ランダム・メモランダム 3

FCバイエルン・ミュンヘンとマルク・ファン・ボメルを応援しています

休暇中・・・

2013-06-15 02:38:22 | 日記

御来訪ありがとうございます。
当blogはただ今一時休止中です。

 
リラックス。(注※ニセモノですよ)  

コメント

ひとまず休息

2013-06-09 18:56:35 | 日記

 

なのです。
薄々感づいてる方もいらっさると思いますが、オフシーズン中はblogを休みます。

正式発表がされた。火曜日にアリアンツ・アレーナで行われた記者会見でコリアンダーは、ブロガーとしてのキャリアはひとまず続けない、と発表した。「まずは休暇を取る。休息を取り、プライベートなおばさんになる」とコリアンダーは説明した。

さらにコリアンダーは「FCバイエルンとファンボメルブログの仕事でものすごいエネルギーと体力を消費した。特に最後の数週間はとても厳しく、限界まできていると感じていた」と明かした。「いろんなことに興味がある」とコリアンダーは話し、しばらくはプライベートの生活を大切にしたい意向を明かした。

もちろんU-21EUROもコンフェデ杯も、見れる範囲で見ますが、blogは書きません。

あいや(汗)、もちろんユプさんのように「休息という名の隠居」とか、1年とか、長々休むつもりはありませんで、大体7月いっぱいぐらいまでの見込みです。
スミマセン大げさなことで(^^;ゞ

ファンボメルも引退したし、バイエルンは素晴らしい伝説を成し遂げたし、誰がどう見ても、今が潮時だと思うのです。

本当はblog自体を引退するべきなのでしょうが、どうしてもそこまで思い切りがつかず…(汗)

ただ、今のように、日常の全てをblogに充てるような生活リズムはもう改めないといけません。
まずリアルライフを優先させ、余った時間でのんびり更新できたら、と思っています。
そのためには今後このblogをどうするのか、止めるのか続けるのか、続けるならどういう形にするのが自分にとって無理がなく、そして皆さんにも楽しんでもらえるものになるのか、たまりにたまったHDDの整理をしたり映画を見たり本を読んだり家事をしたり(やりたくねぇー)しながら、ボンヤリ考えたいと思います。
それと。さっき某航空会社でポチッとしてしまいました。本当に行けるかどーか見れるかどーかわかりませんが(というかまだ正式発表がない)、ファンボメルにお別れを言いに行く予定ですので、そっちの準備もせなならん…。(ダメダメヒッキー主婦のダメダメ旅行になると思いますので、旅行記とか期待せんでくださると助かります(^^ゞ) 

まぁノープランなワタシのことですから、たぶんどうにもならず、休みが明けてもイケシャーシャーと、今までとなんら変わりないグダグダblogになる可能性が高いですが、そうなったらそうなったで、相変わらずじゃんハハ、と生温く笑ってやってください。

twitterは続けますので、寂しくてたまらんというコアなコリアンダーファンの方は(←いねーよ)のぞいてみるといいかも知れません。twitterをやってなくても見ることは出来ます。ほったらかしですが、つぶやきをまとめたblogもあります。blog休んでる分、しょうもないつぶやきの量が増える予感・・・。

 
グループ2位(プレーオフ進出)以上確定おめでとう!夢のようなシーズンの最高の締めくくりになりましたね。
でもどうせならやっぱり本大会ストレートIN! 

ではまた!12/13シーズンもお世話になりありがとうございました!皆さまも良いオフシーズンをお過ごしください。チュース!(^^)/

 

コメント (13)

さよならの代わりに

2013-06-07 02:24:13 | バイエルン・ミュンヘン

注※モモエちゃんネタではありません。

 

DFBと紆余曲折を経た上に(←余計なこと言わんでよし)、結局自分でプロデュースすることになったバラックの引退記念試合が、ついに行われました。
そうそうたるメンバーが集まってくれましたよ。いいな~ブラッツォ。フリンクス。クローゼ。 
確執があったと噂されているレーヴやラームを招待、そして2人がそれに応じたのはとても良かったです。お互い大人の態度でね。

 
しみじみ・・・

 

 
「イヤ~ん」なメルテザッカー(´ー`) どこを必死につかんでるのか。

試合は見てませんが、バラックがこの舞台にふさわしくハットトリック決めたみたいですね。シュナイダーのアシストはじーんと来ました。

正直ワタシは、バラックという人物が、ドイツサッカーにどれだけ偉大なものを残したのか、ということは、実感としてはよく分かってません。クリンスマンが「カピターノ」というニックネームを付けたことなんか、かなり後になって、引退前ぐらいに知った体たらく(汗)。
自分がバイエルンを応援し始めた年に彼はレヴァークーゼンから鳴り物入りでやって来て、その後4年間、「小皇帝」として君臨し、バイエルンのレジェンドプレーヤーとなりました。
なんでもすぐに忘れてしまうワタシにとってバイエルンでのバラックは遠い記憶になってしまい、細かいプレーはあまり思い出せませんが、やはりピッチ上での存在感、チームを勝利に導く力は抜群でした。
まぁバラック自身がバイエルンに対してどう思ってるのかわかりませんけどね…。たぶんステップアップのための踏み台だったかも知れませんが、別にそれでもいいです。 

バラックが退団してからバイエルンは後釜探しに苦労しました。
入れ替わりのような形で移籍してきたファンボメルでさえ、3月頃になって倉敷さんにやっと「"なんちゃってバラック"になったと言ってもいいんじゃないでしょうか」という、かな~りまわりくどい表現で言われただけです。
結局バイエルンはついにバラックの穴を埋めることが出来ないままでした。それだけ唯一無二の選手でした。

ワタシとしては、バラックの代わりではないものの、ピッチ上での存在感とリーダーシップではバラックにひけをとらない(それ以上だと思ってますが、そこは100%ファンのひいき目です(^^ゞ)、バイエルンのキャプテンとなった「なんちゃってバラック」ファンボメルと、「本家」バラックとの対戦がものすごく見たかったです。
バラックがレヴァークーゼンに復帰した10/11シーズンが最後のチャンスでしたが、前期はバラックが怪我で長期離脱してしまい、後期はファンボメルがバイエルンを退団してしまって(泣)、結局その夢は叶いませんでした。 

しょうがないので妄想らくがき…

 
黒髪モジャ毛カピテンズ・・・

ドイツ代表での話は言うまでもありませんね。06年W杯のキャプテンシーは素晴らしいものでした。

ピッチ外での話はまあ、アレコレあるようですが、それはワタシの守備範囲外ですし…(汗) 

お疲れさまでした。
今後はどうするのかな。指導者になるとかいう話はあまり聞いてない気がするので、TVの仕事とか実業家とかになるのかな。 

----------

このたびバイエルンを退団、ゼニトに復帰することになったティモシュク。
4年前にバイエルンにやって来ましたが、結局思うようなチャンスがつかめないまま、去ることになりました。 

そもそもなんで彼が来ることになったのか、今もって理由がよくわかってません。
当時の監督クリンスマンが欲しいと言ったのかな~?ファンボメルのことをあまり信頼してないぽかったし、取って代えるつもりだったのか…。

しかしティモシュクが来る前にクリンスマンはチームを追われ、ファンハールには「私が欲しいと言ったわけではない」と冷遇され、ライバルファンボメルが退団してチャンス到来と思いきや、今度はファンハールが欲しがったグスタヴォに…。以下略。
どうもバイエルンにいた4年間、サッカー的には殆どいいことがなかった気がしますよ・・・。
移籍の話は何度もあったはずですが、それでもバイエルンに居続けてくれました。

 

そうでなくてもティモシュクに対しては、ファンボメルのファンとして申し訳ない気持ちがありますのです。
移籍が確定する前後「アイツにはベンチがお似合いさ」とあからさまな拒否反応。
それでも入団が決まってからはキャプテンらしく、チームメイトとして面倒をみていたようですが、やはり、プライベートでもいいお友達、とは、とても見えませんでした(汗)。 

そういう事情もあり、スカしたナルシシズムも鼻につくし、どうしてもなかなか好きになることができず、「ウチの子なのに可愛がれないアタシって…」と密かに心を痛める日々でした。

ファンボメルが退団し、諸々のしがらみから解放されてから、やっとその、ナルシシズムも含めた独特のノリがツボにはまって、ティモシュクという存在を掛け値なしに楽しめ、ウチの子として愛せるようになりましたよ。(サッカー面じゃないのか(^_^;))
このたびの退団、心から寂しく思っています。

 

子供はミュンヘンで産まれたし、そして誰もが到達し得るわけではない最高の栄誉も手に入れました。バイエルンでの思い出はけしてネガティブなものではない、と思いたい。
なつかしい古巣でまた新たなキャリアを開いておくれ。キャプテンに返り咲くのかな。草葉の陰で応援しています。
余談ですが、CLとUEFA杯、ダブルタイトル保持者なんですよね…。UEFA杯優勝はバイエルンを準決勝で倒したシーズン・・・カーン現役最後の年・・・そして監督はアドフォカート・・・←うわごと

ありがとうティモ、そしてちょっぴり、ゴメンねティモ。

コメント (8)

契約延長!!

2013-06-06 18:23:27 | Daniel van Buyten

ダニエル・ファン・ブイテン、バイエルンと2014年まで1年間の契約延長!!!!!!

 

おめでとうおめでとう!わーーん嬉しい!

しかもリベリと同時に契約、というところが心ニクいじゃないのさ、わかってるねーバイエルン。 

おかげで2人のラブラブフォトがメディアにあふれてますわ、むっふっふっ

リベリは2017年まで延長です!これはもう、バイエルンに骨を埋める予定ですわね、いやーこれも嬉しい。ありがたい。

と、メインがファンブイテンでリベリがついでという、世間一般からは逆の流れを行く当blogであります(^_^;)

誰ですか、バトシュトゥバーが怪我したおかげとか言ってるのは。
うっ、…認めないわけにはいきません。
がしかし、ファンブイテン自身は、バトシュトゥバーの状況とは関わりなく、残る自信はあったんじゃないかと。
少なくとも、レギュラーであろうとサブであろうとバイエルンに全てを捧げるクラブ愛は、他のどの選手より大きいはずだと確信しています。
今シーズンの前期、厳しい立場にありながらもそれを示し続けて来ましたし、その真摯な態度がクラブにも評価されてきました。
後半戦は出場機会が増えましたが、良いプレーしてましたしね。
なので残留は当然…と言い切るのはちょっとアレですが、でもある程度必然性はあったと。ワタシ個人はそう思っています。 

とはいえ、監督が変わる来シーズン、グアルディオラの構想に入るのかどうかは不安でした。
バトシュトゥバーが長期離脱するとはいえ、どこか他のクラブからCBを買い取ることだって可能ですから。キルヒホフも来るし。
なのでやっぱり、嬉しい、良かった、という気持ちです。 

おめでとうダニエル!(^∀^)

あとはまあ、がんばってアピールして、なるべく試合に出場させてもらって、W杯に向けて試合勘を鈍らせないようにしないとね。

コメント (6)

親善試合:アメリカ対ドイツ

2013-06-06 01:24:46 | ドイツ代表

試合見てないし、あまり見る気も起きないし(すみません)、ハイライトだけ確認してblogにも上げないつもりでいたのですが、採点とか気になってkickerを見たので、ついでなのでデータだけアプします。

13年6月2日 国際親善試合 アメリカ 4-3 ドイツ

どんだけー。と思わず苦笑いしてしまったkickerの採点も合わせてどぞ
 
交代:ヴォルシャイト(5)(46メルテザッカー)、アオゴ(4)(46ヤンゼン)、ヴェスターマン(3)(46L・ベンダー)、クルーゼ(2)(46S・ベンダー)、サム(65シュールレ)、N・ミュラー(79クローゼ)
サブ:アドラー、ツィーラー、ハント、ノイシュテッダー 

得点:アルティドール(13ズシ)、テア・シュテーゲン(16オウンゴール)、ヴェスターマン(52クルーゼ)、デンプシー(60アルティドール)、デンプシー(64)、クルーゼ(79ポドルスキ)、ドラクスラー(81サム)
カード:なし

MoM:デンプシー(アメリカ)

 

信じられないへっぽこミスをしたテア・シュテーゲンですが、どうせ呑気なウルラウブも兼ねての親善試合ですし、アホアホ珍プレー、ってことでいいんじゃないですかね。
ここぞとばかりにヤメレヤメレイラネイラネと叩きまくる姿勢は好かんです。
まあでも、とはいえ、フル代表の器ではない…かも知れませんね。無理して彼を呼ばなくても、候補は他にもゴロゴロいますから… とほほ。 

コメント

ポカールとバイエルン

2013-06-05 02:20:00 | バイエルン・ミュンヘン

本題とはまったく関係ありませんが、日本、W杯出場決定おめでとう!\(^∀^)/
PKを蹴る前、実況アナがあおるのがすごいプレッシャーでしたが(ワタシが)、堂々とど真ん中にぶち込んだ本田の勇気にはシビれましたよ。
毎回、日本が世界で一番早く決めている気がしますが、それが当たり前になってること自体が凄いことですよね。 

 さて

 

ハインケス監督の退任の記者会見が行われました。
引退とは言いませんが、ひとまず向こう1年間はプライベートを優先して休養に当てるとのことです。噂されていたレアルとか、他のクラブでの仕事をすることはないそうです。
…どっかのダッチモジャモジャを連想してしまいますが。いやユプさんは68歳なので理解できるとしてもだな…。
同年代のガットゥーゾとかセードルフとかがなんとやら、と、カルチョをにぎわせているというのに、アンタはのんびり隠居生活してるばーいなのか?! という気持ちがイカンとも。。。

はっ(゜∀゜) 話がそれた。

とにかく、お疲れさま、ユプさん。そしてありがとう。
貴方のバイエルンが成し遂げた偉業は歴史に刻み込まれました。

商魂たくましいバイエルン、またまたちゃっかり記念商品
 

…これでグアルディアオラにプレッシャーが、とかこれ以上の成績を残さないと、とかまことしやかに言われてますが、そこのところどうなんですかね。
バイエルンサポは案外、そんなに気にしてないかも知れないよ?少なくとも、ワタシはそうです。
今のこのチームが成し遂げたことは、これはこれとして、素敵な記憶としてしばらく残しておきたいのです。
個人的には、リーグ優勝は必須ですが、CLはベスト8以上、ポカールはまあ…恥ずかしくない程度に。やっぱりベスト8かな?
で、OKです。ナニゲにハードル高いか(^^;)
チェルシーとのスーパーカップは昨季の決勝の因縁がありますから是が非にでも勝ちたいですが、それはグアルディオラや、ましてモウリーニョとは全く関係ありません。

というわけで、すみません、すっかり遅くなっちゃった。
ポカール優勝・兼・3冠の喜びに沸くバイエルン御一行様の続きです。 

 
無理やり感まんまんのダジャレがクドて逆に意味不明の、Bildオリジナル3冠おめでとうポスター。「ジェローム・ボアペング」って何さ。調べるのもめんどくさいよ。 

ちょっと神経質な一面を見せるノイアー。みんながさんざんチューした後のポカールは・・・
 
フキフキしてから

 
チュー

 
ぐびっとな。(中は空)

 
中身どーぞ。ドバー

 
ファンブイテンのこの嬉しそうな表情(^∀^) 

 
「3冠記念Tシャツはこちらで~す。お値段19.95ユーロ。是非お買い求めを」

 
着用例

 
出たポロネーズ!

 
まだやってる(笑)

・・・・・・。
シーズン通して順風満帆なバイエルンでしたが、どんなにうまく行きそうでも、先が見えても、最後の最後、3冠を決める瞬間までは、絶対に気を抜くまい、と決めてました。
なるべく「タイトルもらった!」「優勝確実!」的なことは極力言わないように心がけたつもり。決定する前からイラストをアプしないようにしてました(その時の備えとして準備はしましたが、内心びくびくしてました)。
だからポロネーズなんてとんでもないことだったのですが、全てを成し遂げたこの日は、もう解禁ですね。ポロネーズもコサックダンスもチロリアンダンスもハーレムシェイクも、何でも好きなものを存分に歌い踊るが良い!(言われるまでもないか)

素晴らしいものを見せてくれて本当にありがとう!みんなお疲れさま!

----------

存分に歌い踊ったシュヴァインシュタイガーが、足首の「関節ネズミ」を駆除、じゃないわ、除去する手術をしたそうです。
さいわいにもそんなに重大なものではなく、1週間ほど安静にしていればいいらしいので、

 
なんだこの楽しそうな様子は。スキーヤーのノイロイター(?)のfacebookより。

すっかりくつろぎきってます。
だけど関節ネズミの除去と言えば、今シーズンゴメスも手術して、復帰に時間がかかっていた気も…。ともあれ、大事にして、シーズンインには元気な姿を見せておくれ。 

おまけ
 
イカすぜ!アフロブラザース!☆
じゃなくて。無理して引っこ抜いていったのにベンチとはどうゆう了見だ!?でもグスタヴォは出場したみたい。

コメント (2)

ポカール:シュツットガルト対バイエルン

2013-06-04 11:04:08 | バイエルン・ミュンヘン

 
(レーダー後ろ向き…)

楽しい楽しい3冠ぱーちーも終わり、三々五々、代表戦やらバカンスやらに向かったバイエルン御一行様です。
バイエルン公式に記事が出てましたが、バカンスのドイツ代表組を除いても、なお11人もの選手が代表チームに参加ということで…。
コンフェデ組が長丁場になるのは織り込み済みですが、気になるのはロッベン。オランダ代表はこれからアジア遠征、インドネシアと中国で試合です。しかも中国戦は11日。
遅い&遠い、あいかーらず選手のことを考えないスケジュールを組むKNVBであるよ(-"-) 去年のEUROから何も反省してない。
バイエルンのシーズンインは今月26日。休みが短すぎて、疲労がたまってまた怪我をしてまたシーズン前半を棒に振るんじゃないかとかなり心配しています。クラブへの合流を遅らせてもらえるといいんだけど。

さて

 
ゆるすぎるベイダー卿(爆笑) 

13年6月1日 DFBポカール 決勝 シュツットガルト 2-3 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
 
交代:マンジュキッチ(62ゴメス)、ティモシュク(83ロッベン)、シャキリ(90+1リベリー)
サブ:シュタルケ、コンテント、ラフィーニャ、ピサロ

得点:ミュラー(37PK・ラーム)、ゴメス(48ラーム)、ゴメス(61ミュラー)、ハルニク(71酒井)、ハルニク(80)
カード: シュヴァインシュタイガーマンジュキッチトラオレボカイビセヴィッチ

MoM:ラーム

 
FCバイエルン伝説のシーズン、最後のスタメン。(忘れてた→)出停が明けたリベリが決勝戦で復帰で~す。 

 

 

 
トサカとヒゲがニワトリのようだと思ったボカ

 
タスキのクリアボールが集音マイク直撃!おかげでものすごい音がしてました。

 
「やったぜラムたん!」…と、

 
ハインケスと抱き合ってるところにファンブイテンが後ろからギュー!サンドイッチになってしまったラーム・・・

 
ノイアーまで加わり、その存在はもはやはみ出てる腕で確認するしかなくなりました。「ふがふが、ぐるじい~(汗)」

いやっははははは(汗)、どうなることかと(^△^;)
さすがにCL決勝の疲労とお祭りホワワン気分が抜け切ってない感のあるバイエルンと、久しぶりのタイトルに向けて休養十分意欲満々のシュツットガルト。
おかげさまでみどころ満載、白熱した好ゲームに…。
それでも3-0になった時は、乗り切れないながらも結局最後には順調に勝ってしまう、今シーズンのバイエルンらしく締めくくるのね、と思っていたら、怒涛の2失点!
岡崎調子悪いんじゃなかったのか!ノリノリやん!ゴートクなんだそのキレのあるプレースキックは!(汗)
1点差に詰め寄られてからのラスト10分+ロスタイムはハラハラドキドキ…(それでもCLの緊張感とはだいぶ違いましたが)。 
しかもその状況でティモシュクの思い出登板!ハインケスの肝の太さ恐るべし!(シンプルに、守備固め策だったかも知れませんが) 

まあでも、ぎりぎりなんとか逃げ切ったバイエルンです。
優勝嬉しい!3冠やった!というより、まず「どひゃ~良かったぁ~~」という安堵の気持ちが先に来ましたよ。
ワタシ的にはもう、ドルトムントを倒して勝ち取ったCL優勝でかなり満足してましたので、3冠はごほうび、別にポカールを失ったとしても今シーズンの栄光が汚れることはない…と思ってたのですが。
しかし、3-0をひっくり返されるようだと、なんぼなんでもカッコ悪すぎるところでした。
やれやれ、なんとゆうか、しっかりしなきゃダメじゃん、相手を甘く見てると高くつくぞ、と、最後の最後に気を引き締め直させることになろうとは(^□^;)

ということで

 すりすり♪

 
優勝~! 

 モエ・・・

 
CL優勝の「パパ ママン」に続き、今度はコドモの名前~!(*´∀`*)

GAORAさんが大会ハイライトVTRとかCMとか入れてる間に、TVカメラに向かって、ここにいないダンテ・グスタヴォ・バトシュトゥバーのシャツをTVカメラに見せたりしてたらしいんですがねぇ。
そして着替えも。 

 
さんざん写真拾ったりしてたくせに全然気付かなくて、別logのコメントでRiberyさんに指摘されて初めて気付きました。
ユニフォームのいつもの胸ロゴ「・T・・・」が「・・・T・riple」になってる!(゜∀゜) (上の写真だけポチすると大きくなります)

以下、お祝いフォト連打ですが、果てしなくなってきたのでいったん切ります。続く。 

コメント

3冠祝勝セレモニー(2)

2013-06-03 08:26:42 | バイエルン・ミュンヘン

 

バイエルンの3冠祝勝セレモニーのキャプチャ劇場の続きです。

バスがノロノロやって来るのを待っている間に、映像が流れます。

 
 

感動的でしたねー!ご存じ、CL決勝前に、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団から捧げられた荘厳な応援歌。(動画
と、

 

3冠を達成したバイエルンに、ダンテからのお祝いアホアホソング。(動画
クオリティの差が凄いですが、バイエルンに対する愛情に差はありません。

市庁舎に到着!

 
誰!誰?モヤッとしててわからんぞ! 

 
意味はないけどイイ感じにキャプれたのでリートミュラー

 
マルティネスの足。どうでもいいものをキャプってしまった…そしてアプしてしまった…

 
意味はないけどイイ感じにキャプれたのでアラバ

 
♪お~おおっお、お~お♪

 
一人ずつ選手が紹介されます。

 
カピテン・ラームはマイスターシャーレを持って後ろ向きに踊りながら登場。副カピテン・シュバはポカールを、シメにハインケス監督がビッグイヤーを持って登場です。

 

 

 
挨拶をしようとするハインケス監督に、ユプユプ、とかピヨピヨ、とか変な調子を入れて、リベリとミュラーが邪魔をしてました。

 
アラバでフンバ

 
ロッベンのスマホケースは奥たんかコドモちゃん?

 
コドモをあやすようにトロフィーを抱えるファンブイテン(´∀`)

 

 

 
ダニエル、今度はビッグイヤーをあやしてる…(´∀`) 

 
ハインケスの顔を像にくっつけようとするノイアー。ノイアーのハジけっぷりは印象深かったです。こんなキャラだったのね・・・

ダイナミック過ぎてどうしてもキャプチャ出来なかったので写真で
 

ビールキター!
ティモシュクがやたらアグレッシブにぶちまけまくってましたが、リベリにぶっかけてもだいじょぶなのかー!?(汗)
それともこれもノンアルコールなのだろうか・・・

 

まあでもリベリは全然怒ってなかったし、仲良く最後までバルコニーに残って遊んでたから、問題なかったでしょう。
ティモシュクは名残惜しかったのでしょうか。このバルコニーからの眺めを、しっかり心に刻んでおいてね…(ノ_;)

で気になってるんですが、何故ピサロがいなかったの??風邪とか?

おわり。

おまけ
 
「WC」。トイレはここです、の印かな?

 

コメント (6)

3冠祝勝セレモニー(1)

2013-06-03 02:35:31 | バイエルン・ミュンヘン

試合の話もまだしない内に、順序が違う&もっとちゃんとしたキレイな写真もメディアにアプされているのですが、せっかく大量にキャプったのがもったいないので。
3冠祝勝セレモニーの様子を・・・


ポカールで優勝して、一夜明けてベルリンからミュンヘンに帰って来たバイエルン御一行様。「空港セキュリティも無事通過!」と、3つのトロフィーのX線写真、だそうです。

パレードは今回はオープンバスを使用する予定だったのですが、あいにくの雨で、やむなく屋根付きに。

 
全然見えん・・・

 
なんとなくクロース。

バスの中では歌ったり踊ったりビール飲んだり、かなり盛り上がっていたようですが、LIVE中継では遠くから撮ってたので、全くわかりませんでした。

 
トロフィーは別にケースに入れてお披露目…ですが

 

 
持ってるジャン。仰々しく先導車に乗せてるのは替え玉か?それともこっちが?

と、突然ティモシュクが!

 

「ゼニトに行きま~す☆」って、ええええええ!!!

いやゼニト復帰それ自体はだいたいわかってたので、そんなに驚くことではないのですが、何が驚いたって、パレードの真っ最中にツイートしたことよ!!
この写真がいつのものなのかも知らないし、アタシゃ思わず、ティモシュクはバスに乗ってなくて、ベルリンからロシアに直行してしまったのかと早とちりしてしまうところでした・・・。。
最後までマイペースのティモシュクらしいですが、そこが逆に切なくなってしまったり(;_;) 

 

 
バトシュトゥバーが帰って来てました!
まだ松葉杖を使ってますしバルコニーで騒いだりすることが出来ないのか、市庁舎で待機。一足先にファンに挨拶です。

続く。

コメント

MIA SAN TRIPLE !

2013-06-02 10:56:08 | バイエルン・ミュンヘン

 

3冠達成!!!

 

我らのFCバイエルン、ついに歴史を作りました!

おめでとう!おめでとう!おめでとう!ありがとう!ありがとう!ありがとう!

祝賀パレードは日本時間21時半からですよー!

コメント (4)