱらそちらを盛り上げるわけですが…
Jスポさんの放送は案の定というかなんというか、「ヘラクレス対トゥエンテ」…。まぁ宮市くんのトゥエンテ初スタメン、という見どころはあったみたいですが...。

14年9月21日  エールディヴィジ 第6節 PSVアイントホーフェン 4-0 カンブール


交代:リッツマイヤー(75ヨゼフゾーン)、フルート(81デ・ヨンク)、ボリェヴィッチ(87ナルシング)
サブ:パスフェール、イシマト=ミリン、ロカディア、アリアス

得点:デ・ヨンク(21マヘル)、ヴィレムス(37ヨゼフゾーン)、ブルマ(78マヘル)、マヘル(80ナルシング)
カード: Bijker(21/41)  ヴィレムス(13)

 

マヘルたんが活躍するのはむっちゃ嬉しいです(^ー^)。ファンボメルがそのポテンシャルを買ってた選手で、背番号も継いでることだし。
相手が1人少ないのにも助けられたのかも知れませんが、終わってみれば快勝!(^▽^)
しかも期待の若手フルートやリッツマイヤーが出場したり、ボリェヴィッチがファーストチームデビューしたりと、いいこといっぱい!リッツマイヤーは古巣(レンタルだったけど)との対戦です。


(何故かkicker)
やったね!単独首位!(赤字は試合中につき未確定)
とはいえ振り向けばアヤックス&昨シーズンのダークホース・ズヴォーレ…

どうでもいいおまけ

オクトーバーフェスト初日。カーンの元カノ&エッフェンベルクの奥さん

コメント

4節:HSV対バイエルン

2014-09-21 00:57:39 | バイエルン・ミュンヘン

オクトーバーフェスト、開幕でーす!

 
新しい市長さん(?)による樽開き。

 

 

14年9月20日 ブンデスリーガ 第4節 ハンブルガーSV 0-0 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ

交代:アロンソ(3.5)(53ホイビェルク)、ゲッツェ(61ラフィーニャ)、レヴァンドフスキ(66シャキリ)
サブ:レイナ、ベナティア、ローデ

カード: アルスランN・ミュラーベーラミノイアー

MoM:ベーラミ
今節のベストイレブンにベーラミ (スミマセン、ちょっと嬉しいかも(^^;ゞ)

スタメン予定だったものの、直前のウォームアップで痛めて急遽メンバー外になってしまったロッベンのことが心配です・・・・・・・

 

HSVはスロムカ監督が解任され、U23監督のツィンバウアーが昇格しました。


(※キャプチャ画像です)

昇格チームのパダーボルンにさえ負け、kickerに無視されてしまう程?へっぽこ最下位HSV相手に、メンバーをローテして臨んだバイエルンでしたが、なんともしょぼい試合で限りなく負けに等しいがっかりスコアレスドローに終わってしまいました。
ロッベンが突然欠場になってしまったのは確かに誤算だったとは思いますが…。しかしそれならそれで、素早く切り替えるのがプロちゅうもんでしょう~。監督だけじゃなくて選手もよ。


ミュラーのこの冴えない表情が象徴しているような

TVでLIVE中継がなかったためネット観戦でした。ネットで見るとどうしても集中できず、3割減で試合がつまらなく感じてしまうのでありますよ。
明日夜(!)のFOXさんの超ディレイ放送もたぶん見れないので、言いたいことは沢山ありますが、今回はこれまで。

追記

 

「パダーボルンにさえ」とか言ってすみませんでした!堂々の首位チームでした。。。。。(暫定だけど) 

コメント

CL:バイエルン対マンC

2014-09-20 02:02:10 | バイエルン・ミュンヘン

わたくしごとですが


今年のカタログがキタ―(゜∀゜)―!


まずはドイツ代表、W杯優勝おめでとう!ゲッツェのゴールシーンに写ってるのが元バイエルンのデミチェリスというのがなんとも…


今シーズンの選手紹介はひとりひとりのポーズが更にアクティブに。ヴァイザーイカす!(≧▽≦)y
アロンソ、ベナティア、そしてどさくさにまぎれて(?)こっそり加入したクルトは間に合いませんでした。
ちなみに、以前背番号が23から24になった、とお伝えしたヴァイザーはこの後、そのクルトに24番も取られ、結局30番になってしまいました…もうワケわからんし。

というわけで、いよいよCLも開幕でーす!

2014年9月17日 UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグE バイエルン・ミュンヘン 1-0 マンチェスター・シティ

kickerからのキャプチャ画像でどぞ(ポチすると大きくなります)

交代:ロッベン(76ミュラー)、ピサロ(84ラフィーニャ)、ダンテ(85ベナティア)
サブ:レイナ、ホイビェルク、ローデ、シャキリ

得点:ボアテンク(90ゲッツェ)
カード: ジェココンパニークリシーデミチェリス

MoM:ボアテンク(kicker)(UEFA)

なんでフォメ図をスクショしたのかと言うと、kickerさんの並びがあんまりぴんとこなかったのですが、さりとて、自分で描くのもぴんとこなかったので…。ようは丸投げです(汗)

リベリー、せっかく復帰したばかりなのに、膝蓋腱を痛めたとかで、再離脱です(涙)シュヴァインシュタイガーと同じなので、シュバと同じくらい長期離脱の恐れもありますが…。。現時点では明らかになってません。

 

その代わり、ではないですが、満を持して!我らのロッベンが復帰です!!!\(^▽^)/ お帰り!待ちかねたわ!

引き締まったなかなかいい試合で、ボアテンクが90分にスーパーゴールで勝利をもぎとりました。
かなり押していたバイエルンでしたが、マンCGKのハートがファインセーブを連発するので点を決めきれませんでした。報われてよかったわ… 

 

バトシュトゥバーへの励ましバナー。
UND WENN, DU FÄLLST, HELFEN WIR DIR WIEDER AUF! IMMER WEITER HOGER!
本人も感激して、御礼のつぶやきをしてましたね。
それにしても
66分頃、何か図ったかのように、これを掲げていたように見受けられましたが、この時間に何か意味があったのでしょうか…??

 

 

ベルナトとベナティアはこれがCLデビュー。ベナティアはバイエルンデビューも兼ねてましたので、緊張でアワアワになったりしないかしら、と思いましたが、落ち着いてこなしてたのでほっとしました。
ローマの会長と憎まれ口の叩き合いをしたりとか、辞め方が気に入らんとかでロマニスタからずいぶん嫌われてるようですが、その分ウチでかわいがってあげるからね~。だからクロースもレアルサポにかわいがってもらえますよーに…(´・ω・`)

コメント

3節:バイエルン対シュツットガルト

2014-09-16 17:00:55 | バイエルン・ミュンヘン

14年9月13日 ブンデスリーガ 第3節 バイエルン・ミュンヘン 2-0 シュツットガルト

kickerの採点も合わせてどぞ
 
交代:ガウディーノ(3.5)(43バトシュトゥバー)、リベリー(68ゲッツェ)、ピサロ(87レヴァンドフスキ)
サブ:シュタルケ、ベナティア、ローデ、シャキリ

得点:ゲッツェ(27)、リベリー(85レヴァンドフスキ)
カード: アロンソロメウコスティッチ

MoM:アロンソ(´∀`人)

  

期間限定・ナンバー1胸ロゴがガーリーすぎる件・・・

 

 
リュディガー「俺のパンチラ着こなしテクも取り上げてくれよ~」

 
ペップ「俺の腹出しベスト着こなしテクも~」

 
リベリ「俺のパンツコレクションも~」

…う~ん…

 
アロンソのプロフ動画が完成しました☆

 
アイデアを出す時はアタマをつるつる。一休さんか。

 
 
 
テニスプレーヤーとの手つなぎフォトがパパられたシュヴァインシュタイガーであります。今のところ本人から何のコメントも出てないので事情はわかりませんが、個人的に、サラと別れたのではなく、浮気か二股ではないかと思っております。隅に置けませんなむふふ。

 
ロッベンのお子ちゃん。W杯で号泣してたのはルカ君じゃなくて次男くんだったようですね。名前忘れちゃった。

 
キャッツアイがお宝を盗んで行ったらしい(うそ)(ポチすると大きくなります)

 
シュヴァインシュタイガーにアイスバケツチャレンジの指名を受けたサポーターズクラブ。
氷水はかぶらずに、会場で募金活動をする旨を表明しておりました。
字が隠れてしまって読めませんが、「ヴァイスビアーチャレンジは5月にあるよね」とでも書いてあるのかしら?優勝して、ヴァイスビアーかけをしようぜ!という意味かと。

 
この日はミュラーの25歳の誕生日!バースデーゴールは決められませんでしたが、チームの勝利でお祝いです。

 
やっぱゲッツェうまっ!

 
リベリもさすがの復帰弾!

 
ドイツ語が不得手なベナティアのために、通訳をしたり面倒みたりしているようです。かつてファンブイテンにしてもらってたように…

 
前節はローデに対してあれこれ言いましたが、この試合を見て、アロンソこそがワタシにとってのポスト・ファンボメルなのだと思いました。
広い視野、キレイなクロス、引き締まった守備、存在感。チームの心臓でした。見てて胸がキュンキュンしましたよ
ちょっと危ないタックルでイエローもらったりもしてましたが、基本的にはクリーンで、そこがファンボメルと少し違うところかも知れません。審判と遊んだりもしてないし。まさに「きれいなファンボメル」…
まぁ今回、パスのつなぎとかがいつものようにサクサク行かず、長めのボールが多く、ちょっとなつかしい感じがしましたので、そう見えたのかも知れません。
ケッ( ̄Д ̄)アホか、と思われることでしょうが、痛いボメラーのたわごとですので、苦笑いしてスルーしていただければ。

コメント

バトシュトゥバー、三たび長期離脱

2014-09-16 01:37:58 | バイエルン・ミュンヘン

-Sie waren nach zwei Kreuzbandrissen 594 Tage in Reha. Ist die Verletzung so schmerzhaft, wie man sie sich vorstellt?

 

つい先日アプされたインタビューでこんな表情をしてみせたバトシュトゥバーでしたが、またも怪我をしてしまいました(号泣)。

ご存じ、土曜日(9月13日)のシュツットガルト戦で故障、当初ペップは「そんなに悪くないみたいだ」と言ってましたが、検査の結果、左フトモモの腱を断裂、手術が必要、長期離脱の恐れ、と・・・・・・・(号泣)

具体的な離脱期間はクラブからは発表されてませんが、ドイツメディアの見立てでは大体3ヶ月ぐらいだそうです。
年内絶望は間違いなさそうですね…

2度の十字靱帯断裂、W杯断念、というつらい時期を乗り越え、20ヶ月ぶりに戦列復帰、復活のシーズンになるはずでした。
それを今回の再負傷…。
リアルでウルッときそうになりましたが、泣かずに済んだのは自分が冷血のため…、も、ありますが、古傷の膝ではないことと、半年や1年がかりの怪我ではないこと、何より、本人の前向きなコメントに救われたからであります。

「もちろん今この瞬間はとてもガッカリしている。でもどうやってこうした状況を乗り越えればいいか分かっている。心配はしないで。また戻ってくるし、諦めたりはしない」バイエルン公式

„Natürlich bin ich in diesem Moment sehr enttäuscht“, erklärte Badstuber gegenüber fcbayern.de, „aber mittlerweile weiß ich ja, wie man mit so einer Situation umgeht. Macht euch keine Sorgen! Ich werde wiederkommen und dann dort weitermachen, wo ich mich jetzt nach meiner langen Verletzungspause hingekämpft hatte. Ich gebe nicht auf!“バイエルン公式(独)

「心配しないで。僕はあきらめない!Ich gebe nicht auf!」
いつの間にそんなにたくましい強い子になったのホルガー、と思うと、違う意味でまたウルッときそうになりますよ…。。

(※埋め込みリンクではありません)

毎度おなじみ眉間の縦ジワはいかんとも、ですが、本来は能天気な明るいキャラクターなのだろうと思います。
1年半ものリハビリに耐えたんだから、それに比べたらなんてことないよね。まだまだ若く、時間もたっぷりあることだし。
慣れてないかも知れないハビと励まし合って…。
しっかり治して元気に戻って来るのを、わたし待つわ。みんな待つわ。

コメント

5節:ズヴォーレ対PSV

2014-09-14 23:56:35 | PSV

14年9月13日 エールディヴィジ 第5節 PECズヴォーレ 3-1 PSVアイントホーフェン

 
交代:ロカディア(18デパイ)、ヒーリェマルク(46マヘル)、ヨゼフゾーン(86ヴィレムス)
サブ:パスフェール、イシマト=ミリン、ブレネット、ヘンドリクス

得点:デ・ヨンク(32PK)、Drost(40Lam)、Broerse(64)、Rienstra(87)
カード: Broesre(32)、Lam(61)、ヒーリェマルク(63)、ブルマ(90)

 
移籍マーケット最終日に獲得したイシマトが初めてメンバーに入りました。

 

せっかくデヨンクのPKで先制したのに負けちゃった。

 

 

 

デパイのことが心配です。月曜日にスキャン撮るそうですが、どうか大事ありませんように…(汗)


(何故かkicker)負けてズヴォーレに並ばれたものの、得失点差でかろうじて首位キープです。

・・・
このままではlogとして面白くないので、間違ってアップロードしてしまったファンボメルのキャプチャ画像でもどぞ
(いやホントに間違えたんです、ワザとじゃないんですマジでマジで)
 (^ε^ )~ ←よせ

パク・チソンのドキュメンタリー番組が先日オランダFOXにて放送されたらしいのですが、その予告編に一瞬出て来ました。「チソンはなんちゃら」と、思い出を語っているようです。本編はもちろん見れません。

【9月15日追記】
デパイの診断結果出ました。鼠径部の筋繊維断裂(?)で6~8週間のアウト、離脱期間には個人差があります、とのことです・・・・・・(泣)

コメント