ランダム・メモランダム 3

FCバイエルン・ミュンヘンとマルク・ファン・ボメルを応援しています

よいお年を2012

2012-12-31 00:40:08 | バイエルン・ミュンヘン

 

いや特に深い意味はないんでござんすが(^_^;)。
ファンボメルは今年の前半まではミランの選手だったのですが、来年になったらもう「今年のトピック」として語ることは出来ず、過去の話になってしまうので、記念(?)に。今年の誕生日に向けて描いたものを、上半身がゴツすぎたので若干手直ししました。(ポチするととても大きくなりますのでご注意下さい)

 

…。今やすっかり中堅チームレベルに落ちてしまった感のあるミランですが、なんだかんだ言って最終的にはCLプレーオフ出場圏内の3位以内には滑り込むんじゃないのかな~とかワタシは思ってるんですが。
この冬ロビーニョとパトが売られるんじゃないかとか言われてますが、パト…。どうせこんなことになるんなら、なんで1年前…そうすれば今頃もっとフトコロがあったまっていたであろうのに…ゲホゴホッ
それにしてもカノジョのバルバラ姐さんはどうするんだろな?どー考えてもブラジルについて行くとは思えんし。
と、そんな下衆の勘ぐりはともかく。
案の定全然試合見れてません。見たとしても完全にチラ見流し見で(汗)。(でもユヴェントス戦は素晴らしかった!特にモントリーヴォが神でした!)たまに見ても知らん選手がいっぱいで、なんか別のチームみたいな…。
なのでミランのことをあれこれ言うべきではないのでしょうが、あれこれ言わないからといってどーでもよくなったわけではなくて、いちおう気にはかけてるんですのよ。ただそっちまで追いかけてる余裕が…

さて大晦日です。
コリアンダー的サッカー十大ニュースみたいなのをやろうと思ったのですが、
しかしワタシにとっての2012年といえば
  

これに尽きます…。画像もこんな超ちっさいのしか載せられないぐらい、つらく、思い出したくない出来事なのです。
ただ、バイエルンが、屈辱のシルバー3冠という悔しい思いをしたからこそ、それを乗り越えるべく、クラブが奮起して、ネルリンガーをクビにしてザマーを招へいしたり、積極的な補強をしたり、そしてチームがそれに応えるハイパフォーマンスでもって、現在のこの好調をもたらしたことは、サポとしてとても嬉しく、誇らしく思います。

そんなシーズン前半の順風満帆気分上々バイエルンのコリアンダー的MVPは誰かな、とつらつら考えたのですが、やっぱり彼!

 

ダンテの加入によって守備力が格段に安定したことは言うまでもありませんが、それだけではなく。
今シーズンのバイエルンの好調の大きな要因のひとつとして、ベンチメンバーも含めてチームが一枚岩になっている結束の固さにあると思うのです。そのベンチでの盛り立て役はラフィーニャやピサロなのでしょうが、そのラフィーニャが上機嫌でいられるのは、この同郷のダンテの力が大きいんじゃないのかな。プライベートで遊んでる写真とかよくアプしてますし。

年が明けてもそのいい雰囲気が維持できるかどうか、とても心配ですが…。去年は年明けに失速しましたし。
ただ、去年のその失敗を経験しているメンバーが殆ど残っているので、同じ轍を踏んではならない、ということは痛いほど身に沁みていることでしょう。
ワタシはキミたちを信じてるぞ!

そんなバイエルンは1月2日から、今年もドーハでキャンプを張るらしいのですが、数名の期待の若手が参加しそうです。
GKのZingele、プレシーズンマッチにも出場したヴァインとヴァイラウフ(彼はプロ契約してるみたい)、そしてなんと読むのかワカランHøjbjergs。Bildではこの4人ですが、tzにはあと一人、ランコヴィッチという選手もラインナップされています。
かつてミュラー、アラバ、コンテント、カン、などが冬のキャンプに参加し、その後プロデビューを飾っております。今年も誰か期待の若手がプロデビューを飾るでしょうか?楽しみですね(^^)

さてさて
blogの今年の更新はこれが最後になります。
今年一年、当blogとコリアンダーをありがとうございました。
皆さま、よいお年を!(^▽^)/

おまけ的に…
悪いこと~ばかりじゃないと~♪
ボメラー的に良い思い出も。
 

コメント (5)

エムレ君とダニエル

2012-12-29 02:26:04 | Daniel van Buyten

来年7月に、「さいたまシティカップ」で、浦和と名古屋とアーセナルがかんたん総当たり戦みたいなのをやるらしいとか、なんとか…。(スポニチ
個人的に、名古屋がアーセナルと?!というところにひっそりテンション上げているところなのですが、それにしても提携を解消してしまった浦和(orさいたま市)が招待するのはもはやバイエルンじゃなくアーセナルなのね…というところにかなりショボーン(´・ω・`)しております。
それでも、もしかしてポドルスキやメルテザッカー来ちゃう?!と思うとワクテカ(゜∀゜)してしまうのですが。
く~っ、ガンバ!ガンバれ!しかし今となってはJ2とか…←言うな

さて
先日放送のNHK教育(Eテレ)の「テレビでドイツ語」のひとこまです。

 ?!?

「エムレ・カン君16歳」?!
3年前のカンが「エムレ君」と呼ばれ、バイエルンユース期待の若者としてフィーチャーされておりました。
どうもこのコーナーが、というか、番組そのものが、以前放送したものの再放送であるようです。前回の放送を見た方も大勢いらっしゃるかも知れません(もしかしたら自分もそうなのかも知れないけれどはっきり思い出せないこのネボケ脳)。
それにしても、最近のNHKの語学番組は毎年新しく制作してるわけじゃないのね…?

 
夢が叶ったねぇ~(ノ∀-。)
と、リアルでつぶやいてしまったので、横にいたダンナにうさんくさがられてしまいました(苦笑)。
今ではすっかり貫録のついてしまったカンですが、この頃はまだ初々しくて、ちょっとエキゾチック系美青年の風格も漂います。

今回の放送のことはワタシも全然知らず、当日になってある方から教えていただいたので無事に見ることができたのものです。
再放送の予定をNHKの公式サイトで調べてみたのですが、正月をはさんでしまってるので、少なくとも向こう1週間は放送がなさそうです。。。スミマセン。

ところで
バイエルン公式がルンメニゲからの恒例の年末挨拶文を載せたら、クラブは冬休み入りで新しい情報はないと判断して、公式サイトにはあまり行かなくなるのですが…。

なんと、いつの間にか、ファンブイテンのクリスマスのファンクラブ訪問動画がFCB.tvにアプされてたー!!!
 

 

 
主役(?)はこのメルダー君。5シーズン前のファンブイテンユニを着てますが、長いファンなんですねぇ。

 
何やら冗談を言ったようで、会場からどっと喝采を浴びてました。

 
車椅子のホイールがバイエルンのエンブレム!特注品かな?かっこいい!!

 
眼福~~ 
あう~、FCB.tvはいちいちログインするのがめんどくさいしキャプチャむずかしいし、YouTube版にアプされないかな~… 

コメント (2)

ファン・ボメルからの年末の挨拶

2012-12-28 09:08:22 | Mark van Bommel

内容がまったくわかってないままblogをアプするのはどうなのかと思っていたのですが、テキスト記事が出そうもないので・・・

 
23日のことですが、ファンボメルがNOSの「Studio Voetbal」というTV番組に出演しました。(動画はこちら

 
右は言わずと知れたフリット、左はファンハルスト。びっくりしたような顔をしてますが、どうもこういう目つきがデフォルトであるらしい。

 
なんでこんなにファンボメルに近いのか謎の彼がムルダー。クセのあるじいさんという雰囲気でした。

 

サッカーをテーマにした討論番組であるらしいです。
現役選手でありながら、めんどくさそーなおっさんたち相手に堂々とよどみなく、自分の意見を述べるファンボメルはとってもカッコ良いです

話のテーマは、例の「リスペクト憲章」からこの週のエールディヴィジについて、そして後半はファンボメル自身のことや監督たちについて多岐に渡っていたようですが…
 
EUROの話になるとこんな表情。そういえば当時フリットはファンボメルのことを批判していたような・・・

他にも、ファンハールや、バイエルンを退団した時のことなどについてつっこまれていた風なのですが、ファンボメルが何を話してるのか全然わからないのが本当にもどかしいです。
まぁ、今まで話してきたことの繰り返しだったのではないかと思いますが…。(そうでなければ記事に出そうだし)
嫌なこと言われてないといいんだけど、と険しい表情を見ながらハラハラしました。

そして、おそらくこれがファンボメルの2012年の仕事納め。
ミラン無冠→退団→EURO→代表「休止」→PSV復帰、と、激動とまでは言わなくても、今年もいろんなことがありました。
年の真ん中にEUROという失望の出来事がありましたが、本人はどんな風にとらえているのでしょうか。 
母国に帰って来てほっとしている反面、メディアの自分に対する扱いに時々不満をもらしたりしてます。特にイエローカードの話になると…。悪いところをことさら大きく取り上げられてる感があり、ドイツよりイジワルかも、と思うことがしばしばあります(ワタシが)。
まあそれがマスコミの常かも知れませんし、それだけファンボメルが、良くも悪くもオランダでは人気者だということなのでしょう。

しかし
 
VIにアップされていた、エールディヴィジ前半戦の採点平均ベスト10に堂々ランクイン!やったね!
オランイェ復帰のためには超えておきたい(超えたところで呼ばれるとは思いませんが、一応ね)クラシーやファンヒンケルより下ではありますが、名前がここに出てるだけでも喜ばしいことです。相方ストロートマンが2位なのも素晴らしい!
・・・・・・と言いつつ、普段の採点を知らない(ネット版で公開されていない)ので、感想を言いにくい状況ではあります(^∀^;)
後半戦も安定感あるハイクオリティで、チームにバランスと勝利をもたらして欲しいものです。リーグ戦に集中できることだし…(ネチネチ)。

ファンボメルは冬休みはどこで過ごしてるんでしょうか。ドバイとかカリブ海の島とかヨーロッパの南の方とか、まぁどこかであったかバカンスを楽しんでるんじゃないかと思います。昨年はすでにキャンプインしていたミランで年越しでしたが、今年は家族と新年を迎えられそうですね。

さて
バイエルンやドイツの他のクラブではメリクリイベントやメッセージなどをファンに向けて発信したようですが、オランダではそういう習慣がないんですかね。
少なくともPSVは特にイベントはなかったようですし、楽しい動画もなし。

しかし、とりあえず、今年のホーム最終戦だった9日のトゥエンテ戦のマッチプログラムに、キャプテンからの年末挨拶文が掲載されていました(その本人は出停で欠場というオチでしたが…)ので、こっそり紹介。まるっこい字がかわゆい~ 

 

Beste supporters,
Ik wil iedereen namens de selectie bedanken voor de fantastische steun in het afgelopen jaar !
Op naar ons eeuw feest !!
Alle goeds en gezondheid in 2013 !!

Mark van Bommel

コメント

あなたからフローエ・ヴァイナハテン

2012-12-26 03:11:41 | バイエルン・ミュンヘン

 
Bildのアイコンもクリスマス仕様…

日本ではイブの24日が、ぱーちーやらおデイトやら、クリスマスの本番だというイメージなのですが、このたび、選手やクラブチームなどが25日になってから一斉に「メリークリスマス!」と書き込んでるのを見て、「そうか、ヨーロッパでは25日がクリスマス当日なのだな」と、改めて感じ入った次第です。いや、当たり前と言えば当たり前の話なのですが。

そんな中バイエルンは24日に毎年恒例のルンメニゲの挨拶文と、お待たせ!メリクリ動画をアプしておりました(ようつべ)。

 
はじけるアフロを小さいボンメルキャップに無理やりねじこんでてキツそうなダンテ

 
まったりシュバ

 
ちょっと意外な組み合わせ。ノイアー楽しそう。

 
ウィンクがブサかわいいグスタヴォ

 
ウサミんorペーターゼんロードをなぞっている感のあるヴァイザーたん…
レンタルに出されるんじゃないかという噂もありますが、行きっぱなしになりそうで心配だよアタシゃ…。

 
どうしてもじぃさんぽいロッベン

 
元気そうなバトシュトゥバーとレーダーにほっこり

さて
 
去年はリベリとのラブラブじゃんけんでモエモエ度MAXだったファンブイテンですが、今年はアラバにリベリをとられてしまいました。

 


 
「♪~」「ジングルベル」を口笛吹いて、何故かゴキゲン

 
…もしかしてこれが最後のメリクリメッセになるのでしょうか(;_;)ヤダ

去年は確か、このメリクリ動画収録の舞台裏動画にて、ベアニの中の人が映ってしまうという放送事故(?)があったのですが、今年はだいじょぶみたいね。。。い、いや、ベアニはベアニなんですっ!中の人なんかいないったらいないんだもんね!(汗)(汗)

 

ドイツサッカーはとっくに前半戦が終了して、選手たちもバカンス中だというのに、バタバタしててそういえば何もまとめてなかった、と思い出しました。
ということでブンデスリーガの順位表を取って付けてみる

 
(ポチすると大きくなります)

・・・・・・バイエルンしか見てなかった不心得者でありますので、改めてこうしてズラリと並んでるのを眺めて驚いた。
いや、フランクフルトの躍進とかは気付いてましたが、何が驚いたって、フライブルクがいつの間にこんな上の方に!?!(゜o゜) シャルケより上ってアナタ!フライブルクの選手とか知らんorz
まあでも、5位(!)フライブルクから11位ハノーファーまでたった1ゲーム差ですから、何がどうなるか、まだまだこれから。ブンデスは後半戦も面白くなりそうです(^^)もちろん我がバイエルンが頂点に君臨し続けるのですが。

おまけ
 
・・・・・・・。普通にしててもおもしろコワモテなシュタルケ。

コメント (2)

18節:NAC対PSV

2012-12-24 09:57:56 | PSV

今年最後の試合に向けての意気込みを語るファンボメル動画(アドフォカートも。こちら
 
このキャプチャ画面では写ってませんが、ファンボメルの後ろで、ドリンクを落っことしたりダンベルしたり歓談したり、短い間にいろんなことをしているメルテンス(多分)がツボでした。

というわけでーー!

 
Eredivisie Liveのアイコンもクリスマス仕様(^^)

12年12月22日 エールディヴィジ 第18節 NACブレダ 1-6 PSVアイントホーフェン

 
交代:デパイ(72マタフス)、ロカディア(77ナルシング)
サブ:ティトン、マノレフ、Koch、エンヘラール、ファン・オーイェン

得点:レンス(11)、レンス(17マタフス)、Buijs(18ホーイ)、ヴァイナルドゥム(29ストロートマン)、ZANKA(37デライク)、ナルシング(56レンス)、ロカディア(82ヴァイナルドゥム)
カード:なし

MoM:レンス 
AD紙が選ぶ今節のベストイレブンにファンボメルバウマ

(logによってアシストが書いてあったり書いてなかったりしますが、気にせんでください(^^ゞ。オランダメディアの勝手が未だにつかめてません…)

 
やったー勝ったーー!!\(^∀^)人(^∀^)人(^∀^)ノ

この試合の前に同勝ち点のトゥエンテがきっちり勝ったそうで、試合が始まるまでは、どうなることかとプレッシャーを感じて緊張しておりましたが(ワタシが)、ふたを開けてみれば思いがけない快勝でした!
これにてPSV、まがりなりにも(←単独ではないので)冬の王者です!!!
…いやあもう、何はともあれ、ホッとしました…ε-(´д`;)

(ポチすると大きくなります)

NACといえば8節でファンボメルがゴールを決めて4点大勝したゲンのいい相手ではありましたが、今のPSVに勝ちを見込める相手はいないのです。アウェーだし。
しかもピッチがハゲハゲのボロボロの超劣悪だった上に、かなりしっかりした雨まで降っておりました。
とにかく選手たちが怪我をしないようにというのが一番心配でしたが、試合を進める上でも、ミスを多発して、そこが勝敗の決め手になったりしないか(汗)、とも思いました。

しかし意外なことに、ミスが多かったのはホームのNAC側でした。
PSVはこんなコンディションの中でも、苦労しつつもまずまず落ち着いてボールをさばき、そして、消極的な守りに入ることはせずアグレッシブに攻勢をかける作戦で来たようです。
そしてそれがうまく奏功した形になりました。レンス、ナルシング、マタフス、ヴァイナルドゥム、それぞれ良かったし、少ない出場時間の中でアピールを忘れないロカディアもゴールを決めました。

 

ファンボメルもモリモリ攻め上がってましたよ。
36分、すわ!という素晴らしいロングシュートをGKにナイスセーブされてしまい「てへぺろ☆」
 
かわゆす…(*´∀`*)

とはいえ、強いんだか弱いんだかわからないPSVのことですから、今回も、非の打ちどころがない!パーフェクト!というほどでもなく、特に、せっかく2点目を決めたのに1分後に失点したのはどうよ…しかも前節に続きまたキレイなミドルをスパーン☆と。

 
あれ…。お腹?(汗) (かつてワタシをメロメロにしたアイスモナカ腹筋は今いずこ…)

とはいえこの失点にも、あわてふためくことなく、リズムと集中を切らさずに、どんどん追加点をあげたところは素晴らしかったです。えらいぞみんな!

 
♪泥まみれ~のキャプテン♪

ファンボメルのパフォーマンスは、ワタシの目にはチームの心臓としての役割や攻撃的な仕事はまずまず良かったと思いますが、守備に関してはちょっとどうかな~?という感じでした。すっぽ抜かれたり反応が遅れたり、というシーンがいくつか見れました。
まあそこは、ピッチや天候のコンディションの悪さを言い訳にしても問題ないレベルかな~とは思います…。。。

何しろ、前日にKNVBから「ZONDER RESPECT GEEN VOETBAL(リスペクトなくしてサッカーなし)憲章」(こちら)が発表され、「審判に"質問"していいのはキャプテンと監督だけ!」「審判に対してジェスチャーや言葉で"抗議"した場合は即カード!」云々、という厳しいお達しが出たばかりですので、両チームとも少々やりにくかったんじゃないでしょうか。(個人的にはファンボメルより、激高しやすいストロートマンの方が心配ですが。)
荒くれたファウルやプレーが少なく、カードが出なかった所以のひとつだったと思います。
いやそこらへんはまだ理解できないこともないですが、ワタシが不安になったのは「判定の正否にかかわらず審判に文句言うなかれ」と読める一文でした。
微妙な判定や誤審が試合の勝敗を左右するような状況になったら、どうしたらいいんでしょう。
PSVの選手がファウルを取られるたびにちょっとドキドキしました。今回はなにごともなくクリーンな試合でホッとしましたが…。
いやだから(汗)、話が少し横道にそれてしまいましたが、ようは、アグレッシブファウルとか異議とかやりにくい今日この頃、という話です。そうでなくてもファンボメルはカード出されやすいですし…

[追記]そんなファンボメル、みごとADのベストイレブンに選ばれました!やっぱりワタシの目はフシアナだったけど、こういうのは全然OKです(^▽^)
 
何故か全員トゥエンテ…(爆)

 
とってもフレンドリー♪
このセットプレーの直後試合終了の笛が吹かれ、ファンボメルが最初にハグしたのは相手GKテン・ロウヴェラール。仲良しなんですかね。

 
おぉ、なかなかのおっさん男前ではないか!(゜∀゜) 好みです。
気になるので調べました。04年~06年までPSVにいたのですね。なんと今日(12/24)が誕生日で32歳。ファンボメルより年下で、思ってたほどおっさんではありませんでした…(^^ゞ

ワタシはボメラーなのでほぼファンボメルしか見ておりませんでしたが、余裕のある試合展開にファンボメルはプレーしながらニコニコしてました。他のPSVの選手も似たようなものだったと思います。
・・・例によって、こんな試合ができるんならなんで他の試合でも、固め取りしたそのゴールをアヤックスやフィテッセやNEC戦にだな、とは思いますが、まあ、ね。そこはホラ(苦笑)。それが今シーズンのPSVなのだ、きっと…

 
泥まみれのままインタビュー。

試合終了後のファンボメルのリアクションざっくり
「ウィンターチャンピオンは嬉しいよ。もっといい位置に(=他チームに差をつけて)いるべきだった。だけど怪我人たちのことを考えれば、これで満足だ」「今日の試合はとても良かった。ピッチはプレーしづらかったけど、うまくやった。今回の俺たちはシャープだった。これまでの試合と同じくらいチャンスがあり、今日はゴールにつなげられた」

動画はこちら(Eredivisie Live)(PSV TV/YouTube) (OB

というわけで12/13シーズン上半期のPSVの試合はこれにて終了。
エールディヴィジでは18節で60ゴール(!)という、ものすごい数字を叩き出しました。
1月3日の仕事始めまで、おのおの休暇に入ります(出停中のマルセロなど、既に休暇中の選手もあり)。
みんなご苦労さん。いろいろあったけど、なんとか首位で折り返したことで最低限のミッションはクリアできたかな。
もしかしたら年明けには何人かの選手がいなくなるかも知れませんが(;_;)放出はなるべく最小限に抑えて、獲得は有能な即戦力を安価でよろしく…(ファンの勝手な言い分)
お疲れさま!短い間だけど、ゆっくり休んでね!

 
「来年も応援ヨロシク!」

コメント (2)

DFBポカール:アウグスブルク対バイエルン

2012-12-23 01:55:10 | バイエルン・ミュンヘン

いきなり余談ですが
 
シュスターちゃうやん!しっかりせいドイツメディア!
ニュルンベルクの監督はどうなるんでしょう…

さて
GAORAでやっと放送がありましたよー。
この後、PSVの今年最後の試合に備えて、起きれるかどうかわかりませんがいちおう仮眠をとるつもりですので超ざっくりで御免。試合経過とか皆さん大体把握してますでしょうし。。。 

12年12月18日 DFBポカール 1/8決勝 アウグスブルク 0-2 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
 
交代:マルティネス(3.5)(58ティモシュク)、マンジュキッチ(5)(58ゴメス)、ミュラー(73クロース)
サブ:シュタルケ、コンテント、ラフィーニャ、ピサロ

得点:ゴメス(26リベリー)、シャキリ(85ミュラー)
カード: リベリー(47)  フィルプメルダースダンテアラバティモシュククロース

MoM:ノイアー

ファンブイテンがスタメンフル出場~~~! ボアテンクはGAORA情報によると胃腸炎だったそうで…。

 にょほほほ

 むふふふ

というわけで
放送見る前に採点を見ていたので、どんな試合だったんだ…と思っていたのですが、なるほど、採点通りでした(^_^;)
バイエルンは、ナニゲにここんところこんな感じが多いような気もしますが、今回もまったりゆったりダルッとな、と、ノイアー以外全員が平均以下のパフォーマンス。
リベリやシャキリはよく奮闘していた方でしょうが、リベリはご存じ、ク・ジャチョルをぶん殴って一発退場してしまったので台無しです。

 

クはこの時ダンテとも言い争って双方イエローカードを食らってました。
その後しばらく荒れ気味の展開になり、アラバ、ティモシュク、と立て続けに、GAORAさん曰く「5分間でバイエルンに4枚のカード」が出てしまったのは残念であります。

閑話休題

そんなバイエルンがクリーンシートで無事に勝ち抜けられたのはひとえに、ノイアーの数々のスーパーセーブと、アウグスブルクの攻撃の精度が甘かったおかげ。
ノイアーがこんな風に活躍する試合も今シーズンはかなり珍しい、というか、初めてではないでしょうか。
チーム全体のことを考えればほめられたことではありませんが、たまにはこんな試合があってもいいか…な…?と、勝ったから言う。

 
ゴメスのゴールは、リベリからのナイスクロスにうまく抜け出して決めたもの。得意な形でしたね(^^)

 

ティモシュクの44分のシュートに「んぎゃー!ムンタリ!」とエア絶叫したバイエルンサポは…ワタシだけですね。。。(^_^;)
クロスバーに当たった後、ラインにINしてはいましたがムンタリほどではありませんで、微妙なところではありました。
 
入ってます。リプレー見ながら「あ~クロスバーですね~」って、つっこむところはそこじゃないよGAORAさん。。。
「あのゴールが認められてたらっ!」という結果にならなくてよかったです。

 
その流れからのシュバのオーバーヘッド惜しかったー!クロスバー!

 
ついでにオストルツォレクもオーバーヘッドでぶっ飛ばす

 
アウェーながらノリノリのバイエルンとは対照的に 

 
負けてガックリのホームのアウグスブルク…痛々しい…
うっ、そんなにしょんぼりしないで。サポはいつでも味方だよ!たぶん…

オットルの怪我
 
スタメンで出場、古巣相手に頑張っていましたが、右足首靱帯を損傷して無念の途中退場・・・
6週間のOUTだそうです(T-T)
ミュラーのシュートをブロックした際の負傷で、GAORAさんも「ミュラーと接触」なんて言ってたのでハラハラして、「どうかミュラーのせいではありませんように」と祈りつつ、録画したものを見直しました。
その結果、ミュラーは関係なく、チームメイトのカルセン=ブラッカーが後ろ足でオットルの足首を蹴っ飛ばしてしまったorオットルが芝に足をとられてぐねった形でした。
お大事に…。しっかり治してね…。  

[書き忘れてたので追記]
放火罪で収監中のブレーノに、古巣のサンパウロから3年契約のオファーが来たそうです。 
良かった…。ありがたい話じゃありませんか。。。
具体的なサインとか契約が有効になるのは、保釈されてからの話になるんでしょうか?刑期は3年9ヶ月でしたっけか、それが早まるのかどうかは不透明だそうですが…
その頃にもまだ在籍しているかどうかわかりませんが、もし間に合ったら、バイエルンの先輩だったルシオに面倒みてもらえるといいね。CBでコンビを組んでプレーしているところが見れたりなんかしたら感激です。 
[さらに追記]
だいぶ↑誤認がありますので、手っ取り早くkicker_JP様(kicker誌の記事を日本語に訳してくださっているblogです)のリンク貼ります。よろしければこちらでご確認ください。「ブレーノがサンパウロと契約」 

コメント (6)

ミュラー、2017年まで契約延長!とか

2012-12-21 01:00:14 | バイエルン・ミュンヘン

 

だからーーー!(ローリングモエモエ中)(T∀T)

こうも次々とツボをドカンドカンと攻め立てて、ワタシをどうしようというのか(知らんわ)。
どうも、どうやら、カーンは何やら「Weight Watchers」とかいう企業のモニターか何かで減量したらしいですね。もっとも、「Weight Watchers」なるものが企業なのか団体名なのかプログラムとかキャンペーンとかの名前なのか、どんなものかさっぱりわかってないのですが(^_^;)

 

メイキング動画まで上がってました(YouTube)(※最近、動画を直接貼ると編集時にトラブルが発生しますので、当面、動画の案内はリンクだけにします)
こうして見ると確かに、かなりほっそりしたのがわかります。

 
革ジャンフォトまで撮っちゃって。

ちょっとやせ過ぎ感もなきにしもあらず。昨日twitterにアプされてたのは当日の写真じゃなかったのかも知れません。
いやそれとも、この↑写真や動画を撮った後で早々とリバウンドが来たとか…?(^m^)

ということでバイエルンネタあれこれ。

まずは
皆さまご存じ!我らのミュラーが2017年まで契約延長!\(^∀^)/

 
契約時の映像を見ながら、FCB NEWSで喜びを語るミュラーであります。
他のビッグクラブからも誘いはあるんだろうとは思いますが、一貫して、移籍する気はないと言い続けていますね。
バイエルン愛もあるでしょうし、あるいは、自分がもっともいい形でプレーできるのはどこなのか、というのをプロフェッショナルな視点で判断しているんじゃないのかな、とワタシ個人は思っています。
まだまだキャリアは長いですが、バイエルンでコンプリートして欲しいと強く思っております。これからもヨロシクね! 

それどころか、バトシュトゥバーへの契約延長の用意もあるらしいとかなんとかいう話も聞こえてきましたよ(^^)
それにしてもバイエルンは何故か自前育ちの選手たちへの契約延長をこの時期に行う傾向があるような。よそから買ってきた選手たちは2月3月4月ぐらいまで「まあ見てみようじゃないか」と引っ張ってやきもきさせられるので、差を感じて、ちょっとジェラシーなのだ…

先日のポカールでク・ジャチョルをぶん殴って一発退場になったリベリですが、2試合の出場停止の裁定が下りました。
どうもキレやすくてイカン。リベリの退場はいつもこういう形なので、ハインケスやシュバの言うように、もっと感情をコントロールできるようになってもらわないと・・・。
おかげさんで、リベリは決勝までこのポカールには出場できないことになりました。
いやもちろん、出てもらうつもり(=そこまで行くつもり)ですけどね…
たとえ次の対戦相手がドルトムントでもね!

 
ハットトリックだぴょ~ん。

 
ケストナーカワエエ(*´∀`*) 

ということで!火曜日と水曜日にポカールの試合が行われた結果、8強が出そろい、準々決勝の組み合わせ抽選も行われました。

キッカーズ・オッフェンバッハ×ヴォルフスブルク
バイエルン×ドルトムント
シュツットガルト×ボーフム
マインツ×フライブルク

そうなのです。バイエルンはドルトムントと!
何もこの段階で当てなくても、他にもよさげな相手あるだろうに、空気読め(←誰が?)、と思わなくもないですが、不服ではありません。
いいじゃないか。いずれ倒さねばならないんだから。どのステージで当たっても、今度こそ勝つまでよ!
ドローが有り得ないトーナメント戦で、どっちが強いかはっきりさせようぜ…。

ところで
 

ルシオ…それでいいのか。てっきりブンデスリーガに帰って来ると期待していたものをorz
(ドイツメディアやイタリアメディアの飛ばしがいかにアテにならんかということでもある・・・)
ブンデスじゃなくても、ヨーロッパでキャリアエンドするものと思ってました。
サンパウロとの契約発表の当日になって、ユヴェントスはキエッリーニが怪我で長期離脱、というニュースが出ました。
早まったんじゃないのかい…。。まあでも、それを言っちゃあ、ですよね。 

 
ナイス腹筋!☆ 

コメント (2)

CL&ELドロー結果

2012-12-20 21:38:43 | UEFAチャンピオンズリーグ

レアルでもミランでもどんと来やがれ、でも今シーズンのミランをやっつけるのはしのびないかな…(勝つ気まんまんですけど何か?)と思っていたのですが、途中で、アーセナルが引かれた時に「来る!」と、予感が走りました。はたしてそーなった。

 

 

というわけで我がバイエルンはアーセナルと!
移籍が大成功、今やチームに欠かせない主力になったポルディと、このCLという大舞台で再会できるなんて!楽しみです!もちろんメルテザッカーもね(^^) 

そういえば。
BATE戦で退場になったボアテンクでしたが、その後2試合の出場停止が決まりました。ということはこのアーセナル戦は2戦とも出られないということに…(汗)

----------
そしてミランはまたバルセロナと…(-_-;) 
世の中のひとたちは「ミランオワタ」とか言うんでしょうが…、く~っ、が、がんばれ!やる前からあきらめちゃダメよ!信じていれば奇跡は起きる!…かも知れない…こともない…とは限らない…
でもどうせこんなことになるんならいっそのこと、PSGと当たった方がよかったかも。恨み重なる(?)レオ様をぎゃふんと…  

 

…ぎゃふんと言わせられるのはやっぱり屈辱だから、これで良かったのか?

ドルトムントはドネツクと、シャルケはガラタサライと。1位チームが密かに狙っていたかも知れない相手を引き当てました。

最大の目玉はなんと言ってもレアル×マンUでしょうが…。香川がついにレアルに挑む!クリロナ対香川!香川対モウ!とにかく香川!行け行け香川!と、日本メディアががっつり盛り上げてくれるでしょうからワタシからは何も言うまい。というか、別にどっちが勝ってもいいわ…

ELの抽選もこの後行われますが、正直あまり関係ないので(T-T)、結果だけ後で追記します。

【追記】ドロー結果出ました。 

 

 
アヤックスのフロントとして、会場でドローを見守るファンデルサール。

 
シレッとした顔をしておりますが、手元ではこっそり(?)twitterでつぶやいていたのをワタシは知っている…(フォロワーなら誰でも知っている)

というわけでこうなりました
 

 

レヴァークーゼンはベンフィカと!(汗)
シュツットガルトはゲンクと!
アヤックスはステアウア・ブカレストと!
ハノーファーはアンジと!(汗)
グラッドバッハはラツィオと~~!!!(汗)(汗)
ががががががむばれ、みんながむばれ、特にメングラがむばれ…レヴァクも… 

そしてトッテナム対リヨン…。ロリス…

1/8決勝の組み合わせも決まりました
 
ドイツ対決なるか!? (シュツットガルト×グラッドバッハ)
そしてアヤックスは、ホーム優勝のためにはチェルシーを倒さねばならんことに。 

コメント (4)

KNVBカップ:Rijnsburgse Boys対PSV

2012-12-19 17:59:21 | PSV

そういえば書き忘れてましたけど、先日のエールディヴィジでのNEC戦が、PSVにとっての公式戦2,500試合目だったそうです!
……。次の3,000試合まで10年以上かかると思うのに、大事な節目だというのに、うかうかとつまらない試合をしたもんです…。
(と言いつつ実は、いつから数えて2,500試合なのかよくわかっていなかったりする(^∀^;)) 

そんなわけで2,501試合目でした。

 
なんか恐・・・(向こうのマスコット)。
ユニ着てないし。ぶらさげてるだけだし。

結局最後までなんと読むのかよくわからなかった相手でしたが… 

12年12月18日 KNVB杯 1/8決勝 Rijnsburgse Boys 0-4 PSVアイントホーフェン

 
交代:エンヘラール(46ヴァイナルドゥム)、Schouw(65ストロートマン)、ロカディア(68マタフス)
サブ:ティトン、Koch、ハッチンソン、レンス

得点:マノレフ(4)、マタフス(22)、マタフス(26)、ストロートマン(64)
カード: van Bochoven

果報を寝て待った甲斐がありました。
マタフスの2ゴール含む4点快勝で、無事に準々決勝進出でーす!よっしゃっo(^-^)o

・・・・・・。
KNVB杯はオランダではどういう扱いなのかわかりませんが、人気ないのでしょうか。エールディヴィジに比べて恐ろしく情報が少なくて、いつも苦労しています。相手がアマチュアだからなんですかね。でもいちおうTV中継はあったらしいのですが。
ちゃんとしたスタッツも見当たらないし。
マトモなハイライトも上がってないし。ファンオーイェンがファウルをして相手にPKを与えてしまいましたが、みごとヴァテルマンが止めてピンチをしのいだ!…らしいのですが、映像がないので全然わかりません。
そんなこんなで、ネットサーフィンして情報探してたのですが、そんなにいつまでも時間を割くわけにもいかずいい加減めんどくさくなりましたので、もうざっくり。

マノレフによる1点目とマタフスによる3点目はビューティーゴールでした。どちらも美しい芸術的ループ!
ストロートマンのダメ押し弾は倒れながら決めた男らしい泥臭ゴールでした。

 
ザンバラな前髪がヒロイック度アップ(←?) 

 
Schouw(読めん)がデビュー! 

そして、ヴコヴィッチがスタメン!
デビュー戦だとかなんとかいう話はその後出てないみたいなので、やっぱり何かの勘違いだったのでしょうか…。でもいきなりのスタメンフル出場はかなりの大抜擢だったことは間違いないでしょうね(^^)
(とは言え、こういう試合でピーテルスをならし出場させてもいいのに…)
しかし残念ながら、試合後に「これがPSVでの最後の試合になるだろう」と語ったそうです。出場機会を求めて、冬に移籍したいらしい。ドイツのクラブからオファーがあるらしいです。ただ、まだ決定ではありませんで、「まあ見てみようじゃないか」という状況のようです。

とにかく勝った!よくやった!お疲れさま!

……で、まあ。結局またも快勝ということで、ファンボメル抜きの試合の勝率がさらに上がったわけですが…
何と言われても、プレーで結果を出すしかないのです・・・。つらいけれど、それがプロの厳しさ。
「頑張ってるのに」「ホントはいいヤツなのに」というだけで評価される程、甘くはないのだ。
週末の今年最後の試合であるNAC戦に出場してビシッと勝って、おっさんの時代遅れのキャプテンシーが若いもんを圧迫してるんじゃないのかという、ワタシの不安を拭って欲しいわ…
 

コメント (2)

カーンがダイエット?!

2012-12-19 00:49:43 | Oliver Kahn

 

今年最後のホーム戦後の華麗なレーザーショーとかチームからファンのみんなへの年末の挨拶とか、翌日行われたクラブのクリスマスぱーちーの様子とか(何故か一人だけスポンサーのアウディではなくフェラーリに乗ってやって来たラフィーニャとかマジシャンかなんかに変なパンツを履かせられたノイアーとか)、追わねばならないニュースはあるのですが・・・。
突如ワタシのツボにヒットしたニュースが飛び込んできたもので。 

あのロナウドが3ヶ月で約20kgのダイエットに成功したとかで、サッカー界の話題をさらっております。

 

これで目標にしていたフレンドリーマッチで軽やかにプレーできるかしら(それでもまだ100kgぐらいはあるらしいですが…元が118kgだったので)。それにしても速効過ぎて、リバウンドしそう...…。

いやもちろん本題はロナウドではなく。
そんな往年のライバルに負けちゃいられん、というわけでは断じてありませんが、なんとなんと、我らのオリバー・カーンもダイエットをしていたことを告白したのです!
半年で体重10%減、だそうです。 

奥様の友BUNTEに語ったことには
「今は現役時代の体重よりそんなに大きく変わらないんだ」(?)
アップルジュースなどのドリンクを日課にし、ガソリンスタンドではスナック類を避けるようにしているらしい「以前はレバーケーゼ・ゼンメルとかチョコバーをゲットしていたもんなんだけど。」 

チョコバー=Shokoriegel、で検索していたら、こんなのがヒットしました。

 

こっこれは!そのむかし、カーンがCMに出演していたアレではないか??! 

しかし今やカーンは、昔は知らなかった食べ物に興奮しているのであった。
「今の私は、低脂肪チーズ(?Magerquark)にスプーン3杯のハチミツを入れたのとか、果物が好きなんだよ。センセーショナルだよね!」

ちなみにレバーケーゼ・ゼンメル(Leberkäs-Semmel)も検索してみたのですが、個人様のblogとかにヒットしてしまうので写真が引用できませんでした。白いパンにミートローフをはさんだ、サインドイッチみたいなもののようです。

描いてみた
 

しかし10%減ってどれくらいのもんだ…。
BUNTEだけでなく他のメディアにもこのダイエットネタは語ったようですが、それによると、引退してから10kg増えた、とあります。
カーン「机に座って勉強ばっかりしていると必然的に体重が増える」
たしか現役の頃は90kgぐらいだったような気がするので(超オボロ)、やっぱり100kgぐらいはあったのかしらん(汗)、ということは10%=10kg減で、増えた分だけの減量に成功、ほぼ現役時代と同じぐらいになったということですね?

比べてみましょう。半年前のカーン(EUROの頃)
 
いや、普通にカッコいいけど…

あえてムチッとして見える写真を選んでみる(8月)
 

そしてこれが、本人が今日twitterにアプした、最新の御姿 
 @Fanorakelより(カーンがアカウントの名義を変えてしまいました…orz)。

・・・・・・・。(゜∀゜)? 10kgとは?

こちらに出ていたインタビューがなかなか面白かったです。もういきなりの質問が「バナナ1本の(カロリーの?)値はどれくらいでしょうか、カーンさん?」と。
カーン「基本的に果物はゼロだ。だけど1日に何トンもバナナを食べてはいけない」
あなたは経験上もうバナナを手に入れ尽くしたことだし、食事計画から除外されないのですか?
カーン「とんでもない。私は現役時代にゴールに投げつけられたよりも沢山のバナナを食べているよ」 

カーン様のユーモアのセンスに脱帽です(T∀T) バナナ何トンて。ゴリラ通り越して象じゃないんだから。
インタビューはまだダイエット話とか、勉強の話とか、バイエルンとはいい関係だけど戻る具体的な計画は今のところないとか(知ってるよ(-_-))、ザマーは良いとか、ノイアーはナンバーワンだとか、 盛りだくさんの内容ですのでおすすめです。

いや~もう、カーンのダイエットにこんなに盛り上がってるのもワタシぐらいのものかも知れませんが。
あのカーンが、太ったことを気にしていたことが楽しくてしょうがないんです。
ぶっちゃけ、見た目は半年前とあんまり違いがわかりませんが、継続してもっともっとカッコよくなってちょーだい!(ちなみにダイエットの目的は見た目ではなく、健康だそうです)
まあそれにしても、これで調子に乗って、変なダイエット伝道者になってしまいそうで、それはそれでちょっと心配ですが(^_^;) 

----------

というわけで、取って付けたようでアレですが、そんなカーンも応援してるに違いないバイエルンの2012年最後の試合、DFBポカール1/8決勝のアウグスブルク戦が間もなくです。
同じ時間にPSVもカップ戦がありますが、先述した通りファンボメルは欠場だし、バイエルンはGAORA様で放送があることだし(録画放送だけど…)、無理をしないで果報を寝て待つことにします どっちも勝ってくれると信じてる。
眼を怪我したマルティネスが無事に合流したそうで、なんと先発の可能性もあるそうです。何よりだけど、大丈夫なのかな…。
先日のセレモニーで場内に流れたであろう、選手たちからのメリクリ動画はFCB.tvとかで公開されることでしょう。
気持ちよく2012年を締められるよう、ガツンと勝ってね!いやへっぽこでもいい、勝ち抜けさえしてくれれば…(特にオランダ方面) 

【追記】

 

ちょっ(エアローリング爆笑)
Bildに爽やか過ぎるスマイルフォトと共にダイエットネタが出てました。「もうレバーケーゼ・ゼンメルは食べない?オリバー・カーンは減量ティターン!」
「減量ティターン」て何よ(また爆笑)。
さらにインタビューも、内容は全く同じですが、いつものtzにもアプされてました。 

コメント (2)